SOU:DA いってよかった全ての人に! Phil Portal フィリピン留学エージェント始めました。記事を見る
フィリピン留学

この記事を書いた人

日系の航空会社で客室乗務員をしていた小林さん。勤務する中で覚えた自身の英語の不確かさ。気になったら即行動で退職してすぐにフィリピンに渡航。

誰もが羨む憧れの職業を離れてスパルタ留学に励む中でなおも笑顔を絶やさずにいられる理由とは?

充実の留学生活と自身の今後のビジョンについてお伺いしました。

小林あずささん(24歳)
留学前は日系航空会社の客室乗務員として勤務。他国籍の乗客に応対ができない自らの英語力と教育・留学業界への興味をきっかけに退職後1週間でPINESチャピス校に留学。

留学先 PINES チャピス校
満足度
留学期間 2ヶ月
英語力 TOEIC770点

留学の価格やコースはエージェントサイトから
By フィルポータル編集部
留学費用やコースを調べてみる

PINESの留学生、そして学生インターンに

PINESの留学生、そして学生インターンに
— まずはじめに小林さんは今回何ヶ月間留学されていますか?

2ヶ月のTOEICコースです。その後も学生インターンという立場で半分学生を続けつつ、同時にPINESの日本人生徒をサポートするというスタッフのような立場をさせていただきます。

— 学生インターンはどれくらいの期間続けられるのでしょうか?

6ヶ月の予定です。

— 留学は今回が初めてですか?

いえ。実はフィリピン留学は3回目です。過去にセブとターラックで留学した経験があります。バギオは今回が初めてですね。

— ベテランですね。今回の留学では何か明確な目標など設定されていますか?

はい。TOEICで900点を取ることですね。

— 900点ですか?ものすごくハイスコアですね。ちなみに留学前はどのくらいのスコアでしたか?

770点です。留学期間の半分が経過しましたが模試などでは840点まで取れるようになってきました。

「留学に行こう、よし、辞めよう」

「留学に行こう、よし、辞めよう」
— 留学前から一定以上の英語力をお持ちだと思いますが、小林さんがなおも英語を学びたいと思った理由は何だったのでしょうか?

実はここに来る前に日系航空会社の客室乗務員として勤務していました。新卒1年2ヶ月という早さで退職しましたが、留学の理由は仕事の中で感じた自分の英語の不甲斐なさです。

私の場合は国内線がメインだったのでほとんど日本語での応対になりまして、皆さんがイメージされているほど英語は使っていませんでした。いや、ほとんど使っていませんでしたね。

それでも時々成田空港に就航する便では他国籍のお客様の応対をする機会がありました。その時にうまく応対できなくて…。

— 客室乗務員だったのですね。応対がうまくできなかったことが留学のきっかけになってたということでしょうか?

はい。TOEICのスコアは持っていましたが実際に話すとなるとほとんど使い物にならなかったですね。

— テストと実際に使う英語は違うと言いますものね。それでも客室乗務員という仕事を辞めることに抵抗はなかったですか?

よく聞かれますが私の場合は本当にあっさりでした。一度モヤモヤしたら、もういてもたってもいられなくなってしまって。退職した1週間後にはこちらに来ていました。

「留学に行こう。よし、辞めよう」という感じでした。

— すごい行動力ですね。

そうかもしれないですね笑。

— 過去に執着せずに、しっかりこの先を見据えられていて素晴らしいですね。

そうでしょうか笑。

今回の留学と学生インターンにはもう一つ動機があって、元々航空業界と並んで教育業界、特に留学・英語教育の世界にも興味があったので自分もスタッフ側になってその世界を覗いてみたいという想いもありました。フィリピン留学も2度経験していましたし。

確実に結果につながるスパルタ教育

確実に結果につながるスパルタ教育
— セブやターラックでも留学されたことがあって、3度目にバギオのPINESチャピス校に決められたことにはどんな経緯がありましたか?

お世話になっているエージェントに「スパルタな環境を探している」という旨を伝えたところピンポイントでこちらをおすすめされました。

— 2ヶ月という留学期間はどのように決められましたか?

はじめは3ヶ月という期間も考えましたが、性格的に集中力が続くか心配だったので2ヶ月にしました。今の感覚としてはもうちょっと学生としていてみたいとも思っています。

— PINESチャピス校の授業や先生の質についてこれまでの学校と比べていかがですか?

とにかくスパルタですね。求められることが多く毎日出される課題に必死です。でもその分TOEICの模試スコアなど目に見える結果が付いてくるので本当に来てよかったと思っています。

— ー留学中に個人的に持ってきた教材や工夫したことなどありますか?

FORESTとTOEICの単語帳を2冊持ってきました。しかし授業の予習復習でいっぱいいっぱいなのが現状です。先生を信頼しているので基本的には授業に関する勉強に集中しています。

— 留学前や留学中に何か後悔したことはありますか?これをしてくればよかったなと思うことなどあればお聞きしたいです。

完全にボキャブラリーです。
TOEICでは形容詞、副詞など知らない単語が次々と出てきます。そういった単語を時間を取って勉強していられる時間もないのでそこは後悔していますね。

留学生活の全てが英語を伸ばすチャンスにつながる

留学生活の全てが英語を伸ばすチャンスにつながる
— 生活面の話について伺いますが平日が外出禁止の中、休日はどのように過ごされていますか?

勉強していることも多いですが、日本人だけでなく台湾人やベトナム人の友達と出掛けたりもします。一緒に遊びに行ったり、ランチを食べに行ったりして。あとはパソコンで映画を観たりして過ごしていますね。英語の映画を観てリスニングの勉強しています。

— フィリピン留学では授業の中で文化の違いや社会問題についてディスカッションすることもあると思いますが、TOEICコースではそういったお話をする時間はありますか?

今はひたすら問題を解いて解いて、というのをメインで進めています。その分休み時間には極力先生に話しかけるようにしています。

— 授業以外の時間もチャンスを見つけては会話をされているのですね。素晴らしいです。話は変わりますが学校の食事面はいかがですか?

PINESの他には2校経験していますがここが1番美味しいです。メニューは同じですが昼と夜には日本人専用の辛くない料理コーナーができます。

自身の留学経験を活かして提供する側の世界を知る

自身の留学経験を活かして提供する側の世界を知る
— インターンをした後は何か「これをしよう」という予定はございますか?

実はまだ決めていません。まずはこの教育・留学業界に触れつつ今後の方針を決めていこうと思っています。

— 自身も「英語学習」と向き合われているからこそ、それをサポートする側、カリキュラムを考える側を知ることで新たな視点を得られそうですね。

その通りだと思います。今の生活もとても充実していますし、とにかく今はどこに行っても楽しめる気がしています。

インタビュー後記

インタビュー後記
驚きのバックグラウンドを持ちながらそれに執着することなく、常に「今」の自分に正直な小林さんからは一筋の陰りも見えませんでした。高い目標を持つ小林さんとスパルタのPINESチャピス校の相性はぴったりなのではないかと思いました。

「自分にとって大切なもの」を常に追い続ける姿勢が大切だということを強く思ったインタビューでした。

PINESについて気になる方はこちらからご相談ください!
留学カウンセラーに相談してみる

インタビューと社会派コラムを担当するライターです。いろんな場所に行って、たくさんの人と話して、その声を代弁できる情報屋でありたいと思っています。個人ブログ(さぐりさぐり、めぐりめぐり)で紀行文・コラムも書いてます。 Phil Portal全員のメンバー紹介ページはこちら

SOUDAバナー

編集部からのおすすめ記事一覧