SOU:DA いってよかった全ての人に! Phil Portal フィリピン留学エージェント始めました。記事を見る
アクティビティ

この記事を書いた人

hadsan_05

先日行ったリゾートビーチ(モーベンピック)が夜ご飯込みでなんと2800ペソ+タクシー代などで、3500ペソ(日本円にして9000円ほど)もかかってしまいました!
参考:セブを一望!マクタン島のモーベンピックホテルでパラセーリング!

ご飯も美味しくて、海も綺麗で、花火も見れて、とても楽しかったのですが、お金のない留学生には高すぎるということで、いい感じの安いビーチはないのかとGoogle先生に聞いてみたところ、マクタン島にあるローカルビーチのハドサンビーチを見つけました!

ハドサンビーチの場所はどこ?

ハドサンビーチの地図 (1)

hadsan_01
マクタン島の南、ラプラプというところにあります。セブ市内からはタクシーで40分程です。

タクシー代に関してなのですが、セブ市内からだと遠いため嫌がる運転手も多いので、乗る前に目的地を言って「プラス50ペソでどう?」という交渉をしておきます。これで片道の料金が250ペソ程でした!

ただし、帰りのタクシーをつかまえるのが大変ですので、wifiを持って行ってタクシーをあらかじめアプリ等で予約しておくか、近くのバイクタクシーで市街やモールまで出て行ってからタクシーをつまかえることをおすすめします。
参考:フィリピンのタクシー予約アプリ。EASY TAXIの使い方

ハドサンビーチの入場料

hadosan_02
このエントランスみたいなところで、入り口にいる人に50ペソを払います。

本当に海があるの?!と思うような入り口ですが、海は実際あります!セブのビーチは入場料を取られることが多く、50ペソで入れるというのはかなり安いです。ちなみにコテージみたいな屋根付きの場所を借りると700ペソもかかるので、大人数で行く場合はいいですが、少人数の時は砂浜の上にレジャーシートとバスタオルで十分でしょう。

ハドサンビーチの海は本当に綺麗なの?

hadsan_04
リゾートビーチみたいにとても綺麗というわけでないですが、普通に綺麗な海です。

 

hadsan_03
観光客というより、現地の人が多くローカル感を感じることもできます。それにちょうど行った日は、空と雲がきれいで開放感がありました。

 

hadsan_05
私のおすすめスポットは少し奥に歩いて行って、桟橋の先にある小さな人口島みたいなところ。ここは人があんまり来ないので海が綺麗なのと、一人でぼーっと考え事をするには最適な場所でした。

さらにおすすめしたい!海の上にあるレストラン

hadsan_06
ハドサンビーチ内には、海の上に建てられている韓国系のレストランがありました。シェイクやコーヒー、スナック系から韓国料理までメニューの種類も豊富で、値段もお手ごろでした!

 

hadsan_07
窓側の席に座れば、海を一望しながらご飯を楽しむことができます。

ハドサンビーチからできる海上アクティビティとは

hadsan_08
なんとハドサンビーチからもアイランドホッピングといった海上アクティビティができるのです!
・アイランドホッピング
・スノーケリング
・ダイビング
・パラセーリング など

お値段は少し高いですが、ビーチの入場料を安く抑えれた分、そういったアクティビティに回すのもいいですね!複数のお店があるので、値段を比較してみてからどのアクティビティをするか決めるのも楽しいですね。

ハドサンビーチの総評

hadsan_09
ハドサンビーチの利点として、セブ市内からとても近いこと、海もまあまあ綺麗なところ、またレストランでごはんが楽しめたり、海上アクティビティができたりと、盛りだくさんでした!

ちょっと海を見に行きたいけど、遠出はできない、半日で楽しみたいという人にはとてもおすすめの場所です。
また観光客もあまりおらず、静かに海が楽しめます。何か海を見ながら考え事をしたい時、ぜひ一度行ってみてはいかがでしょうか。

ハドサンビーチの地図

※ハザン・コーブ・リゾートになっていますが、コテージや宿泊施設も併設で、住所としては合っていますのでご安心を!

ハドサンビーチの基本情報

名前 Hadsan Cove Beach Resort
住所 Agus, Lapu-Lapu City, Cebu
電話番号 (+63)(32) 495-2056
交通アクセス マクタン・セブ国際空港より車で30分
入場料 50ペソ
コテージ 700ペソ/日
テーブル 600ペソ/日
公式サイト Hadsan Cove Beach Resort

愛知県出身の関西の大学生。休学してセブ島で、Webと英会話を学んでいます。唯一食べれるフィリピン料理がシシグです。 「文系女子大生がエンジニアになるまでの備忘録」というブログをやっています。 Phil Portal全員のメンバー紹介ページはこちら

ライター募集 SOUDAバナー

編集部からのおすすめ記事一覧