留学相談20181105
英語学習

この記事を書いた人

本気のIELTS対策!苦手を無くしていく勉強法

憧れの海外生活に向けて、まずはIELTSの勉強だ!と意気込んでいらっしゃる皆さん。試験本番に向けた学習計画は立てましたか?
日々学業やお仕事でお忙しい皆さんですから、しっかりと計画を練って効率よく目標スコアに到達しなければなりませんよね。
そこで今回は、「IELTS対策、何から手を付けていいのかわからない…」という方向けにIELTSの勉強法をご紹介してみたいと思います。

これからIELTSを勉強する方はこちらも合わせてお読みください!

まずは苦手意識を無くそう!スピーキングテスト対策

まずは苦手意識を無くそう!スピーキングテスト対策

スピーキングから取り組む理由

日本人はスピーキングテストがネックになる
TOEIC高得点保持者の方も、IELTSではなかなかいい得点が出せない・・・というお話をよく耳にします。よくよくスコアの内訳を見てみると、スピーキングテストが足を引っ張っているパターンがとても多いです。「スピーキングなんて一人でどう練習していいかわからないし…」「とりあえずリーディングから手を付けよう…」というのでは本番冷や汗をかくことになってしまいます!スピーキング対策はIELTS受検を決めたその日から動き出しましょう。
一朝一夕には身につかない
困ったことに、習得にもっとも時間がかかるのがこのスピーキングだと言えます。なぜならスピーキングスキルは、嫌でも毎日英語を話さなくてはならないような環境に身を置かない限りなかなか身につくものではないからです。できるかぎり毎日英語に触れる生活を続けることが、結果的にスピーキングスキル向上の近道になります。

日頃から取り組んでおきたいこと

洋楽・洋画・海外ドラマで英語に触れる習慣を
「毎日英語に触れる」と言っても、周りにネイティブスピーカーがいらっしゃる方はそうそういらっしゃらないでしょうし、市販のリスニング教材は単調なものが多くすぐに飽きてしまいがちですよね。そこで、音楽や映画・ドラマを通じて英語に触れてみてはいかがでしょうか。好きな歌を見つけたら口ずさむもよし、素敵な俳優さんが出ていたらセリフを真似してみるもよし、とにかく自分が「楽しい!」「これ好きかも!」と思えるような英語ツールを探してみましょう。
録音して聞いてみよう
英語が耳に入ってくることに徐々に慣れてきたら、自分の発音を録音して聞いてみるのも効果的です。洋楽が歌えたらかっこいいですし、好きな俳優さんの話し方を真似て1フレーズでも英語が話せたらちょっと嬉しい気分になれますよね。客観的に自分の英語を聞いてみると、「あれ、意外とそれっぽく聞こえるじゃん!」「なんか違うな…」と毎回自分の発音を修正して改善していくことが出来ます。

短期留学を活用するのも一つの方法

リーズナブルな価格でマンツーマンレッスンが受けられるフィリピン留学
今は、社会人の方が休暇を使って短期海外留学に行くのが流行っていますよね。思い切ってアメリカやヨーロッパに行ってみるのもいいですが、もう少しご近所でリーズナブルに英語が学べるフィリピン留学もおすすめです。短期間でも、日本語が通じない空間に身を置いてみることで、驚くほど「英語を話す」ことに対するハードルが下がりますよ。
「今は難しい!」という方にはオンライン英会話も◎
時間やお金の都合で、今すぐに留学は難しい…という方も、今流行りのオンライン英会話を使うという方法があります。こちらもフィリピン人講師が大半を占めますが、マンツーマンでしっかり英語を話す時間がとれますのでおすすめです。

短期集中!1ヶ月のIELTS対策スケジュール

短期集中!1ヶ月のIELTS対策スケジュール
学習計画全体のスケジュールの例をご紹介してみたいと思います。
ここでは、超短期の1ヶ月集中でIELTS対策を行う場合の例です。

1週目

過去問演習
3回分の過去問を解いてみましょう。間違えた箇所にはしっかりチェックを!
間違えた箇所をつぶしこむ
なぜ間違えてしまったのか、どんな知識があれば間違えなかったのかを振り返って潰し込んでいきます。自分なりのまとめノートを作ってみるのも良いでしょう。

2週目

間違えた問題だけもう一度解いてみる
1週目に間違えた問題だけを抜き出して解いていきます。今回も間違えてしまった場合は、とても苦手な箇所だということですのでしっかりチェックしておきましょうね。
スピーキングテストのリハーサル
オンライン英会話スクールの中には、スピーキングテスト対策を行っているところもあります。どんな雰囲気なのか、本番と同じような流れで一度練習してみましょう。
新しい過去問にチャレンジ
もう1,2回分程度の新しい問題にチャレンジします。間違えたところはしっかりチェック!

3週目

ここまでに間違えた箇所は二度と間違わないつもりでつぶしこむ
3週目は、新しい問題を解かなくてもOK。そのかわり、1・2週目で間違えた箇所は二度と間違わないレベルまで引き上げていきましょう。
毎日英語を話す
おしゃべり感覚でも結構ですので、オンライン英会話を活用しながら毎日英語を話しましょう。短い時間でも大丈夫ですので、とにかく毎日行います。

4週目

本番さながらのシチュエーションで新しい過去問にチャレンジ
リスニングも含め、本番通り時間を計って1回分の新しい過去問にチャレンジしてみましょう。どのくらいのスコアがでるでしょうか?時間配分に工夫が必要な場合はここでよく確認しておきます。
初対面の相手と英語で話す練習
オンライン英会話で新しい先生を指名してIELTS面接対策をしてもらいましょう。本番では初めての相手と実際に会って向き合いながら話さなければなりません。しっかりとこの緊張感に慣れておきましょうね。

苦手なものから集中して取り組もう!

苦手なものから集中して取り組もう!
IELTS対策の勉強法や、日本人が苦手とするスピーキングテスト対策についてご紹介させていただきました。苦手な箇所を明確にして、とにかく後回しにすることなく取り組んでいくことが一番大切なことです。みなさんも、効率的な勉強法で目標スコアを勝ち取ってくださいね!

全国転勤の夫との結婚を機に、在宅で仕事をするフリーランスへ。英語学習・英会話コラム執筆を主体に、英語学習アプリのコンテンツ作成や英会話系Webマガジンの運営サポートなど、幅広く英語関連の仕事に取り組む。現在は通訳案内士資格の取得を目指し勉強中。TOEICスコア「875点(リスニング満点)」。

SOUDAバナー

編集部からのおすすめ記事一覧