留学相談20181105
ローカル

この記事を書いた人

フィリピンの衛生面って正直不安…。
食当たりなどを起こすことなく、無事にフィリピン留学を終えたいので何か対策したい。

こんな人に向けて消毒用アルコールを紹介します!

消毒用アルコールはフィリピン現地でも簡単に手に入りますし、とても安いのでフィリピンの衛生面が気になる人にはとてもオススメです。

フィリピンでは当たり前!消毒用アルコール

フィリピンで販売されているアルコール消毒液

消毒用アルコール自体は特に珍しいものではなく、日本でも手に入ります。インフルエンザが流行るとトイレ病院に設置されるアルコールといえばイメージしやすいと思います。

日本で頻繁に消毒用アルコールを使用しているよ!という人は少ないと思いますが、フィリピンではほとんどの人が日常的に消毒用アルコールを使っています。(消毒用アルコールを持ち歩いている人もいます)

フィリピンは衛生環境がお世辞にもいいと言えない国です(全てではありません)。それはフィリピン人自身も理解しており、何か触ったあとはアルコールで除菌する習慣が浸透しています。こまめに除菌する理由の1つには手で直接食事を取る人が多いことも関係しています。

その為、フィリピンでは消毒用アルコールはとても馴染みのあるものなのです。スーパーやドラッグストアで簡単に手に入ります。

フィリピンで販売されている消毒用アルコールは大きく分けて2種類

フィリピンで販売されているアルコール消毒液

フィリピンで販売されている消毒用アルコールはパッケージデザインが色々あるので、種類が多いように感じるかもしれませんが基本的には「イソプロパノール」「エタノール」の2種類です。

※写真の緑色が「イソプロパノール」水色が「エタノール」です。

消毒効果は2つとも同じぐらいなの、大した違いはありませんが「イソプロパノール」の方が脱脂性が強く手荒れしやすいです。肌があまり強くない人は「エタノール」を使うようにしてください。

「イソプロパノール」「エタノール」のどちらも一定の脱脂性があるので、掃除に使ったり、スマホの指紋除去にも役立ちます。

消毒用アルコールはフィリピンのコンビニ・スーパーで購入可能です。

フィリピンのスーパーマーケット

フィリピンのドラッグストア

消毒用アルコールはスーパーやドラッグストアで必ず売っているので、簡単に見つけることができます。サイズもたくさんありますが、容量の多い500mlでも65ペソ(130円)なので、お求めやすいお値段となっています。

フィリピンの小さいアルコール消毒液

携帯できるサイズもありますので、バッグに入れておくと外出先でも使えてとっても便利です。

こまめな除菌で楽しいフィリピン生活を!

フィリピンの全部が不衛生ではありませんが、日本と違って衛生環境が整っていない国ですので、自分で対策できることはしっかり行って健康なフィリピン生活を過ごしてください!

営業マン→30歳でセブにエンジニア留学→セブに就職。今はセブでWebマーケの仕事してます。いろんな国で仕事して、いろんな価値感や文化を知りたいです。個人ブログでは仕事に悩む社会人向けの記事を書いています。 BlogTwitterFacebook

SOUDAバナー

編集部からのおすすめ記事一覧