SOU:DA いってよかった全ての人に! Phil Portal フィリピン留学エージェント始めました。記事を見る
英語学習

この記事を書いた人

ビジネス英語では肩書に要注意です。
海外のビジネスマンと名刺交換をした際に、役職名がわからずにうまく対応ができなかったことはありませんか?役職名や部署名がわからなければ、その後の関係構築も難しくなってしまいます。

実は違った部署に営業をしていた、決定権を持つスタッフを勘違いしていた、などの失敗がないように、肩書に関する単語をしっかりおさらいしておきましょう。

英語名刺を受け取ったら役職名をしっかり確認する

英語名刺を受け取ったら役職名をしっかり確認する
代表的な役職名はまずしっかり抑えておきましょう。特に、複数人と名刺の交換をした際は、権限を持つ人の役職名をしっかりチェックしておきましょう。役職名は会社によっても異なるため、最初にしっかりと聞いておくのが良いでしょう。

1. Chairperson 取締役会長
2. President 取締役社長
3. Executive vice president 副社長
4. Senior managing director 専務取締役
5. Managing director 常務取締役
6. Auditor 監査役
7. General manager 部長
8. Deputy general manager 次長 / 部長代理
9. Section Chief 課長
10. Branch Director 支店長
11. Branch Manager 店長
12. Secretary 秘書
13. Assistant アシスタント

英語名刺内の部署名は業務内容とセットで聞くこと

英語名刺内の部署名は業務内容とセットで聞くこと
部署名は業務内容と重なる事が多いです。そして、意味が広い一般的な単語が多く使われています。そのため、部署名と一緒に業務内容を尋ねて確認しておくといいでしょう。

14. Accounting 経理
15. General Affairs 総務
16. Sales 営業
17. Oversea Sales 海外営業
18. President’s office 社長室
19. Research & Development 研究開発
20. Human Resources 人事
21. Legal Affairs 法務
22. Information Systems 情報システム部
23. Public Relations 広報

ビジネス英会話TIPS:名刺交換後の会話は業務内容を中心に話すとGOOD

ビジネス英会話TIPS:名刺交換後の会話は業務内容を中心に話すとGOOD
相手の肩書や業務内容はまず最初に確認しておくのが大事です。最初に会った際に、いきなり本題に入るシチュエーションもありますが、まずは実際の業務内容などから会話を始めるとスムーズかと思います。

以上が、一般的な英語名刺の肩書き一覧となります。本当に基礎的な部分なのでしっかり抑えておきましょう。

南国の島をベースにクラウドソーシングで稼ぎながら海外をふらふらする平成生まれ。各種デザイン、ライティング、Webデザイン、Webサイト制作、翻訳等。

PINE限定10名 フィリピン留学

編集部からのおすすめ記事一覧