SOU:DA いってよかった全ての人に! Phil Portal フィリピン留学エージェント始めました。記事を見る
フィリピン留学

この記事を書いた人

「バギオで留学したい!」でも語学留学の盛んなバギオでは学校選びも大変です。そこで一度どんな留学をしたいのか、何の力を伸ばしたいのかという目的を考えてみてはいかがでしょうか?

もしも厳しい環境でしっかりと英語コミュニケーションを上達させたいということでしたらTALK Yangcoセンターをおすすめします。今回はそんなTALK Yangcoセンターを徹底取材してきました。どうぞご覧ください!

案内人:山崎美沙さん
大学を休学してTALKアカデミーで学生マネージャーを務める。生徒と距離を取らないヒアリングで留学生活を手厚くサポートしている。

 

レポーター:岩辺智博(23歳)
インタビュー・コラムライター。フィリピン(セブ)、インドでそれぞれ1ヶ月語学留学の経験あり。

 

取材期間 1日
英語力 日常会話程度
満足度
ズバリ 英語学習の体育会系!

 

もくじ

『TALK』の概要・特徴

目的別で分かれた2つのキャンパス

TALKアカデミーはバギオ市内に2つのキャンパスを構えています。それぞれのキャンパスでは以下のように明確な別のコンセプトがあります。

キャンパス 対象 ルール 施設
Yangcoセンター スピーキング・英語の基礎能力を学びたい方 8:00~22:00はEOP(食事時間は除く) 寮・売店・食堂(決められた時間外でもオーダー可)・トレーニング設備・バスケットゴール
ENEセンター TOEIC、IELTS などテスト対策をしたい方(ESLコースもあり) テスト対策コースは月曜〜木曜外出禁止 寮・スーパー・屋台・卓球台

なんといってもTOEICに強い!

『TALK』の概要・特徴
驚異の900点保証コース(留学前にTOEIC700点以上必要)を持つTOEIC対策に最適なアカデミーです。毎日2時間のTOEIC模試を受けられるなど厳しい環境で毎日スコアを知ることで確実な得点アップを図ります。なおTOEICをはじめテスト対策のコースは全てENEセンターで担っています。

レベルシステム

概要
科目ごとにレベルが9から12段階に分けられているため、自分に合ったレベルで授業を受けることができます。

多彩な教材の組み合わせ

『TALK』の概要・特徴
TALKアカデミーではレベル分けテストで12段階に生徒を配置し、市販で購入可能なテキストを組み合わせ、一人一人に最適な教材を提供しています。

6コマのマンツーマンクラス

『TALK』の概要・特徴
ESLコースでは選択によって最大6時間のマンツーマン授業を受けられます。ENEセンターのテスト対策コースでは基本的に6時間マンツーマンクラスとなります。

ベストスチューデント、ベストティーチャー制度

『TALK』の概要・特徴
TALKアカデミーでは月に一度ベストスチューデントとベストティーチャーを各キャンパスそれぞれ1名ずつ選出しています。

 

『TALK』の概要・特徴
2016年度8月のベストスチューデントのイツキさん。4ヶ月間の留学で英語への抵抗がなくなり、コミュニケーションを自分から取れるようになったと語ってくださいました。

 

『TALK』の概要・特徴
同じく8月のベストティーチャーMac先生。ENEセンターでTOEICリスニングの授業を担当しています。ちなみに見ての通りとんでもなく男前で女子生徒に大人気だとか!

ちなみにこの制度の意図としては2つあるそうです。1つは生徒・先生に学ぶ意欲・指導する意欲を喚起し続けるため。2つ目はもちろんより良い環境を作って、より良い成果を生み出すためだそうです。これらは生徒、先生のアンケートによって決まっているそうです。

洗濯は毎日受付!

『TALK』の概要・特徴
フィリピン留学では2日に1度部屋ごとにまとめて洗濯モノを回収という流れが一般的です。しかし、TALKアカデミーでは両キャンパスとも一人一人に洗濯カゴが用意され、自分のタイミングで出すことが可能です。

「あまり荷物を持って行きたくない…」と最小限に荷物を抑えてきた方にとっては嬉しいサービスですね!

自己申請で部屋掃除の時間を決められる

『TALK』の概要・特徴
基本的に週3回お部屋の掃除も清掃スタッフが行っていますが、希望の時間を記入することで掃除をしてもらうことも可能です。

 

『TALK』の概要・特徴
その他にも授業の欠席やカリキュラムについての相談、室内設備の問題などについても専用の紙に用件を書くシステムになっています。

学校企画アクティビティ

学校企画アクティビティ

学校企画アクティビティ
週末には定期的に両キャンパスの生徒でサッカーの試合を行うこともあるそうです。これはキャンパスが2つあるTALKアカデミーならではですね!

