留学相談20181105
グルメ

この記事を書いた人

日本から離れた場所に住んでいると、日本食が恋しくなりますよね?日本食レストランはセブ島にたくさんありますが、名前の聞いたことがない店に行くのはちょっと抵抗あるな…。という方に向けて、セブ島にある日本でもお馴染みの和民(ワタミ)を紹介します。

和民の場所・行き方

和民はセブ島で有名なショッピングモール「アヤラモール 」の1階にあります。
セブ島のアヤラテラスの写真

アヤラモール1階の中庭部分には、数多くのレストランが並んでおり和民は赤と白の看板が目印です。

和民の雰囲気

セブ島の和民の店内の写真

店内はカウンター席がなく、全てテーブル席となっています。日本食のレストランなので、入店するとフィリピン人の定員さんが「いらっしゃいませ」と元気に迎えてくれます。

現地の人からしたら、少し高めの価格ということもあり客層は日本人・韓国人・ヨーロッパの人が多いです。

セブ島の和民の壁の写真

壁にはメニューの一部が書いてありますが、中々独特なメニューです(笑)。

和民のメニュー

セブ島の和民のメニュー

メニューは「サラダ」「寿司」「天ぷら」「焼き鳥」「ラーメン」など、日本の和民と遜色ないくらい、豊富な品揃えです。

とにかく、日本食が食べたい場合は和民に行くと安心できるかと思います。

セブ島の和民の日本酒

なんと、セブ島の和民には日本酒があります!

正直、日本食が食べられるレストランはセブ島内に数多くありますが、日本酒が飲めるお店は中々ありません。

日本酒を飲みながら、イカの丸焼きを食べるなんて通なこともセブ島の和民だと出来てしまいます!

お酒が大好きな人には本当に嬉しい品揃えとなっています。

和民の石焼海鮮焼き飯を食べてみた

セブ島の和民の料理石焼海鮮焼き飯の写真

今回はメニューに写真が出ていた石焼海鮮焼き飯(275ペソ:約550円)を注文しました。しかし、メニューには「石焼海鮮焼き飯」という文字は何処にもなく、代わりに「石焼チャーシュー焼飯」と書かれていました(笑)。この辺りはフィリピンクオリティーなのでご愛嬌です。

料理を混ぜるセブ島の和民の店員さん

オーダー到着後、店員さんがかき混ぜてくれます。

混ぜる前に「写真は撮る?」と聞いてくれたりと、非常にホスピタリティーの高い接客をしてくれました。

生のサーモンとイクラ&生卵を熱々の器でかき混ぜます。かき混ぜるとサーモンが外は火が通っていて、中は生のままというミディアムレアな状態となり、とても美味しいです。

こういう食べ方は日本でもあんまりないと思うので、セブ島の和民に行かれた際は是非とも食べていただければと思います。

知らない店には行きたくない人は和民がオススメです

セブ島で日本食を食べたいけど、名前の聞いたことがない店に行くのはちょっと抵抗ある方は和民がオススメです。セブ島の和民は日本さながらの豊富な品揃え&抜群のホスピタリティーであなたを迎えてくれます。

和民の基本情報

店名 居酒屋和民
場所 アヤラモール 1F(アヤラテラス内)
営業時間 11:00-22:00(日〜木)
11:00-23:00 (金土)
予算 1人:300~600ペソ

営業マン→30歳でセブにエンジニア留学→セブに就職。今はセブでWebマーケの仕事してます。いろんな国で仕事して、いろんな価値感や文化を知りたいです。個人ブログでは仕事に悩む社会人向けの記事を書いています。 BlogTwitterFacebook

SOUDAバナー

編集部からのおすすめ記事一覧