SOU:DA いってよかった全ての人に! Phil Portal 丸山ゴンザレスが学校経営者にきくフィリピン留学の現状
グルメ, マニラ

この記事を書いた人

【The Curator】マニラのハイセンスなカフェ&バー

みなさん、こんにちは。

旅行好きの私ですが、危ないイメージが大きかったフィリピンの首都マニラも今では女子旅をする女の子たちを見ることも多くなりました。

今日は、そんなマニラでデートにぴったりのハイセンスなカフェ&バーを発見したので、ご紹介します!

The Curator(ザ・キュレーター)の行き方

 

The Curator(ザ・キュレーター)の行き方
お店はマカティのレガスピパークの近くにあります。入り口は分かりづらいですが、道を挟んで向かいにあるBDOの入り口の真向かいが、The Curatorの入り口です。

The Curator(ザ・キュレーター)の雰囲気

The Curator(ザ・キュレーター)の雰囲気

The Curator(ザ・キュレーター)の雰囲気
一歩中に入ると殺風景な外観、入り口からは想像もできないほど洗練された店内が広がっていました。入り口が分かりづらいぶん、隠れた名店っぽくってデートにはぴったりです。

 

The Curator(ザ・キュレーター)の雰囲気
コンクリートの打ちっぱなしに白を基調にした椅子と、木製のバーカウンターがとっても素敵でいつもは飲まないブラックコーヒーにしちゃうところでした。マックで作業しているヨーロッパの女性がいて、とても似合っていてかっこよかったです。

 

The Curator(ザ・キュレーター)の雰囲気
わんちゃんもOKなんだそうです!!すっごくおとなしかった。

 

The Curator(ザ・キュレーター)の雰囲気
カップまでホワイトで統一。肝心のコーヒーも美味しい。。。

The Curator(ザ・キュレーター)のメニュー

The Curator(ザ・キュレーター)のメニュー
店内と同じようにメニューもシンプルです。価格帯はフィリピンの物価にしては少し高めでした。フードはダイエット中で食べませんでしたが、きっとおしゃれで美味しいんだと思います笑。

コールドブリュー 160ペソ(380円)

The Curator(ザ・キュレーター)のメニュー
店員さんオススメのコールドブリュー。みなさん、コールドブリューって何か知ってますか?私も知らなかったので調べてみると「水出しコーヒー」のことでした。アイスコーヒーと違って出来上がるまでに12時間〜24時かかるみたいで、少し高いのも納得。

エスプレッソwithミルク140ペソ(310円)

The Curator(ザ・キュレーター)のメニュー
定員さんはコールドブリューがオススメって言ってたけど、私のオススメはエスプレッソwithミルク!ホットカフェラテです。豆にこだわっているらしく、本当に美味しい。

奥に扉が、そにには・・・

奥に扉が、そにには・・・
奥に進むとそこはおとぎの国〜じゃなくて素敵なバーがありました。隠れ家的な入り口のカフェからさらに隠れ家のようなバースペースへ。しかも、黒が貴重でガラッと雰囲気が変わります。カフェ利用でも使えるらしく、途中で移動させてもらって別々のおしゃれなお店に行った身持ちを味わえました。
うーん、このお店を作ったオーナーさん、絶対モテます。

まとめ:男性の皆さん、有効活用してください!

まとめ:男性の皆さん、有効活用してください!
1人で来ているおしゃれなお客さんも多かったですが、私はデートで行きたい!洗練されているという言葉がぴったりのお店でした。お店の雰囲気にずっと引っ張られ気味でしたが、肝心のコーヒーの味もとても美味しかったので、コーヒーのために行く価値もあると思いました!次回は夜に来てお酒を飲みたいです!

The Curator(ザ・キュレーター)の基本情報

名前 The Curator(ザ・キュレーター)
住所 Palanca Metro Ma, Legazpi Village, Makati, Kalakhang Maynila
営業時間 7時00分~2時00分
定休日 なし
電話番号 0916 355 4129
WiFi環境 なし
公式サイト The Curator

アメリカ・ロサンゼルスで生まれ育ってもう27歳。恋に仕事に大忙しの毎日を送っています!アメリカとフィリピンの行き来になりますが、もっとフィリピンを知って、子供達を守ってあげれる存在になりたいです。現在はセブ島でPhil Portalの運営に携わっています。 Phil Portal全員のメンバー紹介ページはこちら

SOUDAバナー

編集部からのおすすめ記事一覧