SOU:DA いってよかった全ての人に! Phil Portal フィリピン留学エージェント始めました。記事を見る
ローカル

この記事を書いた人

まず、フィリピンセブ島の気候をざっくりまとめます。

平均気温 26.5℃
服装 1年中半袖でOK
季節 雨季と乾季
台風シーズン 9~10月

まずは平均気温に関して。
セブ島は1年を通して暖かく、平均気温は26.5℃。1年中半袖で過ごせる気候です。服装も1年中半袖でOKです。この記事を書いているわたくしキノカンも毎日半袖と短パンで過ごしています。セブ最高!

次に季節に関して。セブは雨季と乾季に分かれており、雨期になるとスコールと呼ばれる強い雨が3〜4時間おきに降ります。スコールと聞くと長時間の豪雨を想像するかもしれませんが、セブ島のスコールは、1時間程度で止みます。なお、降水量は日本の梅雨と同じくらいです。

tempreture
※降水量は日本の梅雨と同じくらいです。

最後に台風シーズンに関して。
フィリピン近海では台風がよく発生します。時期としては9~10月が台風シーズンですが、基本的にマニラのルソン島中心に台風が発生するため、セブ島では大きな影響がないことが大半です。セブ島では、強めの雨と強風が吹く程度です。したがって、セブ島渡航時には台風シーズンはあまり気にしてくても大丈夫です。

フィリピンセブの気候情報がざっくりわかったところで、セブ島で快適に過ごせる服装と季節の詳細を見ていきましょう。

もくじ

季節別:フィリピンセブ島でおすすめの服装は?

セブ島ではどんな服装が適しているのか?セブの平均気温は26.5℃ですが、本当にTシャツ1枚だけ持っていけばいいの?そんな疑問お答えします。

セブ島の乾季(12月〜5月)に最適な服装とは

normal
男性の場合は、半袖短パンで大丈夫です。雨が多いので靴というよりはサンダルがよいでしょう。日差しが強いので日中は帽子があると便利です。

女性も同じく身軽な感じが良いでしょう。デニムだと汗ばむので、Tシャツにスカートや、ワンピースなどで揃えると過ごしやすいでしょう。ヒールの高い靴はおすすめしません。まだまだインフラが整っていないので、デコボコ道が多いです。

セブ島の雨季(6月〜11月)に最適な服装とは

rainseason
雨期はスコールと呼ばれる強い雨が3〜4時間おきに降ります。雨が降ると道路の状況によっては大きな水たまりができてしまいます。靴は履かずにサンダルのほうが便利でしょう。あとは突然の雨に備えて折りたたみ傘を持っておくと便利です。

番外編:セブ島のビジネスカジュアルな服装とは

business
セブ島でビジネスをする方は服装にお困りではないでしょうか?セブ島ではしっかりネクタイを締める人は少ないです。写真のように少しラフな感じが一般的です。

セブ島滞在中に快適な服装で過ごすための3つのコツ

フィリピンセブ島では基本的には半袖と短パンでOKです。しかし、以下の3つのポイントを守ることでさらに快適なセブ島ライフが実現できます。セブ歴2年である、わたくしキノカンのノウハウをご覧あれ。

ポイント1:常に羽織るものを持っておくこと

indoor
フィリピン人はエアコンが大好きです。特に男性は暑がりが多く、室内では冷房をガンガンにかけています。オフィスではもちろんですが、カフェやレストランに行く際も何か羽織るものがあると良いでしょう。

ポイント2:白い服は控えたほうがベター

セブの特にシティは空気が綺麗とは言えません。ですので、白い服よりは少し色がある服装が良いかと思います。

ポイント3:サングラスを持っておくと便利

oakley
セブ島は日差しが強いのでサングラスもオススメします。

セブ島の季節は4つある?各季節の詳細とは

セブ島の季節は4つある?各季節の詳細とは
ほとんどのサイトではフィリピンセブ島の季節を2つ(雨季と乾季)に分けて説明していますが。実はもっと細かく分類できるんです。

セブの気温と降水量を見ながら4つの季節を見ていきましょう。

①3月〜5月:めっちゃ暑い。真夏の時期。

現地の言葉で「Tag-araw」や「Tag-init」と呼ばれる真夏になります。1年の内で最も雨が少なく、1番暑い時期になります。日陰に入ればそれほどではありませんが、紫外線が強く太陽の下では地獄を感じることでしょう。

②6月〜8月:スコール注意!突然大雨が降る時期

5月の暑い時期を超えるといよいよ「Tag-ulan」と呼ばれる雨期に入ります。3〜4時間おきにスコールが降りますが30分程で止みますので、日本の梅雨のように1日中雨が降ることはあまりありません。

③9月〜11月:たまに台風がくる時期。でもそんなに心配はいらない。

日本と同じように9月から「Bagyo(台風)」が多くなってくるシーズンに突入します。フィリピンから東、赤道よりやや北に位置するフィリピン海上空で熱帯低気圧が台風に成長します。セブは土地柄、台風の直撃はほとんどありません(だいたいレイテ島から上に反れる傾向にあります)。

④12月〜2月:セブ島で一番快適な時期。お祭りもいっぱい。

12月に入るといよいよ「Taglamig」と呼ばれる乾期の始まりに入ります。雨が少なく、気温も安定しているため1年で一番過ごしやすい時期になります。セブで一番大きいお祭りも1月の第3週目の日曜日にあるので、ぜひこの時期にセブにお越しください。

まとめ:セブの気候は素晴らしい(多分)

まとめ:セブの気候は素晴らしい(多分)
いかがでしたか?
セブ島は1年中暑いイメージをお持ちかもしれませんが、季節は雨季と乾季に分けることができ、厳密には4つの季節があるんです。

セブ島ではエアコンが効きすぎてる場所が多いので、喉が弱い人はマスクをひとつ持っておくと便利でしょう。わたくしキノカンもしょっちゅう喉を痛めますが、夜寝るときにマスクをしておくと治りが早いのでおすすめです。

以上です。それでは、良いフィリピン生活を!

セブ島の何でも屋。クラシファイド「Phiino」運営者。Web制作、事業立ち上げ、不動産探し、バイク販売などお困りの方、何でも相談ください。 Phil Portal全員のメンバー紹介ページはこちら

PINE限定10名 GATEバナー02

編集部からのおすすめ記事一覧