SOU:DA いってよかった全ての人に! Phil Portal フィリピン留学エージェント始めました。記事を見る
フィリピン留学

この記事を書いた人

こんにちは!僕は現在関西の大学の2回生で去年の夏に大学の留学プログラムで1ヶ月のフィリピンに留学に行きました。今流行りのフィリピン留学。行ってみたいけど実際はどうなの??という方も多いかと思います。

そこで今回は実際に行ってわかったフィリピン留学事情を経験をもとにお話ししたいと思います!

フィリピン留学してもTOEICのスコアが一切上がらなかった話

IMG_4203
フィリピン留学の1つの特徴に5、6時間以上のマンツーマンレッスンと少人数のグループレッスンにより短期間で集中的な語学力アップができるという点があります。

「フィリピン留学に行ってTOEIC100点アップした!英語がペラペラになった!」

このような話も、もしかしたら聞いたことがあるかもしれません。そして実際僕もフィリピン留学に行って、少しでも英語を話せるようになりたい!TOEICの点をあげたい!そう思って実際に夏休みを利用して行ってきました。

結果的に言えば、僕自身留学に行って毎日英語をしゃべり、少し手応えは感じていました。なんせ毎日3時間以上はマンツーマンレッスンを受け、2時間以上はグループワークをするのです。そして宿題をすればそれはなかなか疲れます。

そういった形である程度は英語で会話できるレベルにはなったかな?という感想で、ある程度は自分自身満足していました。

そして1ヶ月の留学を終え、日本に帰国しTOEICを受けました。

なんと僕の英語のスキルはTOEICの点で言えばまったく変わりませんでした…。

これにはかなりショックを受けました。あれだけ毎日英語を勉強していたのにまさかほとんど変わってなかったとは…。そして自分の他にも多くの人がフィリピン留学に行ったけど、英語の点数が上がらなかった、思っていた学習環境と違っていた、などたくさんの声があったことがわかりました。

共通していた原因の一つが事前勉強です。

そこで今回はフィリピンにおいての留学を失敗させないための注意点を3つまとめました。ちなみに僕のレベルはTOEIC550~600点、センター試験 160点位です。

①英文法は留学前にしっかり終わらせるべし

IMG_5086
フィリピン留学において一番大切なことは留学前に英文法を終わらせることです。もしあなたがMARCHもしくは関関同立レベルの大学生なのであれば文法はある程度は受験勉強で理解していると思います。

僕自身もある程度は英文法を理解していましたし、そもそもしゃべるのと受験英語はまったく違うということを聞いていたので、あまり留学前に勉強しませんでした。

しかし、実際に留学に行き、もっとしっかり勉強すべきだったということを痛感しました。

なぜなら留学することは、そもそも日本では経験できない英語をしゃべれる環境に行くことで、自分の英語のスキルを向上させるために留学に行くというのが目的の一つになります。さらにフィリピン留学においては、マンツーマンレッスンによって集中的に自分の勉強したことを口に出して話すというアウトプットができるというのが大きなメリットの一つです。

そこで英文法をまず完璧にしておかないと『あれこれどう言うべきだっけ?』というように会話が止まってしまい、そこで英文法を復習していては、かなりの時間の無駄になってしまいます。

またフィリピン留学はもちろんテキストも英語の学校が多いです。日本には丁寧な参考書がいっぱいあるのにそれを英語ベースで勉強するとなると、かなりコストパフォーマンスが悪いです。

もちろん英語で書かれた教科書で文法を学ぶのも勉強になるかもしれませんが、それは日本でもできます。僕自身、留学前に英文法を勉強し直していればもっと英語力の向上を感じることができたと思います。

また英語初心者の方で1年間本気で英語をマスターするという方であれば、留学に行ってすべて勉強してもいいかもしれませんが、半年以下や1ヶ月などの留学であれば留学前に英文法は必ず終わらせることをおすすめします。

②授業では何を学びたいのかをちゃんと主張すべし

IMG_5095
次に重要なのは、留学に行き何を伸ばしたいのかをしっかり先生に伝えることです。
僕の場合は大学の留学プログラムだったので、それに申し込み授業のプログラムなどもほとんど大学が組んでくれました。現地に到着後、初日に確認テストを行いそのレベルに応じて先生が決められるという形です。そこで実際に授業を受け、わかったことがありました。