また月に1回週末に孤児院でのボランティアや地域清掃のお手伝い活動などに参加することができます。授業以外にも積極的にフィリピンならではの活動に参加することでより多くの学びが得られるのではないでしょうか?

『Yangcoセンター』の概要・強み

EOP Challenge

『Yangcoセンター』の概要・強み
EOPとはEnglish Only Policyの略。Yangcoセンターでは全生徒が食事時間、また単語テストの時間以外の8:00から22:00まで英語以外の言語を話すことが禁止されています。EOP Challengeでは4週間完全に違反することがなければ50個のスタンプがもらえます。EOP Challengeのチャレンジ申請料は500ペソです。

Yangcoセンターでは先生の変更を依頼する際や、夜の単語テストを欠席する場合にはスタンプとの交換が必要になります。つまり、このスタンプがあればより自分の受けたい先生の授業を受けられ、テストの代わりに時間を空けて復習などに使えるなど理想の留学に近づけることができます。なお、スタンプなしでも4週間に1度、指定日に限りグループクラス2コマ、マンツーマンクラス1コマの変更が認められています。

日本人比率が低い!

日本人比率が少ない
近年バギオの学校でも日本人生徒の数は増えてきましたが、Yangcoセンターでは日本人生徒の比率は約1割と非常に低いです。実際に取材をしてみて、EOPの影響もあってかほとんどの日本人生徒は他国籍の生徒と進んで交流を図っている印象を受けました。

英語でのコミュニケーションに対する抵抗をなくしたいという方には抜群の環境です!

ネイティブ講師のクラスを確実に受けられる

『Yangcoセンター』の概要・強み
Yangcoセンターにはアメリカ人講師2名、オーストラリア人講師1名が在籍しています。

場所・立地

TALK Yancoセンターは市街中心部より車で5分ほど、徒歩でも15分あれば歩けるという位置にあります。斜面に建つ校舎からはバギオのシンボルである大聖堂もはっきりと見えます。

 

場所・立地

場所・立地

場所・立地

場所・立地
10分ほど歩けばカフェ・レストランやバーなどの施設もたくさんあります。

 

場所・立地

場所・立地

場所・立地
中でもレストランバー「ONE PIECE」は最も人気で、金曜・土曜の夜には生徒さんの行きつけのお店になっています。韓国人オーナーが経営されています。

 

【ラーメン山下】inバギオ!旨さも値段も嘘じゃない!夢じゃない!/ラーメン山下を食らう!
深夜1時まで営業している「ラーメン山下」も長期留学生にとっては嬉しいですね。日本人経営でクオリティの高いラーメンがリーズナブルに食べられます。

宿泊施設・寮

宿泊施設・寮
1階で真ん中の広いスペースを食堂として利用し、両側を教室が挟む造りになっているのに対し、2~3階は逆に真ん中が教室、両側が生徒の部屋となっています。Yangcoセンターでは基本的に3~4人部屋となります。

日本人比率が少ないのでEOP適用外の時間でもルームメイトが他国籍生徒の可能性が高いのでコミュニケーションは自然と英語になります。実際に部屋を覗いてみましょう!

3・4人部屋

宿泊施設・寮
こちらが3人部屋です。

 

宿泊施設・寮
勉強スペースは人数分室内に確保されています。

 

宿泊施設・寮
見えにくいですがこちらは4人部屋。

 

宿泊施設・寮
どちらの部屋タイプにも収納ケースが人数分割り当てられています。

 

宿泊施設・寮
各部屋のトイレ・シャワーはこんな造りになっています。

1・2人部屋

宿泊施設・寮

宿泊施設・寮
また校舎の裏にはグリーンハウスと呼ばれる別の寮があります。こちらは2016年3月に生徒の受け入れを開始したメゾネットタイプのお部屋で、1人部屋、2人部屋とありますが、トイレ・シャワーは共同で使用します。写真は共同ダイニングルームです。

 

宿泊施設・寮
ダイニングにはキッチンもあります。壁やインテリアは白を基調としていて清潔感があります。

 

宿泊施設・寮
こちらは1人部屋。光の射す明るいお部屋です。

 

宿泊施設・寮
同じくグリーンハウスの2人部屋です。まるで自宅のような居心地の良さを感じました。

 

宿泊施設・寮
トイレ・シャワールームも3、4人部屋よりも広いです。

 

宿泊施設・寮
玄関横には人気の看板犬の姿も!その名は「ヤンコ」。頑張る留学生の癒しの存在です。

学校施設

教室

Yangcoセンターにはマンツーマンの教室が45室、グループの教室が7室あります。

学校施設

学校施設
マンツーマン教室はエリアによってデザインが違ってオシャレです。

 

学校施設
教室の壁には歴代の生徒との思い出がたくさん貼られていたりします。

 

