日本人のフィリピン留学にストーリーシェア!英語上達への最短ルート
人生

この記事を書いた人

再出発の街バギオ。縁と恩以外は日本に置いて新しい人生を生きる25歳

大都市マニラや、リゾート地セブ島を有する国、フィリピン。

すれ違う日中韓の留学生や欧米の観光客にストリートチルドレン。大人から子どもまで全力で喜怒哀楽を表現し、バスケットボールに熱中する人々。そして、自分がレチョン(この国の代表的料理で豚の丸焼きにしたもの)になるような錯覚を覚える日差し。

これが当時、くたびれたTシャツに30Lのバックパックを背負った学生の僕が見たフィリピンの印象だった。

 

再出発の街バギオ。縁と恩以外は日本に置いて第二章を生きる25歳
今、僕の知るフィリピンとは少し異なるフィリピンが眼前に広がっている。

ここは、バギオ。

街ゆく人は半袖ではなく、重ね着をしている。話しかけてみると、この国には珍しく少しシャイだ。何より違うのはここには海がない。目につくのは緑色ばかりである。

事前に調べるということをしない僕は、自身の新天地であるバギオについて実際に訪れるまで、何も知らなかった。訪れてからはじめて集めた情報としてのバギオは、約40万人(※セブの約3分の1)気候は乾季と雨季にわかれ、気温は最高26℃、最低14℃といったところ。しかし、実際に住んでみて体感しているこのまちはPCで得た情報よりも、ずっと奥が深いところである。

先住民の文化に日韓と米の文化が交差し独自の進化を遂げていて、ストイックな英語学校を多く有しカフェのレベルが高い。さらにフィリピン中から有名な芸術家が集まり、独特の感性を持った日本人が住んでいる。戦前に日本人が移住し、インフラを整えた歴史も興味深い。

 

再出発の街バギオ。縁と恩以外は日本に置いて第二章を生きる25歳
24歳、新卒で入社後2年間勤めていた東京の商社を退職すると同時に、17年間続けたバスケットボールからも引退した。正直なところ、当時の仕事にも実業団での選手生活にも一切不満はなかった。

退職の理由は、就職活動の面接で滞りなく口から出た嘘か誠か自分でさえ分からない言葉たちのように、立派でも整合性のあるものでもなく、何となくというものだった。ただそれが、自然の流れのように感じていた。

みんなが心配してくれた職を失うことよりも、人格形成の大部分を占めたスポーツから離れたことの方が、僕にとっては大きかったと思う。

 

再出発の街バギオ。縁と恩以外は日本に置いて新しい人生を生きる25歳
退職理由はなかったと書いたが、印象的な出来事が2つあった。

2年目のある日、担当していた企業のある山手線の大崎駅南口改札で、ふいに思い浮かべた地図が日本列島だったときには衝撃を受けた。いつも頭に描く地図は歴史や旅好きだったこともあり、幼少期からずっと世界地図だったから。

それは別に「日本なんて狭い」という思い上がりではなく、自分の中の当たり前が自分でも知らないうちに日々の何気ない暮らしの中で変化してしまうことがある、という事実に驚いたんだと思う。

もう1つは、その数ヶ月後に取引先の工場のある石巻を訪れたときのこと。取引先の引率の方が「工場訪問の前に連れて行きたいところがある」と、案内してくれた高台は19歳の時にくたびれた灰色のジョーダンのパーカーを着て、ボランティアという言葉に自分なりの解釈も持たず、ただ呆然と3.11の爪痕を目に焼き付けた、あの高台だった。

思わぬ形で再訪したその場所でオーダーメイドで仕立てたスーツを着て立っていること、明日には東京で家賃10万円の新築マンションが帰りを待っていることに、強烈な違和感を感じたのを覚えている。

その違和感がなんだったかはさておき、未だにそこには広大な更地と架設住宅、あの時の爪痕があった。もちろん、その後の工場見学の内容は覚えていない。

 

再出発の街バギオ。縁と恩以外は日本に置いて第二章を生きる25歳
退職後、フィリピン行くことを決めて準備のため桜の咲く故郷に帰ると、97歳になる祖父がベッドから起き上がることができなくなっていた。正月の帰省では一緒にビールを飲んだ記憶がある。

たった3ヶ月。

昔、祖父が大切に保管していた特攻隊の仲間の遺書の写しを見せてもらったことがある。戦時中に見聞きしたフィリピンに関する話も聞かせてくれた。

零戦の整備士として様々な土地を経験し、敗戦直後は現在の北朝鮮で捕虜になり元山の収容所で囚われた後、生き延びて帰国した祖父。戦火をくぐり抜け、1世紀近くを力強く燃えた命の火が消えかかろうとしているとき、その目に今の僕や日本はどう映っているのだろうか。

そんなことを考えながら、飛行機から祖父の整備した零戦が舞っていたフィリピンの空を眺めた。

 

再出発の街バギオ。縁と恩以外は日本に置いて第二章を生きる25歳
今、僕と祖父の知るフィリピンとは少し異なるフィリピンが眼前に広がっている。

ここは、バギオ。

大きな事件はほとんどない平和な街。ありえないほど近くでなる雷、東南アジア特有の臭いを乗せているにもかかわらず涼しい風、意味もなく人が集まり笑うバーハムパーク、好奇の目で見られるローカルのジム、おしゃれの集うセッションロード、毎日「what’s up!!」と声をかけてくるトランスジェンダーの屋台の店員、旅で訪れたどの国のよりもふくよかな野良犬野良猫、4000円程度で買える偽物のバスケットボールシューズ。

そのどれもがきて良かったと思わせてくれる魅力を持っているし、再出発するのに適した土地だといえる条件も揃っている。

一方で、どこに行こうが自分次第だという使い古された言葉を再認識した土地でもある。そんな風に思わせてくれる高い志を持った人たちに、ここでたくさん出会ったからだ。

 

再出発の街バギオ。縁と恩以外は日本に置いて第二章を生きる25歳
再出発などと偉そうなことを書いたが全てを脱ぎ捨てた気は毛頭ない。今までにもらった縁と恩が僕の武器だ。これを循環させていきたいと思う。企画編集とライターとして携わらせていただいているこのメディアの仕事もバスケと旅の縁が元々のきっかけである。

たとえきっかけは何となくだとしても、厳しい山岳地帯を切り拓いてバギオが栄える要因となったケノンロードを作った戦前の日本人のように、分かれ道を選ぶのではなく進んだ跡が道になるような生き方をしていこうと、切に想う。

あとがき

個人としてまっさらな状態で感じたバギオの第一印象とここにたどり着くまでをとりとめもなく書きました。フィピピンやバギオ、そして自分に興味を持ってくれる方がいらっしゃれば、幸いです。

また、この文章が自分にとっても誰かにとっても答えではなく、問いになればと思います。

昔から縁のあるフィリピンにて、肩書きのない個人として様々なことに挑戦しています。その中でこのフィルポータルでは企画・編集・執筆に携わらせていただいてます。旅と自然と言葉とバスケが好きで福岡→京都→東京を経て、フィリピンに流れ着きました。水のような風のような人生です。「何か一緒にしたい」という声もお待ちしてます。Twitter

SOUDAバナー

編集部からのおすすめ記事一覧