SOU:DA いってよかった全ての人に! Phil Portal フィリピン留学エージェント始めました。記事を見る
アクティビティ

この記事を書いた人

せっかくセブに来たのだから、青く透き通る海も真っ白な砂浜もみてみたい!

そんな方へ、セブシティから程良い距離で訪れることができるモアルボアルというところをご存知ですか。

モアルボアルとは、イワシの大群に出会えるとしてダイバーたちに人気のパナグサマビーチと、青と白のコントラストが美しいホワイトビーチのふたつがオススメのスポットとして有名です。セブシティからバスで南西に3時間ほど向かうと、まさにエメラルドグリーンの海へとたどり着きます。

セブシティからモアルボアルまでの所要時間と費用の目安

所要時間 約3時間〜3時間30分
費用 110ペソ〜(約235円〜)

※2016年9月現在のレートで計算しています。

もくじ(セブシティからモアルボアルへ行く手順)

  1. タクシーで「Cebu South Bus Terminal」へ
  2. バスへ乗車し、モアルボアルへ
  3. モアルボアルのBUS STOPからビーチへ

1. タクシーで「Cebu South Bus Terminal」へ

行き方はとても簡単です。まずは自分のホテルなどからタクシーに乗り、運転手さんに「サウス・バスターミナル」へ行きたいと伝えましょう。どんな運転手の方でも知っているので、バスターミナルの前で降ろしてくれます。

サウス・バスターミナルへの所要時間と料金の目安

区間 所要時間 料金
マクタン空港
→サウス・バスターミナル
約40分 約200ペソ
Ayala mall
→サウス・バスターミナル
約15分 約130ペソ

2. バスへ乗車し、モアルボアルへ

2. バスへ乗車し、モアルボアルへ
「Cebu South Bus Terminal」はとても大きなバスターミナルで、あちこちへ向かうバスが出ています。「モアルボアル」へ行きたいと伝えればみんなすぐに教えてくれます。

 

2. バスへ乗車し、モアルボアルへ
こちらはバスターミナルの待合室。黄色い看板のDOOR10がモアルボアル行きのバスが出発するところです。バスは約20分に1本の本数で運行しています。

エアコン有りが126ペソ、エアコン無しが110ペソ。250円程で行けちゃうのです!黄色いバスに乗車したら、あとは座っているだけで大丈夫。乗車運賃はバスの中で支払います。

所要時間 約2時間30分〜3時間 (20分に1本くらいの本数で運行)
費用 110ペソ〜126ペソ

バスの雰囲気

バスの雰囲気
バスの中はこんな感じ。エアコン有りのバスはだいたい混み合っています。エアコンなしのバスでも窓が開くので、少し暑いくらいで気持ちよい風が入ってきます。

 

バスの雰囲気
たまに飲み物や食べ物をバスの中まで売りにくる人も。写真の天井部分に注目、ほとんどのバスが映画を映しているようで、この日はあまり有名ではない洋画が流れていました。

 

バスの雰囲気
バスの中でお金を支払うとチケットをくれます。乗車運賃の126ペソに穴が開いています。

 

バスの雰囲気
こんな感じで海が見え隠れしながら、3時間弱バスに揺られます。ガタガタ道が続くので、車に酔いやすい方は事前に酔い止めを飲んでおくのをオススメします。

3. モアルボアルのBUS STOPからビーチへ

「モアルボアル」へ到着。降りるときにはアナウンスなどはありません。隣の人や係の人に事前に伝えて、目的地になったら教えてほしいとお願いしましょう!

 

3. モアルボアルのBUS STOPからビーチへ
このBUS STOPの前でバスは止まります。ビーチへ行くとスーパーなどはないので、必要なものはこのBUS STOPの向かいにある薬局で購入しておくと良いでしょう。

 

3. モアルボアルのBUS STOPからビーチへ
BUS STOPから有名なパナグサマビーチとホワイトビーチへはトライシクルかバイクタクシーで。バスを降りるとトライシクルやバイクタクシーの人がどっと寄ってきます。目的地を伝え値段を交渉しましょう。パナグサマビーチとホワイトビーチまではそれぞれ約20分、150ペソくらいで到着します。

所要時間 約20分
費用 約150ペソ

以上、セブシティからモアルボアルまでの行き方紹介でした。

 

まとめ
どうぞ、素敵な旅をお楽しみください!

1994年生まれの大学3年生。父親パキスタン人、母親日本人のハーフ。すきなことは、旅と写真と人と話すこと。笑っていた方が人も幸せも舞い込んでくるって結構本気で信じてる。だから笑顔が私のキーポイント。東京の住まいはアメリカ人とのシェアハウス。色んな価値観も文化も混ざり合って今の自分がいる。器用なふりを捨てて、アツく生きることを目指してる。現在はフィリピン・バギオのHELP Martin’sで英語を勉強中。 SNS:FacebookTwitterInstagram

PINE限定10名 GATEバナー

編集部からのおすすめ記事一覧