SOU:DA いってよかった全ての人に! Phil Portal フィリピン留学エージェント始めました。記事を見る
フィリピン留学

この記事を書いた人

日本で高校教師をしていたというMさん。2年前ニュージーランドで日本語教師の手伝いをしたことがきっかけでニュージーランドへの移住を決めます。

自身の英語レベルを現地の大学入学、教員免許取得可能レベルまで到達させるべくPINESに留学。現在は大学出願の条件であるIELTSスコア7を目指して勉強中です。

自分のペースで勉強しながらその後を見据えるMさんに留学生活について伺いました。

Mさん(40代)
留学前は都内の高校で商業科の教師として簿記やコンピュータ、ビジネス関連の内容を指導。2年前の研修をきっかけにニュージーランド移住を決めて現在PINESチャピス校に留学中

留学先 PINES チャピス校
満足度
留学期間 52週間
英語力 日常会話程度

留学の価格やコースはエージェントサイトから
By フィルポータル編集部
留学費用やコースを調べてみる

留学期間は目標を達成するまで

留学期間は目標を達成するまで
— はじめに今回の留学期間を教えてください。
すでにバギオに来てから1年以上経ちます。いつまでといった期間は決めていません。目標を達成したら終えようと考えています。

— とても長期の留学ですね。

はい。現在留学しているPINESチャピス校はスパルタの環境なのですが、私の場合、自分にプレッシャーをかけたくないと考え、長期留学を視野に入れて、マイペースに勉強しています。

最初は3ヶ月だけ申し込みをして、その後は学校を変えようかなとも思っていたのですが、PINESの勉強環境や居心地に満足しているので長居してしまっていますね。

ニュージーランド移住に必要な英語

—Mさんは日本ではどういった職業に就かれていましたか?

こちらに来るまでは東京で商業科の教員をしていました。そこでは簿記やコンピュータ関連の科目を担当していました。

— 高校の教員をされていたのですね。今回は留学するにあたって退職されてきたのでしょうか?

そうです。これを機に海外へ移住しようと思ってきました。

— 都内の高校教師から海外移住。大胆なシフトですね。具体的にどの国に移住したいといったイメージはされているのでしょうか?

ニュージーランドに移住したいと考えています。英語圏なので英語を勉強しないといけないと思って留学に至りました。

— ニュージーランドなんですね。何かこだわりの理由などあるのでしょうか?

一昨年、仕事の研修の研修プログラムに当選してオーストラリアとニュージーランドに1年間滞在していた経験があります。オーストラリアに2ヶ月、ニュージーランドで9ヶ月過ごしました。

当時は現地のネイティブの子ども達に日本語を教えるお手伝いをさせていただいていました。

海外でも教員へ

— 当時の経験もあってニュージーランドに思い入れがあるのですね。そうした体験も踏まえて、留学前の英語力はいかがでしたか?

本当にベーシックのベーシックレベルですね。1年間ネイティブの方々と話していたので日常会話はなんとかなるかなといった具合です。相変わらずまだまだだと思っています。

— ちなみに最初におっしゃっていた留学における目標とはいったい何なのでしょうか?

IELTSの試験でスコアを7取ることです。今後ニュージーランドに移住してから現地で仕事を探すのですが、そこでも私は教師をしたいと考えています。

現地で教師の免許を取るには大学に入る必要があり、その大学のボーダーがIELTSの7となっています。

— それでIELTSのスコアが必要なのですね。今回はバギオにあるPINESに留学されていますが、フィリピン留学といえばセブ島が思い浮かぶかと思います。どのようにPINESのことを知りましたか?

エージェントに同じ質問を聞いて回りました。「IELTSで7を取るためにはどこが良いか」と。確かにほとんどのエージェントがセブ島をおすすめしていましたが、1つだけ強くPINESをおすすめされるエージェントがあって、真剣に勉強できる環境といえばバギオというお話も聞いたのでバギオに来ました。

単語テストを先生にリクエスト

— 気候や治安も良く過ごしやすいのも女性にとっては嬉しいですね。今回の留学では何か日本から教材を持ってきていますか?

単語帳と文法の本くらいですね。

— 単語のテストなども行われますか?

今選択しているIELTSコースではないです。単語を覚えることがすごく苦手なので、単語帳を自分で作って、授業で出てきた知らない単語を書き出しています。そうやってたまった単語を先生にお願いしてテストしてもらうように工夫しています。

— 授業を自分からも仕掛けていくという形ですね。留学前に勉強しておけば良かったものを挙げるとしたらやはり単語を覚えることですか?

そうですね。単語は覚えても覚えても無限に出てきますが、それにしてももっと覚えてきたら良かったと思うこともあります。

— 日々勉強に励まれているかと思いますが、留学中の気分転換法は何かありますか?

PINESでは平日は外出禁止なので多くの学生が土日に出かけています。私も出かけることもありますが、個人的にはチャピス校にあるジムで汗を流すことですね。

— 普段勉強ばかりして体を動かしていないと、とても効果的ですね。バギオの街にはどんな感想をお持ちですか?

フィリピンのような途上国は初めてなので少し不安でしたが、思ったよりも良いところでしたね。とても過ごしやすく、治安も悪くないと思います。

ニュージーランドでも教員になりたい

— なるほど。では最後に、この後ニュージーランドに向かわれた後はどんな予定を立てられていますか?

そうですね。IELTSで7を取れたら、次は現地で仕事を得ることかなと思っています。希望としては資格を取った後に仕事ができればいいかなといった流れです。

まずは大学で教員免許を取って、その後教師として現地で働いていけたらと考えています。

— 教師のお仕事は大学を出てご自身で探される形になるのでしょうか?

幸い、一昨年ニュージーランドにいた時に知り合いが何人かできたので協力してもらえるかと思います。

— 人対人で繋がる関係性はやはり大事になってきますね。

そう思います。

インタビュー後記

インタビュー後記
ゆっくりとマイペースにIELTS対策をしつつ、その後の人生設計について見据えられるMさん。わからない単語リストを自作し、休日には付属のジムで汗を流すという日々。生徒一人一人に最適な留学の形を提供できるのもPINESの強みだと感じました。

時間をかけて身につけた英語がMさんのニュージーランド移住にとって大きな力となることはまちがいないでしょう。

PINESについて気になる方はこちらからご相談ください!
留学カウンセラーに相談してみる

インタビューと社会派コラムを担当するライターです。いろんな場所に行って、たくさんの人と話して、その声を代弁できる情報屋でありたいと思っています。個人ブログ(さぐりさぐり、めぐりめぐり)で紀行文・コラムも書いてます。 Phil Portal全員のメンバー紹介ページはこちら

SOUDAバナー

編集部からのおすすめ記事一覧