SOU:DA いってよかった全ての人に! Phil Portal フィリピン留学エージェント始めました。記事を見る
フィリピン留学

この記事を書いた人

夫婦でワーキングホリデー、世界一周を3年がかりで行く予定の岩崎さん。旅をより充実したものにするために、その後アメリカで就職するという夢に向かって、ハイレベルなPINESチャピス校のIELTSコースを選ばれました。

岩崎さんの留学生活とは一体どんなものなのでしょうか。英語の必要な人生計画、留学生活で確立されていく勉強法などをご紹介します。

岩崎達朗さん(29歳)
PINES留学を経て半年間オーストラリアでワーキングホリデー、その後2年間夫婦で世界一周予定。旅後はアメリカで就職するべくPINESチャピス校ではIELTSコースを受講

留学先 PINESチャピス校
満足度
留学期間 6ヶ月
英語力 初心者

夫婦での世界一周が英語学習のモチベーション

夫婦での世界一周が英語学習のモチベーション
ー留学される前はどんな仕事をされていましたか?

精密機器を取り扱う会社で法人営業を7年間していました。

— 今回の留学期間はどれくらいですか?また、留学しようと決められたのはいつ頃でしたか?

6ヶ月です。会社を辞めてフィリピン留学をしようと決めたのが1年以上前。正確に会社を辞めると決心したのが4年前ですね。というのも留学後にそのままオーストラリアに行って半年間ワーキングホリデーをします。その後2年間バックパッカーのような形で世界一周をする予定です。

なので4年前に決めて少しずつ貯金をしていました。

— 壮大ですね。4年前から資金も集められていたのですね。

はい。ちなみに今も一緒に留学しているのですが全て妻と一緒に回ります。

— 大まかにどんなルートで旅されますか?

オーストラリアを出たら南米の最南端からスタートし、バスを乗り継ぎしながら中南米を北上、それからアメリカ大陸を縦断して、アラスカまで行きます。その後ヨーロッパを周って船でジブラルタル海峡を渡ってアフリカに入ります。この区間は僕にとってずっと憧れでした。

その後アフリカの危ない所は避けつつ南アフリカまで行って、そこから飛行機でギリシャに入ってトルコのボスポラス海峡を渡りたいと思っています。海峡がなぜか好きみたいですね笑。

そこからシルクロードを渡りアジアに入って、当初の予定ではこれでいっぱいかなと思っていましたが、フィリピンでたくさん友人もできたので最後に戻ってくるのも良いかな、と考えていますね。

— とても素敵です。英語を勉強する理由としてはワーキングホリデーや世界一周のためということが大きかったのですね。

はい。最低限ワーキングホリデーに行くまでにちゃんと英語ができるようになっていたいと思っていたのでしっかり英語力を鍛えられる環境を探していました。

IELTS対策でバランスよく英語力を養う

IELTS対策でバランスよく英語力を養う
— それで平日外出禁止のPINESを選ばれたということですね。

知人がフィリピン留学をしたと聞いて、実際に話してみるととても満足している様子でした。彼が留学していたのがPINESだったので迷わずこちらに決めました。

— バギオはいかがですか?

セブなどに留学するよりも費用が抑えられました。旅が控えている身としては良かったですね。町自体の物価も安いですし。

— 今回はどんなコースで留学されていますか?

基礎的なPower ESLコースを経て現在はIELTSコースを取っています。オーストラリアにいる間に2回ほど受けようかと考えています。

— 何か用途などはありますか?

はい。旅の後に海外就職を大前提に考えており、そのためにもIELTSコースを受けようと決めました。

ライティングやスピーキングも試験科目に入ってくるのでTOEICよりも総合的に英語力をつけられるとも考えていました。

日本企業の人事の間でも認知度は上がってきているため、学ぶメリットは大きいなと思いました。目標はPINESにいる間にIELTSスコア5.5を。オーストラリアで今年中に7.5を取得することです。

何をしても英語にコミットする環境

何をしても英語にコミットする環境
ー岩崎さんの留学前の英語力はどれくらいでしたか?

TOEIC450点くらいで旅行会話ができるくらいのレベルでした

— 今回の留学には授業用のテキストと別に何かテキストはご持参されましたか?

教材は1億人の英文法を2冊。とにかく宿題が多いのでそれ以外は基本的に授業に則っていますね。

— なるほど。何か自分の中で勉強法を工夫しているなどはありますか?

意識しているのは発声をすることです。聞いてディクテーションして発声するという流れです。

— PINESチャピス校の雰囲気はいかがですか?

良い意味で選択肢が少ないですね。外出禁止かつ英語しか話してはいけないルールがあるため、日常生活がそのまま英語学習に直結します。

— 授業以外では1日にどれくらい勉強されていますか?

4時間くらいですね。休日は外出できるので1日はどこかに出かけますが、もう1日は勉強する日として時間を確保しています。

深みのある旅へ、夢のアメリカ就職へ

深みのある旅へ、夢のアメリカ就職へ
— 留学前や留学中にこれをしていれば良かったという後悔は何かありますか?

単語はもちろん大事ですが、単語だけ覚えても使い方がわからないことが多いと思います。そういう意味で言えばリスニングですね。リスニングで耳を慣らしてくることと、単語や表現を何となくでも「こんな場面で使うんだ」とわかるようにしてくれば良かったです。

— 確かに単語だけを覚えようとしても用法がわからなければ記憶もしないでしょうね。具体的にどんなものを聞いていれば良かったなとかありますか。

いきなり洋楽など聞いてもあまり効果はないかと思います。自分のレベルを顧みると日常会話をどうにかして聞いていればより良かったかなと感じますね。

なかなか留学前に英語の日常会話を聞くのは難しいですが、留学前に軽くオンライン英会話などをしても良かったのかなと思います。

僕の場合は日常会話とできればディクテーション。もちろん当時は勉強法を知らなかったので、今戻れるとしたらそれを実践したいなということです。

— 最後に、学んだ英語を旅やその後のキャリアにどう活かしていきたいですか?

旅中に出会う現地の人々、同じ旅行者の外国の方々とコミュニケーションを取り、お互いの知識、価値観の共有をすることで、より一層深みのある旅ができると信じています。また、旅行後は、夢のアメリカ就職を実現させたいです。仕事で通用するレベルの英語力を目指して、世界一周中の2年間もPINESで培った勉強法を継続して、更に向上させていきます。

— 岩崎さん、ありがとうございました。インタビューは以上となります。学んだ英語を活かして存分に世界一周を楽しんでください。

インタビュー後記

インタビュー後記
旅やアメリカ就職などの目標を持ってストイックに英語勉強に力を費やしている様子が岩崎さんのお話から伺えました。平日外出禁止、英語以外使用禁止という厳しいルールにより、英語漬けの環境を提供するPINESチャピス校。

世界一周の旅で、英語を活かして世界中の人との出会いを楽しまれる岩崎さんの姿が想像できるようなインタビューでした。

インタビューと社会派コラムを担当するライターです。いろんな場所に行って、たくさんの人と話して、その声を代弁できる情報屋でありたいと思っています。個人ブログ(さぐりさぐり、めぐりめぐり)で紀行文・コラムも書いてます。 Phil Portal全員のメンバー紹介ページはこちら

PINE限定10名 GATEバナー

編集部からのおすすめ記事一覧