SOU:DA いってよかった全ての人に! Phil Portal フィリピン留学エージェント始めました。記事を見る
ローカル

この記事を書いた人

こんにちは。フィルポータルのフリー素材兼ライターのえーたです。ぼくはセブ島には8ヶ月ほど滞在していますが、実はあまりローカルな場所に行ったことがありません。

というのも、仕事と勉強ばかりしていて引きこもっていたためです。

「これでは、彼女ができた時に案内ができないではないか」と近頃は危機感を覚え、あちらこちらを巡るように心がけています。

ということで、最近行ったローカルスポット 「Tabo-An Public Market(タボアン・パブリックマーケット)」を紹介します。

Tabo-An Public Market(タボアン・パブリックマーケット)の場所・行き方

セブシティの南側(中心部からは少し離れたところ)にあり、タクシーでは20〜30分ほどかかります。ドライバーには「タボアン・パブリックマーケット」と伝えたら到着しました。

道中、きちんと到着するか不安だったので、初めての場合は複数人で向かうといいかもしれません。

Tabo-An Public Market(タボアン・パブリックマーケット)とは

IMG_2854
たくさんの干物(魚介類)が、山積みにされて売っている市場です。見たこともない干物があふれんばかりに陳列されていました。

 

IMG_2845

IMG_2841

IMG_2849
本当に見たこともないものばかりだったので、店員の方に「これは何?」ときいてみたところ、「干物だよ」とやさしく教えてくれました笑。

…知ってるよ(耳元でささやくように)。

 

IMG_2852

IMG_2853

IMG_2848

IMG_2926
干物に混じって、ドライマンゴーもありました笑。

 

IMG_2868
干物エリアの奥に進むと、なんと日用雑貨や食物なども売っていました。

 

IMG_2883

IMG_2892

IMG_2891

IMG_2889

IMG_2895
猫がいたり、子供が走り回っていたり、こちらを「ジッ…」と見つめてくる人がいたり。なんと表現したらよいのかわかりませんが、なかなか見応えがありました。

 

IMG_2931

IMG_2954
子供たち。

 

IMG_2951
氷を砕く人。

 

IMG_2939
寝てる人。

ローカル感満載のTabo-An Public Market(タボアン・パブリックマーケット)。

まとめ:ローカル好きにはおすすめ!ただし…

ローカルな場所を巡るのが好きな人にはいいかもしれません。フィルポータルいちローカル好きのカメラマンも「いくらでも居れる」と言っていました。

ただし「オイニー」にご注意を。干物の匂いが衣服に移ります。今回の滞在は1〜2時間程度でしたが、オイニーがしっかりとTシャツ・ズボン・髪の毛に染み込んでいました。

帰宅後はすぐに服を着替え、シャワーを浴びましょう。そのまま寝ようものなら、枕にまでオイニーが染み付きます。

以上です!

放浪系フリーライター。引っ越しは年に4回くらい。日本ではゲストハウスに住み込みで働きながら執筆をして生計を立てていました。現在はセブ島でコンテンツライティングのお仕事をいただきながら編集と英語の勉強中。個人ブログ(放浪系フリーライターの日常)も書いています。味覚がハジケルほど旨みのある暮らしを追い求めています。 Phil Portal全員のメンバー紹介ページはこちら

SOUDAバナー

編集部からのおすすめ記事一覧