それは英文法の授業のことでした。

先生「Today, we are going to study singular and plural♪」

僕 「(ん?しんぎゅらー?ぷるーらる? なんだろう)ok~!」

先生「So What is singular and plural ??」」

僕  「(う〜・・・しんぎゅらーとぷるーらるがなにかわからない・・・)sorry, I don’t know…」

先生「Ok~, singular noun is for example pen, eye note I ,,,. And plural noun is,,, for example you desks, apples, foot…」

僕 「(あー単数系の複数系のことか!) yeah~, I understood!」

先生「Ok~! Give me example, singular noun and plural noun,,,」

僕 「ok~! Present noun is chair, door, teacher, note, she,,, and plural noun is books, dogs, watches, they…」

先生「OK~! Very good!!」

僕 「Thank you! (英語しゃべるのたのしいな〜!)」

そんな感じで、先生の言っていることが最初は完璧に理解できませんでしたが、英文法は勉強していたので、質問される内容と使っているテキストはむしろ簡単でした。そして問題を解いていくのですが、単数系と複数系の違いなんて基本の基本、全問正解できます。

先生「Wow~! Very very good!」

僕 「Yeah~, I want to study more~!!」

そんな感じで授業は終わりました。僕はこの先生はとても褒めてくれるのでとても好きでしたが、その後の授業もほんとうに現在形と過去形、進行形、現在完了といった基本の英文法で、自分自身英語はあまりしゃべれませんが、テキストの問題や宿題は簡単で、ほとんど全問正解です。むしろ先生が間違いをして自分が指摘するときもありました。

先生 「I think you are very smart for other students!」

僕  「No~. I want to study more~!! (ほめられるのはうれしいけど、なんか物足りなくなってきたな~…)」

その後、同じ大学から一緒にきている生徒も同じように授業内容が簡単だと感じており、先生を変えてくれるように言っている生徒もいることを知りました、

勉強してることはとても簡単なので少し不満でしたが、先生の言っていることは完璧に理解できているわけではなかったので、聞くことも勉強だと割り切って僕は授業を続けました。なにより褒められるのはいい気分なので自分自身、あの先生を気に入ってしまったところもあったと思います。

しかし今思えばこれは本当に良くないことでした。なんせ自分にとって英文法は勉強済みであり、それを留学にきてまで勉強するなんて本当に無駄が多いことです。しかも先ほども述べましたが、英文法は日本でも学べます。

そして少し苦手な先生もいました。

先生「Ok~, let’s start lesson. So what do you want to study or improve??」

僕 「I come here to improve my English speaking skill. So I want to study speaking more !」

先生 「OK~~!!」

そんな感じでまず先生が何を学びたいのかを最初の授業で聞いてくれました。

先生 「Ok~, please introduce yourself」

僕  「Yes. My name is Sugu Mizuno. I’m 20years old. I’ sophomore at Doshisha Univercity and I major in Economics.」

先生 「I see, what else??」

僕  「(え、他??)Ah~, my hobby is watching movie, playing football.」

先生 「…O〜K〜. What else?? ^^」

僕  「えーと、うーーん、、、、」

先生「OK! Please give me example of your favorite movies」

僕 「あ、OK!! My favorite movie title is Harry Potter」

先生 「OK. Please explain the movie’s story」

僕 「it’s a story about South Africa. The main character Nelson Mandela try to solve Apartheid problem. (よしいい感じでゆえた!!)」

先生「I see. What else??」

僕 「・・・(う、まじか・・)That’s all..(泣)」

先生「That’s all?? Ok~! How about other movies」

といった感じでこの先生はひたすら”what else”地獄(他は?)を繰り返し、僕はひたすら自分で考えてしゃべらなくてはならず、毎回この授業のあとは一番疲れました。”What else” を聞くのがもうトラウマになりました(笑)。

でも考えてみてばこの授業が本当に一番英語を話す練習になったと思います。他の先生は優しく答えやすいような質問をしてくれたり、ひたすら雑談をする授業もあります。

でも一番大切なのは自分で話すことです。なかには恋愛話や愚痴をひたすら話す先生もいて、それで英語で会話をできていると勘違いしてしまうことがありますが、それはまったく意味がないです。もちろんリスニング力は少しはつくかもしれませんが、やはりせっかく留学にきたのですから、自分がしゃべらなくては本当にもったいないです。

