SOU:DA いってよかった全ての人に! Phil Portal フィリピン留学エージェント始めました。記事を見る
フィリピン留学

この記事を書いた人

日焼け止め

フィリピンへ留学する女性にむけて……♡

私が実際に留学したときに持って行ったもの、同じフィリピン留学をしていた女子が持っていた、「女子力」が高いなと感じずにはいられなかったものを紹介していきます。あるととても便利です。

1. 日焼け止め

GEDSC DIGITAL CAMERA
種類は何でもいいと思います。肌が弱い方や、愛用している日焼け止めがある人は、それを持っていって。ちなみに私は「SPF50/PA++++」といった、強力なものを持っていきました。
参考:資生堂 アネッサ パーフェクト UV サンスクリーン

2. 晴れ雨兼用傘

日傘
留学や旅行で海外に行くときに、折りたたみ傘の準備をする人は多いと思います。その傘、東南アジア・フィリピンに行くなら、「晴れ雨兼用傘」に変更しましょう‼︎

フィリピンでも日焼けを気にして傘をさしている人を街中で多く見かけました。しかし、フィリピンでは「日傘」は売られていない模様。フィリピン人は普通の傘をさしています。

あっ、もしかしたら「日傘」をフィリピンで売れば、大儲けできるかもしれないですね……!
参考:折り畳み日傘 直径97cm

3. のど飴とマスク

ジプニー
日本と違って、車の排気ガスがすごいです。ジプニーなんか、面白そうで乗ってみたいと感じている人も多いと思いますが、こいつ(ジプニー)の排気ガスが特にすごいです。公害です。

ジプニーに乗っても乗らなくても、飛行機で喉をやられることもあるので、のど飴を持参しましょう。日本ののど飴は美味しいです。

マスクは、すっぴん隠しにも使えますね。
参考:ノーベル はちみつきんかんのど飴
参考:サニーク 快適さわやかマスク 小さめサイズ 60枚入

4. 洗い流さないトリートメント

ヘアトリートメント
シャワーから出てくる水が硬水なので、日本にいるときよりも髪の毛のゴワつきを感じます。「髪は女の命」という言葉があるように、女子力が高い人は、洗い流さないトリートメントを持っていくことをオススメします。

ちなみに、ドライヤーは日本で使っているものが使用可能でした。コンセントと電圧は、大体同じです。
参考:フィリピンのコンセントで日本の電化製品は使って大丈夫?
参考:パンテーン プロブイ ディープリペアエッセンス 100mL

5. ウエットシート

ウエットシート2
これは普段、日本で持っていても「女子力」の高さを証明できるアイテムです。最近流行りの手ピカ○ェルなるものを持っていくのもいいですね。
参考:水99.9% ウエットシート 手・口ふき 80枚入×3パック

6. 虫刺されグッツ

蚊取り線香
蚊にめちゃくちゃ刺されるので、「虫よけスプレー」「かゆみ虫刺され用薬」を忘れずに。

 

IMG_3896
留学先の寮で一緒だった韓国人留学生は「蚊帳(かや)」を持参していました。すごい。

参考:虫よけキンチョール パウダーイン シトラスミントの香り 200mL
参考:【第2類医薬品】キンカン 120mL×2

7. 水着

水着
ここまで様々な留学のときに持っていくと女子力が高くなるアイテムを紹介してきましたが、留学に持っていく荷物が多くなってしまいますよね……。

そんなときオススメするのが「下着を水着にする」か「ボロボロの下着を持っていく」ことです。この技で荷物を少なくすることが可能です。

「下着を水着に変える」と、2セットで回しても洗濯物が乾かないから困る……なんてことになりません。こちらの技は、バックパッカーの人がよくやる技だそうです。

「ボロボロの下着」を持っていけば、帰りに捨てて帰ればいいので大丈夫です。留学に行っている間、下着を見せるような場面にはならないはずですよね。

最後は女子力が高くなるとはいえないのでは……? と考えている女子よ、損得を計算できるのが女子力が高い人です。この記事を参考にして、フィリピンでの留学を楽しんでください♡

現役女子大生。女性アイドルオタクです。推しメンはCinDyこと浦野一美。カナヅチだけど、エメラルドグリーンの海に魅せられてセブ島で短期留学をしていました。今は女性向けwebメディアでライターと編集をしています。 Phil Portal全員のメンバー紹介ページはこちら

ライター募集 SOUDAバナー

編集部からのおすすめ記事一覧