SOU:DA いってよかった全ての人に! Phil Portal フィリピン留学エージェント始めました。記事を見る
フィリピン留学

この記事を書いた人

今回はフィリピン・クラークにある、ネイティブ講師の授業が人気の語学学校『CIP』を取材してきました。

授業や宿泊施設、食事、立地など徹底的に調査してきました。CIPに興味がある方、クラークの学校に興味がある方、フィリピン留学に興味がある方はぜひご覧下さい。

伊藤光太

レポーター:伊藤 光太
セブ島に住んでるノマドライター。バックパックひとつでいろんな学校をガチンコ取材しています。
Twitter: @koutaitou

取材期間 1泊2日
英語力 TOEIC750点
満足度
ズバリ 半アメリカ留学

CIPの概要

CIPはフィリピン・クラークにある英語の語学学校です(クラークについては後ほど説明します)。ネイティブ講師の授業を多数提供していることと、国際色が豊かな点が人気の学校です。

参考までにIntensive Aコースの1ヶ月の料金を書いておきます。部屋によって料金が違います。

1人部屋 2人部屋A 2人部屋B 3人部屋
1ヶ月の金額 1970ドル 1790ドル 1740ドル 1650ドル

それでは、順番に見ていきましょう。

CIPの場所・立地

クラークの場所
CIPはフィリピンのクラークという都市の中に面しています。マニラからバスで3〜4時間程度です。

この学校では、マニラ空港から学校までピックアップ送迎してくれるので、移動に関して特に心配する必要はありません。空港で待っていればスタッフが迎えに来てくれます。

クラーク空港へは日本から便が飛んでいませんので、もしクラーク空港を利用したい場合は、韓国の仁川国際空港から来る必要があります。

 

クラーク・アンヘルス・SMモールの立地
また、クラークというのはクラーク空港がある周辺の地域の呼び名です。特別経済特区となっていて、タクシーやジプニーや関係者以外の車、不審者はエリアの中に入れないようになっています。

ですので、このエリア内に関しては治安は良いと言っていいと思います。ただ、となりのアンヘレスには渋谷や新宿のような繁華街がありますので、行く場合は注意が必要です。詳しくはこちらを参照して下さい。
フィリピンクラークの行き方・歴史・治安・留学情報をまとめました

CIPの寮・滞在環境

まずははじめにCIPの寮を見ていきましょう。

CIPの一人部屋の全景
こちらが1人部屋。小さめの部屋です。

 

CIPのベッド
ベットは掃除されててきれいでした。週に1度、専門スタッフが部屋を掃除して、シーツも交換してくれます。

 

CIPの二人部屋の全景
こちらは2人部屋。結構広めの部屋でした。

 

CIPのテレビ
どの部屋にも勉強机やテレビなど、必要な家具は全部設置されていました。

 

CIPの二人部屋からの眺め
窓からはプールが見えました。

 

CIPのスターターセットの袋
こちらは、入学したときに学校がプレゼントしてくれるスターターセット。

 

CIPのスターターセット
トイレットペーパーや飲み物などが入っていました。

 

CIPのエアコン
エアコンもついています。

 

CIPの冷蔵庫
冷蔵庫もありました。

 

CIPのトイレ全景
こちらがトイレ。日本と変わりません。

 

CIPの洗面台
一応洗面台も載せておきます。

 

CIPのシャワー
こちらはシャワー。ちゃんと温水が出ますのでご安心を。

ちなみに洗濯は週に3回頼むことができるそうです。月に12Kgまでは無料。別途で自由に使える無料の洗濯機もあるので、自分で洗うことも可能。

CIPの食事

CIPの食堂
次は食事について見ていきましょう。こちらがCIPの食堂です。

 

CIPの食堂
こちらが室内の写真。時間になると食事が並びます。

 

CIPの朝食
CIPでは、バイキング形式の食事が用意されています。

 

CIPの朝食
自分で好きなものを取っていきます。

 

CIPの朝食
こちらが今回滞在したときに提供された朝食です。おいしい。

 

IMG_0588
こちらが昼食。

 

IMG_1255
最後は夕食です。スタッフがよそってくれました。

 

IMG_1264
こんな感じでした。こちらも美味しかった。もちろん毎日違うメニューが提供されます。

近くでレストランを経営している韓国人が料理を監修して調理場のスタッフを指導しているそうです。留学料金に入っていて、このクオリティーなら大満足だと思います。

CIPの施設

CIP全景
続いて施設について見ていきましょう。こちらがCIPの外観です。

 

