SOU:DA いってよかった全ての人に! Phil Portal フィリピン留学エージェント始めました。記事を見る
アクティビティ

この記事を書いた人

【セブ島のオスロブツアー】世界一でっかいアイツと泳げる海に行ってみませんか?

フィリピン、セブといえばアイツ。
知る人ぞ知るとってもでっかいアイツ。

セブシティからバスを走らせること約4時間の〝オスロブ〟
世界最大のでっかいアイツにそこで会えるらしい。

水族館の分厚いガラス。
いままではその向こう側にいるアイツしか見た事なかった、、、

アイツ!!!

そう、ジンベエザメ。

ジンベエザメ

しかも、一緒に泳げるというので驚愕。

驚愕!!!!

じわじわテンションも上がってきたので…

セブ島のオスロブに行ってみた。

オスロブの地図

オスロブへのアクセス方法

  1. タクシーで「South Bus Terminal」に向かう。
  2. 「BATO Oslob」と書かれたバスに乗り込む。
    ※バスは1時間に1本以上のペースで出ています。
  3. 「Aaron resort」とバスの運転手に伝える。
  4. 爆睡を3回ほど繰り返すと着きます。(約4時間くらい)

注意点

  • エアコン付き、なしのバスがあります。ありをおススメいたします。
  • ※エアコンの温度設定が低すぎるので長袖も持っていきましょう。

  • ジンベエザメとは午前中にしか会えないので遅くても朝6時半くらいにはセブシティを出ておきましょう。
  • トイレ休憩がないのでバスに乗る前に必ずトイレを済ましておきましょう。

4時間の睡眠を経て…

オスロブに到着しました

オスロブに到着しました

まずはオリエンテーションを受けます。

オスロブ2

海に入る際の注意事項

  • 日焼け止めは禁止
    ※ジンベイザメはとても敏感な生き物なのでケミカル製品が苦手です
  • ジンベイザメの4メートル以内に近づかないこと
  • ジンベエザメには触らないこと
  • カメラのフラッシュ禁止

などなど。

しっかり聞いておきましょう。
しっかり聞いておきましょう。
観光客が沢山居るので30分ほど待ちます。

 

IMG_5433
待ってる間にライフジャケットを着ておきます。

 

IMG_5437
順番がまわってきたので、いってきまーす!

 

IMG_5440

IMG_5442

 

出発してすぐ・・・。

 

オスロブ6
いたーーー!!!!頭出てるーーー!!!!!というテンションになります。

 

オスロブ7
そしていざ、シュノーケリング!

 

オスロブ8
ち、近い・・・!!!!写真に写りきらない距離感。早速、さきほどの注意事項(4m以内NG)を無視しているけどだいじょうぶ!?

けれど向こうから近寄ってくるのだから仕方ありません。

 

オスロブ9
危うく食べられそうになり、※人はめったに襲いません

 

オスロブ10
たまにパニックに陥りながらも必死に写真を撮ります。

 

オスロブ11

オスロブ12
いなくなったと思って安心しないでください。

 

オスロブ13
後ろからまた現れます。
見た目はほんと人食いサメ。笑

 

オスロブ14
映画〝ジョーズ〟をほうふつさせますね…。

映画の世界を実際に体験できるなんてすごいですよね。オスロブ。

とまあ、こんな感じで小1時間楽しめます。
疲労感すごいです。。。。

ジンベエザメと泳ぎ疲れたので休憩をとる

オスロブ15
ジンベエザメとのシュノーケリングを堪能したあとはランチをこちらで。

 

 
オスロブ16
大人数だとブッフェ形式でお食事可能です。
おいしいです。

 

泳いで疲れて、お腹いっぱいになった後は

オスロブ17
こんな可愛い子犬と出会えることもあります。

 

オスロブ18
癒されます。

では、移動時間がとても長いので早めに帰るとします。(往復合計8時間)

帰路の途中で〝神秘の滝〟に。

 

滝1
南国の滝は日本の滝とは少し違って、日本の滝は〝痛い〟って感じですがこちらは〝ひんやり〟と気持ちいい感じ。

 

滝4
なんだか不思議なパワーももらえるような、、。さすがは〝神秘〟の滝。

 

滝2
帰る前にマイナスイオンを全力で浴びます。

バスにゆられること4時間半。19:30にようやくセブシティ到着。
移動時間がとっても長く、かなり疲れましたが、、

とても、たのしかった!!!

ツアーに申し込む

フィルポータルでオスロブツアーを実施します

フィルポータルでオスロブツアーを実施します
当たり前のことですが、オスロブにはツアーなしでも訪れることができます。しかし、英語での現地人との交渉、移動手段の手配、水遊び中の盗難の可能性などを考えると日本人コンダクターと一緒に行くことをおすすめします。※東南アジアではボッタクリや盗難が多いため、英語での交渉力、や危ない人を見分ける力は必須です。

せっかくの旅行中は楽しむことに集中したい、めんどうなことはいやだ、そんな方は全部フィルポータルツアーになげちゃいましょう!

