SOU:DA いってよかった全ての人に! Phil Portal フィリピン留学エージェント始めました。記事を見る
グルメ

この記事を書いた人

フィリピン・セブ島に1ヶ月以上滞在する人は必ず行かなければならない場所、それはイミグレーションオフィス
フィリピン(セブ島)でビザ延長する方法を徹底的にまとめました。

ビザの期限を延長するわけなのですが、待ち時間が異常に長い…

料金を支払ってからパスポートが戻ってくるまで1時間くらいかかります。

その間何をしてればいいのかと毎回思っていましたが、イミグレーションオフィスの目の前に良さ気なお店を見つけました。ここでご飯食べながら待てば、お腹も膨れてビザ更新も終わるという、一石二鳥!

Siknoy Noodle Houseの場所・店内の様子

siknoy noodle house(イミグレーション前)の入り口
これがそのアジア料理店『Siknoy Noodle House』。左向い側がイミグレーションオフィスです。徒歩20秒!

 

siknoy noodle house(イミグレーション前)の店内の様子
店内はこんな感じです。結構おしゃれでした。右側には厨房があって、オーダーしてから作ってくれます。

Siknoy Noodle Houseのメニュー

siknoy noodle house(イミグレーション前)のメニュー
こちらがSiknoyのメニューです。麺類は115ペソ(280円くらい)、前菜は75ペソ(180円くらい)、シェイクは70ペソ(180円くらい)。かなりコスパ良いです。

 

siknoy noodle house(イミグレーション前)のメニュー
こっちは裏面。鍋は280ペソ(700円くらい)、肉類は300ペソ(750円くらい)。大人数で行くときはこちらのメニューもいいかもしれません。

人気のメニュー2つ(By 従業員)

店員さんに『人気のメニューを2つお願いします!』と言ってオーダーしました。

siknoy noodle house(イミグレーション前)のヌードル
『これが一番人気だよ!』と言って持ってきたのがこちら。Lomiという中華麺スープみたいな料理です。115ペソ(280円くらい)。コスパかなりいいです。そしてボリュームもかなりありました。カメラマンが食しましたが、これ1つで十分お腹いっぱいになったそうです。

 

siknoy noodle house(イミグレーション前)の焼売
次に人気のメニューはこちら。そう、シューマイです。フィリピンでもシューマイ売ってるんですね。びっくり。

『味は日本のシューマイと同じ感じ。見た目は日本とちょっと違うけど美味しかった』そうです。

その他のメニュー

siknoy noodle house(イミグレーション前)のチャーハン
その他に個人的に美味しそうだなと思ったのも頼んでみました。こちらはチャーハン。ボリューム超あり。2〜3人前でしたので、シェアして食べることをおすすめします。

 

siknoy noodle house(イミグレーション前)の春巻き
こちらは野菜春巻き。日本の春巻きよりも中身が多くて、こちらもお得感満載でした。

 

siknoy noodle house(イミグレーション前)のドリンク
こちらはマンゴーシェイクです。注文してから作ってくれました。

 

siknoy noodle house(イミグレーション前)のドリンク
こちらはフォーシーズンズシェイク(日本で言うミックスジュース的なもの)です。インスタントじゃなくて、ちゃんと生の果物をしぼって作ってくれました。

 

siknoy noodle house(イミグレーション前)の食事
今回オーダーした食事。2人だと全部食べるのがかなり大変でした。実際は4人前くらいだと思います。

是非ビザ更新のときにでも行ってみてください!

満足度
満腹になる予算 150-200ペソ(500円)くらい
オススメな点 コスパ最強。ボリュームたっぷり。
イマイチな点 ちょっともたれる。

Siknoy Noodle Houseの基本情報

英語名 Siknoy Noodle House
住所 2nd floor JCentre Mall A.S. Fortuna St. Cebu City
営業時間 10:00〜21:00
定休日 なし
電話番号 032-266-5700
WiFi環境 あり(ネットサーフィンができる程度)
公式サイト Siknoy Noodle House Facebook

取材記事やインタビュー記事を主に担当しているライターです。動画コンテンツにも力をいれています。Phil Portal全員のメンバー紹介ページはこちら

PINE限定10名 ライター募集

編集部からのおすすめ記事一覧