SOU:DA いってよかった全ての人に! Phil Portal フィリピン留学エージェント始めました。記事を見る
グルメ

この記事を書いた人

IMG_9898_01

おにぎり・サンドイッチ(カツサンド)が「15分で完売する」という幻の路上販売店が「美味しすぎてカフェをオープンするに至った」との噂を聞きつけて、フィルポータルメンバーで早速行ってまいりました。カフェ好きの僕としてはいかないわけにはいきません。カフェの名前はGO GO CAFE(ゴーゴーカフェ)。

GO GO CAFE(ゴーゴーカフェ)の場所・行き方

GO GO CAFEへ行くにはASフォーチュナ通り沿いにある「Design Center」が目印になります。セブ島の中心街からはタクシーで15〜20分ほどで到着します。タクシードライバーには「デザインセンター エーエスフォーチュナ」と伝えて下さい。初めての場合は少しわかりづらいかもしれません。

 

IMG_0511
Design Centerの看板を左手に奥へと進みます。

 

IMG_0515
さらに進みます。

 

IMG_0522
「GO GO CAFE」と書かれた看板が見えてきます。カフェは「JDN Square」という建物内にあります。

 

IMG_0525
IMG_0527
建物の中に入って左折、するとようやく見えてきます。

 

IMG_8773
ドン。
隠れ家的なカフェです。

GO GO CAFE(ゴーゴーカフェ)の店内の雰囲気

IMG_0497

IMG_0496
バーを想起するようなすこし暗めの照明と、ジャジーなカフェらしい音楽が耳に残るおしゃれな店内です。席の数は20席ほど。個人的にポイントが高かったのは殺虫機(虫を捕らえる明かり)が置いてあったこと。

 

IMG_0498
セブ島の飲食店は蚊のいるお店が多く、僕は外食をするたびに蚊に刺されます。ゆったりのんびり読書をしたくても、痒さが気になって仕方がないときも。

GO GO CAFE(ゴーゴーカフェ)では痒みに苛まれることなく、各々の時間を過ごすことができます。近くには語学学校があるため、英語を勉強する生徒さんが利用されることが多いようです。混み合う時間帯は、店内が賑やかになります。

GO GO CAFE(ゴーゴーカフェ)のメニュー

IMG_0321
メニューは店長の厳選したこだわり抜かれたコーヒーをはじめ、路上販売をしていたサンドイッチ、カツカレーなどのご飯ものからデザートまでが用意されています。

GO GO CAFE(ゴーゴーカフェ)の実食

ソースカツカレー・カツサンドと、食後にデザートとコーヒーをいただきました。「セブ島で、こんなに美味しいカツが食べられるなんて…!」というのが率直な感想です。

IMG_9830

IMG_9835
味はもちろんのこと、お肉の歯ごたえと柔らかさが絶妙でした。お肉を食べている、という実感を残しつつも、ほどよく噛み切れる柔らかさ。サンドイッチは、切り落としたパンの耳も美味しく揚げられていて、文句なし。

 

IMG_0485

IMG_0476

IMG_0492
日本人の味覚にあった、程よい甘さ。

上から順に黒蜜ごまアイスクリーム、チョコバナナアイスクリーム、アフォガトです。店長イチオシの黒蜜ごまアイスクリームはごまの香りと、アイス・黒蜜のマッチングがもうたまりませんでした。アメリカンコーヒーと共に食すとなお美味しいことでしょう。

全てがおいしい…!

 

IMG_9851
ご飯をいただいた後はコーヒーを飲みながら作業をしていたのですが…。

 

 

IMG_9861

 

 

IMG_9863
美味しすぎて、知らないうちに顔が吸い寄せられてしまいました。

GO GO CAFE(ゴーゴーカフェ)のまとめ:全員におすすめ

どんな人にお勧めしたいかというと「全員」と言うしかありませんが、特におすすめしたいのは、セブ島に1〜2ヶ月滞在し、セブ島での食生活が固定化されてきた人たちです。

「セブでこんなに美味しいカツが食べられるなんて」と感じたぼくの気持ちがきっとわかると思います笑。

GO GO CAFE(ゴーゴーカフェ)の基本情報

英語名 GO GO CAFE
住所 JDN Square Ground Floor P. Remedio St. Banilad Mandaue City, Cebu
営業時間 月曜〜日曜:9:00〜25:00
定休日 なし
電話番号 032-239-1496
WiFi環境 あり(ネットサーフィンが問題なくできる、4時間限定)
公式サイト Go Go CAFE

放浪系フリーライター。引っ越しは年に4回くらい。日本ではゲストハウスに住み込みで働きながら執筆をして生計を立てていました。現在はセブ島でコンテンツライティングのお仕事をいただきながら編集と英語の勉強中。個人ブログ(放浪系フリーライターの日常)も書いています。味覚がハジケルほど旨みのある暮らしを追い求めています。 Phil Portal全員のメンバー紹介ページはこちら

ライター募集 ライター募集

編集部からのおすすめ記事一覧