このような経験からもわかるように、自分が学びたいことを明確にし、それを先生に伝える、もしくは自分の希望にあったカリキュラムを組むようにしましょう。

あくまでTOEICのスコアを伸ばしたのなら、それに特化した語学学校やコースを選ぶべきですし、自分が留学でスピーキングや話す力を伸ばしたいのなら、先ほどの先生のように自分で伝え、自発的にどんどん喋るようにするのが重要です。先生が言っていることを聞くだけなら海外映画をみているだけでもできます。

③留学中は自習時間が足りない…やっぱり留学前にしっかり勉強しておくべし

IMG_5082

僕は実際にフィリピン留学に行き、単語帳と一つの参考書だけ持って行きました。勉強できれば自習で活用しておこうと思ったからです。なかなか勉強時間が多いのがフィリピン留学ですので、正直あまりできないかなーとは思っていましたが、実際は本当に思った通りまったく自習する時間がなかったです。

まず1日の授業は8時から始まります。午前中は50分の授業が4コマ。12時から13時がお昼時間で、午後はまた4コマ、5時から6時が夜ご飯で、そこから僕の大学のメンバーでのグループワークで1コマの授業と合計9コマのかなりハードなスケジュールです。
フィリピン留学の効果ナシ!スパルタ授業を受けた僕の悲しい結末とは

そこで宿題も出されるのでそれもやればクタクタです。最初の方は僕の友達も授業後に自習室によく行っていましたが、だんだんと日が経つにつれ行く人もほとんど見かけなくなりました。

そして多くの人が近くのマーケットに毎晩飲みに行ったり、遊びに行くのを見かけるようになりました。おそらくここが一番のフィリピン留学の落とし穴でしょう。

IMG_3642

なんせフィリピンはお酒が安く、夜の遊びの誘惑がいっぱいです。しかし、せっかく1日勉強したことを復習、予習しなければ学んだことがほとんど抜けていってしまします。ましてやそれに加え自分の勉強や持ってきた参考書をするのはとても大変です。

僕も授業が終わった後はすごくクタクタで1日頑張ったのだからと飲みに行ったり、ショッピングに行ったりしていました。これが今思えば一番の後悔で、もっとしっかり予習と復習をしていれば英語の成長はもっともっと変わっていたでしょう。

また持って行った参考書もやっぱり今考えればやるのは厳しいです。しっかり留学に行く前に文法や単語の暗記など、自分でできるインプットの学習は行っておくべきです。

そんな中で僕が留学前に唯一勉強して本当によかったと実感した参考書がありました。それはかなりの人気をもつこの「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」という本です。

これは中学生レベルの例文が、文型ごとにページで10個ほど載せられており、それを暗記する参考書です。僕の周りには自分より英語が友達できる人がいっぱいいました。でも実際英語を喋るとなると話は別です。

実際留学にいってみて、いざ英語をしゃべるとなると周りの友達はしゃべろうとはしますが英語が出てこない様子でした。しかし僕は簡単な会話なら留学の初めのころでもある程度できて、かなり周りと差がついているのをびっくりするほど実感しこの参考書をやって本当によかったと実感しました。

なぜこの本が良いかといえば、この本に載っている構文は本当に中学生レベルの基本の分です。たとえば過去形の例文を10個暗記し、現在完了の例文を10個暗記するといった形で、その時の場合に応じて簡単な文を覚えれば、状況に応じてこの時はこういう受け答えをするんだという思考が身につきます。

多くの人は英語の概念はわかっていますが、実際に日常でどう使うかはまったく勉強していません。この部分をこの瞬間英作文で僕は勉強したおかげでとても周りと差をつけられたのを実感できました。事前勉強になにをすべきかわからないという方は、ぜひこの本をやっておくことをお勧めします。

記事のポイントまとめ

  • 英文法は留学前にしっかり終わらせておこう
  • 自分の学びたいことを明確にし、授業でしっかり主張しよう
  • 留学前に事前勉強をしっかりとし、予習・復習をしっかりしよう

多くの人がフィリピン留学を成功させられれば幸いです。ありがとうございました。

IMG_4100

同志社大学経済学部2回生。1回生次は文系大学生の9割が営業職についているという現状をもとに営業の学生団体を創設し、運営。また1ヶ月のフィリピン留学を経験し、プログラミングも勉強中。個人ブログ(弱者の反逆論)やってます。

SOUDAバナー

編集部からのおすすめ記事一覧