グルメ

この記事を書いた人

バギオで一杯やりたい?テイスティングできるおしゃれバーBaguio Craft Breweryへ!

せっかくフィリピンまで来たのなら、現地でしか飲めないお酒を飲んでみたくなりませんか?Baguio Craft Brewery(バギオクラフトブルアリー)は多くの種類の地ビールが!バギオにバーは数多くあれど、地ビールを飲めるところはなかなかありません。

さらに頼む前に地ビールのテイスティングまでできてしまいます。バギオの夜で一杯やりたいのなら、ぜひBaguio Craft Breweryで!

Baguio Craft Breweryの場所・行き方


Baguio Craft Breweryの場所・行き方

Baguio Craft Breweryはセッションロードから車で10~15分ほどの距離に位置します。タクシーは片道60ペソ(約150円)ほど。Baguio Craft Breweryは交通量の多いマルコス・ハイウェイ沿いにあるので帰りのタクシーは比較的簡単に見つかりやすいのかと。

筆者は、店を出た瞬間にタクシーが捕まりました。セッションロードからの往復であれば150ペソ(約330円)ほど見積もっておけば大丈夫でしょう。

周辺にバスが通っていたりすることもなく、徒歩だと多くの坂道を越えていかなければならないので、基本的にはタクシーで行くのがいいかと思います。

Baguio Craft Breweryの雰囲気

Baguio Craft Breweryの雰囲気
入り口に行くとガードマンがいます。服に銃などが入ってないかチェックしているようです。日本人としては、こういうところをチェックしてもらえると非常に安心ですね。

 

Baguio Craft Breweryの雰囲気
ビル内の2Fと3FがBaguio Craft Breweryです。2Fは立ち飲みorカウンター席、3Fはカウンターとテーブル席があります。

 

Baguio Craft Breweryの雰囲気
筆者たちは3人で行ったので、テーブル席がある3Fに向かいました。3Fはバーカウンターなるところが中央にあり、その周りにテーブル席があります。バーカウンターでフードとレシピを注文することができます。

 

Baguio Craft Breweryの雰囲気
また、店内にはノリのいいBGMが流れています。ミキサーを通して大きな2台のスピーカーからなっています。ほどよい音量で効きやすい音質なので、快適で話声の邪魔にもなりません。

Baguio Craft Breweryの飲み物

Baguio Craft Breweryの飲み物
バーカウンターにいるお姉さんの後ろ側に、お酒がずらっと並んでいます。なんとこれ全部地ビールです!もちろん全て違う味。

この地ビールには大まかに2種類あるらしく、フルーツを使ったものかそうでないか。
これで味が大きく違うようです。

 

Baguio Craft Breweryの飲み物
なんとBaguio Craft Brewery、ビールのテイスティングができるらしく地ビールをオーダーする前に試飲が可能です。

ちゃんと、試飲用のグラスも用意されています。

 

Baguio Craft Breweryの飲み物
筆者は2,3種類飲んだ結果、キウィを使った地ビールを飲むことにしました。口の中でキウィの香りが広がる感じがたまりません。ビールの値段は180~230ペソ(約400~550円)ほどです。

Baguio Craft Breweryの料理

せっかくなので、お酒のあてにフードも注文してみました。
頼んだのはカルボナーラ、フィッシュポテト、ブラッドウィンナーです。

待っていると、店員が先にお皿を持ってきてくれました。かなり丁寧に置いてくれて、また頼んだ人の顔を覚えているようで、パスタの人にはフォークだけ置いていました。接客のレベルも高そうです。

 

Baguio Craft Breweryの食べ物
ロゴが入っていておしゃれです。

 

Baguio Craft Breweryの食べ物
まずは腹ごしらえもできそうな、BCB CARBONARAを頼んでみました。
パスタから非常に美味しそうな香りがします。地ビールの香りとあいまって、非常に食欲を刺激させられます。がっつり食べたい方にオススメです。325ペソ(約700円)になります。

 

Baguio
次はFISH N CHIPS。写真を見るとわかりますが、結構なボリュームがあります。特に魚のチップスがでかい!魚の下にポテトがあるのですが、魚がでかすぎて写真だとみえないですね。

またこのFISH N CHIPSには、ソースが3種類ついてくるのですが、トマトソースが非常に美味しいです。FISH N CHIPSはビールとの相性は抜群です!Baguio Craft Breweryに来たのなら、食べるべき一品かもしれません。お値段320ペソ(約700円)です。

 

Baguio Craft Breweryの食べ物
最後は、SMOKED BLOOD SAUSAGE。つまりウィンナーですね。ウィンナーばっかりだと思っていたところ、目玉焼きにハッシュドポテト、野菜といったお酒のあての詰め合わせでした。

ウィンナーは目玉焼きとハッシュドポテトの間にいました。こちらもお酒のあてに頼むといいですね。320ペソ(約700円)になります。

まとめ:店内のBGMと料理・お酒があいまって優雅な夜を過ごせます

バーに行くとBGMが大き過ぎて話声がまったく聞こえないお店があったりしますが、こちらではそんなことはありません。旨い地ビールに美味しいフード、それにノリのいいBGMが合わさって非常に優雅な夜を過ごせます。

 

まとめ:店内のBGMと料理・お酒があいまって優雅な夜を過ごせます
非常に気持ちいい場所だったので、仕事終わりの休みの前日なんかに行くと楽しそうですね。

Baguio Craft Breweryの基本情報

英語名 Baguio Craft Brewery
住所 Palispis Highway, Baguio
営業時間 17:00~25:00
定休日 不明
電話番号 (074)-422-5043
WiFi環境 あり
公式サイト Baguio Craft Brewery

大学卒業と同時にフリーランスになった新卒フリーランス。お仕事はライティング・コーディングをメインにその他講師、セミナーなど幅広く行っています。自分がしたいと思ったことはすぐに実行することを信条としている。初海外はPhil Portalバギオオフィスまでの一人旅でした。ノリで生きてます。ブログ/twitter/Facebook

ライター募集 ライター募集

編集部からのおすすめ記事一覧