SOU:DA いってよかった全ての人に! Phil Portal フィリピン留学エージェント始めました。記事を見る
アクティビティ

この記事を書いた人

フィリピン有数のリゾートのなかでも特に人気のあるセブ島。きれいなビーチや開放的でまさにバカンスといったイメージから、日本人にも人気のリゾートスポットです。

日ごろの喧噪から離れて一人でのんびりと過ごしたい方や、友人となかなか休みが合わせられない方にとって、日本からもほど近く直行便でも行けるセブ島を一人旅してみたいと思っている方も多いと思います。

ただし、女性の一人旅で必ず問題となってくるのが、やっぱり治安の問題です。特に女性一人の場合、男性の一人旅よりもリスクが高まることは致し方ありません。

でも、一人旅の良さをこの上なく知っている私から言わせると、ポイントさえしっかりと押さえていれば一人旅ほどオモシロイものはないのです。そこで、女性がセブ島を一人旅するときに、必ず押さえておきたいポイントをまとめてみました。

セブ島 = リゾートイメージは捨てる

セブ島=リゾートイメージは捨てる
まず、今思い描いているセブ島のイメージを美しい海が広がるリゾート風景から、美しい海が広がる田舎町に切り替えてください。なぜなら、セブ島は想像するよりもずっとローカルな田舎町だからです。

IMG_7608
もちろん旅行雑誌でよく目にするリゾートはあります。ただし多くのリゾートホテルは空港のあるマクタン島に集まっており、セブシティーへと橋を渡るといっきにフィリピンらしい田舎町が広がっています。

観光客で賑わうリゾートと美しい海だけを想像している人は、空港からの車中で目にする光景にまず驚かされることでしょう。特に夜になると外灯も少なく、セブシティーであってもローカルな人たちが行き交っているだけで、観光客が集うリゾートエリアもありません。

ネズミなんて当たり前…?

tumblr_o0m07iAJOH1sgudz7o4_1280
日本ほど清潔な町でもありませんので、薄暗いなか安全面と衛生面も気にしなくてはなりません。ネズミが走っているなんて光景は、ここでは日常茶飯事です。

そのため、せっかくのセブ島滞在でがっかりしないためにも、まずはセブ島=リゾートというイメージは捨てましょう。リゾートホテルに泊まれば、ホテルの敷地内ではもちろんリゾート気分を満喫できますし、一歩外へ出るとローカルなフィリピンを満喫できる、いわば一石二鳥なのがセブ島なのです。

夜はホテルでゆっくりとリゾート気分を味わい、明るい時間にマーケット等に出かけてみるのが良いかもしれません。

外国人=お金持ちと見られている意識を

外国人=お金持ちと見られている意識を
セブ島に限らず、外国人というだけでお金を持っていると見られ、ぼったくりやスリのターゲットになってしまうことがあります。特に、日本人=お金持ちというイメージが強いように感じます。

そのため、派手な装飾品や高価なブランド品を身に着けていることで、自ら犯罪に巻き込まれるリスクを高めてしまうことに繋がりかねません。特にリゾートから一歩外へ出るとそこはローカルな田舎町ということを忘れず、なるべく目立たない格好や行動を心掛けましょう。

ショッピングでの値引き交渉はほどほどに

IMG_5847
お金持ちに見られている日本人からの値引き交渉は、明らかにふっかけられている場合を除き、気を付けないとトラブルの元になりかねません。値引き交渉も旅の楽しみの一つとして、ほどほどに楽しみながらマーケット等の雰囲気を満喫しましょう。

タクシーの値段交渉は乗車前にしっかりと

IMG_4910
セブ島に限ったことではありませんが、日本のようにしっかりとメーターで料金が決まっている国を除けばタクシーでの値段交渉は必須です。

特に、セブ島では長距離バスはあるものの、路線バスや電車がなく、空港からの移動はホテルや旅行会社の送迎サービスを利用するか、タクシーを使うかに限られてきます。空港タクシーは一律でエリアに応じて金額が決まっている場合がほとんどですが、セブ島内で自力でタクシー移動をする際には、値段交渉が必要になってきます。

基本的には日本同様メーターがありますが、メーターを動かさずに金額を請求してくる運転手も多く、必ずタクシーに乗車する前にしっかりと値段交渉をして双方納得の上、乗車するようにしましょう。

乗車前に地元の人に目的地までの相場を聞いておくと、その情報を基に値段交渉をすることができ、自分から相場を伝えることでふっかけられるリスクも下がります。
関連:【フィリピン】タクシーの乗り方【初心者向けに解説しました】

常に小銭を持っておくこと

また乗車後、約束した金額のみを財布から出しておき、荷物を持って降りる最後もしくは降りてからお釣りのないように手渡すよう準備をしておきましょう。停車後に財布の中身を見られずに済むのと、日本のようにお釣りを用意するという考えがないため、お釣りがない場合には多めに取られてしまうことも多く、できるだけ少額ペソを用意しておくと便利です。

大きなデパートやレストランで崩すほか、両替の際、なるべく少額ペソでと頼んでみるのもおススメです。また、カラフルで様々に改造されたフィリピン名物ともいえるジプニーも地元の人たちの足となっているため、よく見かけることになります。

ただし、路線バスのような役割で路線が決まっていることと、スリや強盗に遭うリスクはタクシーよりも高くなるため、初乗り料金が2016年2月現在40ペソ(約95円)と日本と比べてもかなり安いセブ島ではタクシーでの移動をおススメします。

女性がセブ島を1人旅は安全なのか?

女性がセブ島を1人旅は安全なのか?
セブ島のみならず、女性の一人旅は自分の身は自分で守るという意識が大切です。
少し大袈裟に書きましたが、上記のポイントと、知らない人についていかない・甘い誘惑に乗らない等、日本でもしないような基本的なことを守れば、人はフレンドリーで温かく迎え入れてくれます。

特に、フィリピンでは英語が公用語となっており、どこでも英語が通じるので安心です。
また物価が安く、それでいてホスピタリティの高さにはいつも感動します。リゾートもローカルなフィリピンも両方味わえるセブ島で、ポイントを押さえて安全な女性の一人旅に出かけてみてはいかがでしょうか。

現在はイギリス在住。子育てしつつライター業(経験年数7年)をしています。海外旅行が好きで現在は50か国ほどを渡航済み。フィリピンセブ島はハネムーンで訪れた思い出の地です。

SOUDAバナー

編集部からのおすすめ記事一覧