SOU:DA いってよかった全ての人に! Phil Portal 丸山ゴンザレスが学校経営者にきくフィリピン留学の現状
英語学習

この記事を書いた人

留学を控えたあなたに。初心者向け英会話フレーズ集

留学を控えたみなさん、準備は順調に進んでいますか?

海外の慣れない土地で生活するにあたって最も不安なのは、現地で親しくできる人ができるかどうかですよね。ホストファミリーやクラスメイトと仲良くお付き合いできるようになれば、きっと楽しい留学生活になるに違いありません。

そこで今回は、留学を控えた方向けに現地で使える英会話フレーズをご紹介してまいります。

友達とのコミュニケーションに使える英語フレーズ

友達とのコミュニケーションに使える英語フレーズ
Hi, I’m Nanami, please call me Nana.(ハーイ!私はナナミ。ナナって呼んでね。)
まずは自己紹介からですね!みなさんご存知の”My name is~”を使っても問題ありませんが、よりフレンドリーな感じを出すために、ネイティブが通常使うカジュアルな表現に変えています。ちなみに、海外の方にとって日本人の名前を正しく発音するのはとても難しいことなんです。どんどん名前を呼んでもらえるように、発音が簡単なニックネームを自分でつけてしまいましょう♪

Absolutely!(もちろん!/その通りだよ!)
英会話の中で好印象を与えるため、リアクションは非常に大切な要素となっています。特に、相手への同意を表すポジティブなリアクションは、会話をスムーズに進めて相手との距離を縮めるのに、ぜひ押さえておきたいところ。ここでご紹介している”Absolutely!”は、遊びに誘われた時に「もちろん行くよ!」と言ったり、相手の意見に賛同して「あなたの言う通りよね」と言ったりする時にいつでも使える万能フレーズです。

It was nice meeting you.(これからよろしくね!)
別れ際に「あなたに会えてよかったです。=知り合いになれて嬉しい!これからよろしくね。」というのを表すフレーズです。ネイティブの日常会話の中では、学校で習う”Nice to meet you!”よりも頻繁に使われる表現ですので覚えておきましょう。ある程度まとまった時間ゆっくりおしゃべりしたような場合は、”meeting”を”talking”に変えて「お話出来て良かった!」という風にしても良いでしょう。

会話の糸口になる英語フレーズ

会話の糸口になる英語フレーズ
Where do you recommend in~?(~の中でどこがオススメですか?)
留学中は、現地の美味しいお店やおもしろい場所をたくさん訪れたいですよね。観光情報なら現地の方に聞くのが一番!ということで、ホストファミリーや現地でできた友人に尋ねてみましょう。相手の性別や年代を問わずにできる話題ですので、ホストファミリーで囲む食卓などで切り出しても良いでしょう。

What do you do on weekends?(週末は何してるの?)
週末の予定を聞くことで、「次はあなたも一緒に来る?」と誘ってもらう機会にもなるかもしれません。もし「家でドラマを見てる」という答えだったとしても、” Which drama series do you like the best?(一番好きなドラマは?)”などと会話を広げていくことはできますので、使いやすいフレーズだと思います。

Have you been to Japan?(日本に来たことはありますか?)
自己紹介で”I’m from Japan.(日本から来ました。)”と言った後、周りが「へえー!日本かあ!」と興味を示してくれたら、すかさずこの一言です。苦手な英語でも、自分の国について話すのなら次々とテーマが出てくるはずですから、リラックスして会話を楽しめるでしょう。

困った時の英語フレーズ

困った時の英語フレーズ
Could you tell me how to get to~?(~への行き方を教えていただけませんか?)
道に迷ってしまった時のフレーズです。いろいろな言い方がありますが、この表現であれば目上の方に対してでも失礼がありませんから覚えておきましょう!

Can I~?/May I~?(~してもよろしいですか?)
自分のしようとしていることについて、周りの許可を取りたい時にはこのどちらかを使いましょう。例えば、ホームステイ先でバスルームを使ってもいいか聞くときは”May I use the bathroom?(バスルームを使わせていただいてもよろしいですか?)”と聞けばいいですし、学校でペンを借りてもいいか聞くときは”Can I borrow your pen?(ペンを借りてもいいかな?)”と聞けばいいのです。より丁寧な表現をいろいろと考えて混乱してしまうよりは、この2つをスッキリと覚えておくほうが使いやすいでしょう。

Could you speak a little slower?(もう少しゆっくりしゃべっていただけますか?)
相手の言ったことが聞き取れなかった時、適当に流していては生活していけません。大切なことを聞き逃してしまうといけないので、分かったふりをするのではなくしっかりとコミュニケーションを取っていきましょう。「あなたの言ったことがよくわかりませんでした」というのが伝わればどんな文章でもいいのですが、このフレーズは「もう少しゆっくり・・・」とお願いすることで控えめに「聞き取れなかった」ということを伝えられますので、より丁寧で上品な印象を与えることが出来るでしょう。

スムーズに留学生活をスタートさせよう♪

スムーズに留学生活をスタートさせよう♪
憧れの留学生活を目前に控えると、ワクワクすると同時に不安になることもあると思います。今回ご紹介したようなフレーズを頭に入れて、ぜひ積極的にコミュニケーションを取っていくことで、スムーズに留学生活のスタートを切ってくださいね♪

全国転勤の夫との結婚を機に、在宅で仕事をするフリーランスへ。英語学習・英会話コラム執筆を主体に、英語学習アプリのコンテンツ作成や英会話系Webマガジンの運営サポートなど、幅広く英語関連の仕事に取り組む。現在は通訳案内士資格の取得を目指し勉強中。TOEICスコア「875点(リスニング満点)」。

SOUDAバナー

編集部からのおすすめ記事一覧