学校施設
グループクラスの教室はこれまで取材してきた学校よりも広めの印象です。大きなガラスで開放感もあるのでストレスも少ないのではないかと思います。

マネージャーオフィス

学校施設
1階入り口付近にはマネージャーオフィスがあります。韓国人のセンター長やフィリピン人のヘッドティーチャーをはじめ韓国、ベトナム(通常日本、台湾の学生マネージャーはENEセンター)の学生マネージャーが生徒のサポートをしています。

ライブラリー

学校施設
教材の販売などはこちらで管理されています。

食堂

学校施設
Yangcoセンターは入り口を抜けるとすぐにこの広い食堂に出ます。昼・夜には生徒たちで満席になります。夜にはここで単語テストが行われ、食事の時間が嘘のように静まりかえります。

 

学校施設
食事以外の時間にも有料で料理をオーダーすることができます。

売店

学校施設

学校施設
食堂キッチンのすぐ隣が売店です。朝8時から深夜0時まで開いています。

トレーニング設備

学校施設
グリーンハウスの1階にトレーニング設備が揃っています。屋外なので勉強の合間にトレーニングを気持ち良く行うことができます。ウォーターサーバーが近くにあるのも助かりますね。こちらは24時まで利用可能です。

セキュリティ

学校施設
学校の入り口には警備スタッフが常駐しています。

 

学校施設
モニターを使って問題が起きていないか細心の注意を払っています。

食事

食事
美味しいと定評のあるTALKアカデミーの食事をご覧いただきます!ちなみに両キャンパスの献立は連動しているそうですよ。

朝食

食事

食事
朝からバランス良し、彩り良しのメニューです。

 

食事
キムチはありますが、そこまで韓国色が強くはないメニューかと思います。早速美味しいです!ちなみに夜遅くまでハードなスケジュールをこなす生徒さん方は睡眠時間を優先して朝食を抜くことも多いのだとか…。

昼食

食事
なにやら具沢山なメニューです。

 

食事
この日の昼食はビビンバです!定期的に出るビビンバを楽しみにされている生徒さんもいるそうです。

 

食事
ちなみにお昼にはこの行列です。みなさんお疲れ様です。

夕食

食事

食事
夜は赤さが目立つメニューとなっていますが、辛さはそこまでありませんでした。隣の韓国人生徒さんを見習ってお肉をご飯に混ぜていただきました。

コメント

食事
総じて彩りの豊かなバランスの良いメニューでした。毎日ハードな勉強や授業に取り組む生徒にとって美味しい食事は留学生活の原動力になるのではないでしょうか?

授業・講師

マンツーマンクラス

授業・講師

授業・講師
ライティングのクラスでは英語で文章を作る仕組みの基礎を教えていただきました。とても丁寧な指導なので初心者でも確実に理解していくことができるでしょう。

グループクラス

授業・講師

授業・講師
リスニングのグループ授業ではまず問題に挑戦、その後何度も解説という流れでその日のテーマを頭に入れていきます。

ネイティブクラス

授業・講師
Yangcoセンターにはネイティブ講師が3名いらっしゃいます。生徒は必ず1コマカリキュラムに含まれています。

単語テスト

授業・講師
夕食後には任意の単語テストが行われます。生徒は持参したPCでオーディオを再生しながら毎日50分のテストを受けます。日本人生徒の場合キクタン4000(Basic)、キクタン6000(Advanced)が使用されています。
ちなみにオンタイムで出席しなければ罰金のペナルティがあります。

ナイトクラス

授業・講師
Yangcoセンターには5つのナイトクラスがあり、任意で受講することができます。ただし新入生は参加必須です。コース内容は以下の5つです。

  1. Survival English
  2. Speech Communication
  3. Intensive Pronunciation
  4. Job Ready Program
  5. TOP Presentation

それぞれの授業詳細については以下の記事でご紹介しています。

総評:覚悟のある学生求む!体育会系留学

総評:覚悟のある学生求む!体育会系留学
TALK Yangcoセンターでは最大1日11コマ(ナイトクラスを含む)の授業を受講することができます。そのため生徒は朝早くから夜遅くまで絶えず英語の勉強に励みます。休み時間の度に仮眠をとる生徒の姿も見かけるくらいみなさん必死な様子でした。授業では決して手を抜かず「教師」に徹する講師陣の姿勢も印象的でした。

最後にYangcoセンターのKayla先生より読者の皆様へとエールが届いています。

本気で英語を習得したいという強い気持ちと、厳しい日々を楽しめる忍耐強さのある方にTALK Yangcoセンターは間違いありません。

インタビューと社会派コラムを担当するライターです。いろんな場所に行って、たくさんの人と話して、その声を代弁できる情報屋でありたいと思っています。個人ブログ(さぐりさぐり、めぐりめぐり)で紀行文・コラムも書いてます。 Phil Portal全員のメンバー紹介ページはこちら

SOUDAバナー

編集部からのおすすめ記事一覧