ツアーのコンダクター

佐藤「セブ島のレンタカー会社、マンゾクレンタカー代表。2008年にセブ島へ移住。一時期はフィリピン人と同じ給料で働きつつ、ローカル生活をしていました。その過程で、ビサヤ語を独学でマスター。その後は、日本語教師、コールセンター、通訳業を経て、退職後にマンゾクレンタカーを設立。」

フィリピン水準の賃金で働く日本人が、セブで起業するまでの物語

オスロブツアーのスケジュール

5:30〜 滞在先に車にてお出迎え
5:45〜 出発
7:30〜 朝ごはん(ご希望に応じて)
10:00 オスロブ到着
10:10〜 オリエンテーション、着替え
10:45〜 ホエールシャークウォッチング
11:45〜 自由時間
13:30〜 海出発
13:45〜 神秘の滝到着
15:00〜 神秘の滝出発
19:30 セブシティ到着予定時間 : マクタンに滞在している方は約21:00ホテル着
※帰りは込み状況により予定時間をすぎる場合があります。

お出迎えの様子

お出迎えの様子
日本語通訳として、セブ歴7年の佐藤さんが迎えに来てくれます。

ご希望に応じてマクドナルドかジョリビーに寄ります

朝ごはん01
朝ごはん02
泳ぐ前に小腹を満たしておきましょう。

持ち物

  • 水着(着てきた方がベター)
  • 日焼け止め(ジンベイザメ鑑賞中は使用不可)
  • タオル
  • 着替え
  • カメラ(できれば水中)
  • USB or SDカード

水中カメラを持って行きましょう
水中カメラがあれば、ジンベイザメと泳ぎながら写真を撮れます。
持っていない方は、550ペソでレンタル可能です。もしくは、フィリピン人施設スタッフが撮影してくれます。撮影時には潜るので、少しだけ頭を海に押し込まれるので注意してください。写真は、帰りにデータとしてもらえるので、USBやSDカードを持って行きましょう。

オスロブツアーの料金

人数 通訳なし 通訳あり
2名 18,000ペソ(お1人様当たり9,000ペソ) 23,000ペソ(お1人様当たり11,500ペソ)
3名 24,000ペソ(お1人様当たり8,000ペソ) 29,000ペソ(お1人様当たり9,667ペソ)
4名 28,000ペソ(お1人様当たり7,000ペソ) 33,000ペソ(お1人様当たり8,250ペソ)
5名 32,500ペソ(お1人様当たり6,500ペソ) 37,500ペソ(お1人様当たり7,500ペソ)

注意事項

  • お支払い方法
  • 現金にて現地でお支払い。ウォーターフロントホテルセブシティのロビーでコンダクターに直接お支払い下さい。

  • 参加資格
  • 6歳以上の健康で両手足が自由に使える方

  • ツアー実施条件
  • 2名以上の参加者がいる場合のみ

  • オスロブ入場料は現地で別途かかります
  • お一人様1,000ペソ

ツアー料金に含まれるもの

  • ランチ
  • 移動中の飲み物
  • シュノーケリングセット
  • エントランス料(神秘の滝)
  • 移動、送迎費(バス または バン)

日本では水族館のガラス越しでしか出会えないであろうジンベエザメ。
一緒に泳げるのは世界でもここだけです。

長い移動時間をかけても行く価値はあるのではないでしょうか。

ジンベエザメの思い出01

ジンベエザメの思い出02

ぜひ一度ご体験ください!

ツアーに申し込む

参加者の声

オスロブ口コミ01
名前:匿名希望

今回フィルポータル様のオプションで申込をした事で、非常に効率良く楽しむことができました!

オスロブはとても混んでいて、現地では人がごった返し、どのようにホエールシャークウォッチングの受付をして良いのかわからないような状態でした。しかし添乗の方の的確なアドバイスと案内で、スムーズに手続きを済ますことができ、待ち時間も少なく体験できました!

またオスロブはセブ市内からのアクセスも悪く、公共交通機関だと非常に分かりづらいのですが、往復送迎付きなので行きも帰りも何も心配することなく、安心して参加できました。

パワースポットである神秘の滝にも行くことができ、本当に参加して良かったと思います!

ツアーに申し込む

休活BLOGとフィルポータルを作りました。ITとセブ島とお酒を愛しています。新卒で海外就職(セブ島)して11ヶ月後に退職。今はフィリピンを拠点にゆるくフリーランスをしています。個人ブログではSEO・プログラミング情報を中心に発信しています。 Phil Portal全員のメンバー紹介ページはこちら

ライター募集 GATEバナー02

編集部からのおすすめ記事一覧