CIPの警備員
入り口には24時間警備員が常駐していて、生徒と先生とスタッフ以外は入れないようになっています。

 

CIP送迎バス
また、CIPには専用の送迎バスがあり、マニラ⇔クラークをピックアップ送迎してくれます。

 

CIPのオフィス
入り口の正面にオフィスがあります。

 

CIPデスク
こちらはサポートデスク。何かあった時はこちらで相談すればOK。日本人スタッフも在駐しています。

 

CIPのカフェ
こちらは敷地内にある売店兼カフェ。

 

CIPのカフェ
カウンターがあり、コーヒーなどを注文してくつろぐことができます。持ち帰りもできました。

 

CIPのカフェ
ペットボトルもたくさん売っていました。ちゃんと冷やしてあります。

 

CIPのカフェ
こちらにはお菓子や日用品なども販売されていました。学校の外に出なくても大丈夫そうです。

 

CIPの体育館
なんとCIPには大きな体育館もありました。生徒は自由に使うことができます。

 

CIPのプール
こちらはプール。ドミトリーの中庭みたいなところにあって、こちらも生徒は自由に使うことができます。

 

CIPの自習室
こちらは自習室。コンセント付きなので、パソコンやスマホを使いながら勉強できそうです。

 

CIPの歯科検診
あと、学校で定期的に歯科検診もしてくれます。歯医者さんが学校に来て診断してくれます。僕もついでに見てもらいましたが、問題ありませんでした。良かった。

本当に海外に長期滞在すると歯だけは怖いのでとても安心できるシステムです。

その他に外観等も撮影してきましたので、ご紹介します。

CIPの入り口 
こちらが学校の入り口周辺。

 

CIPのテレス
こちらはテラス席。机と椅子があって、気分展開に生徒たちが勉強していました。

 

IMG_0152
こちらがドミトリーの外観です。プールに直結していました。

 

IMG_9985
こちらが授業を行っている校舎。

 

IMG_9987
正面はこんな感じ。

 

IMG_9993
こちらはグループレッスンの部屋。

 

写真だけだと全体像がつかめないと思うので、学校が公開しているYoutube動画も載せておきます。こちらで全体の雰囲気を掴んで下さい。

CIPの授業

ここからは授業について見ていきます。まず、何と言ってもCIPの特徴はネイティブ講師の授業があることでしょう。この学校ではネイティブ講師のマンツーマンレッスンも用意しています。

CIPのマンツーマンレッスン

百聞は一見にしかずということで、僕が授業を受けた様子を動画で撮影してあります。実際の様子をご覧ください。

動画のように気さくな感じで緊張することなく、授業を受けることができました。また、ネイティブスピーカー相手だと自分の英語がこんなにも通じないものなのかとびっくりしました。動画でも分かるように何回言い直してもなかなか伝わらなかったりして、大変でした。

他のマンツーマンレッスンの教室も覗かせてもらいました。

CIPのマンツーマンレッスンの様子

CIPのマンツーマンレッスンの様子

CIPのマンツーマンレッスンの様子

CIPのマンツーマンレッスンの様子

CIPのマンツーマンレッスンの様子
生徒の目的別に様々な先生が授業を行っていました。

CIPのグループレッスン

CIPのグループレッスンの様子
グループレッスンも受けてきました。もちろんネイティブ講師。

 

CIPのグループレッスンの様子
今日の議題のプリントが渡されて、生徒と先生で議論していく授業でした。今回はスペースシャトルが墜落したときの記事でした。

 

CIPのグループレッスンの様子
先生『Do you know what the meaning of A-list?

 

CIPのグループレッスンの様子
生徒『I know! It is the list of Victim of this accident.

みたいな感じで、先生の質問に生徒が答えていきます。国際色が豊かなだけあって、グループクラスの生徒は全員国籍が違いました。それゆえ、授業では様々な意見が出てくるので非常に面白かったです。

CIPのオプションクラス

CIPのオプションクラス授業
また、CIPでは朝、夕方や休日に無料のオプションクラスを受講することができます。

 

CIPのオプションクラス授業
そのときによって、内容は様々。ビジネス対策だったり、HOWTOのレッスンだったり。

 

CIPのオプションクラス
やる気のある生徒はどんどん参加していました。がっつり英語力を伸ばしたい生徒にとっては嬉しいクラスだと思いました。

また、フィリピン人講師にそれぞれの学校からメッセージを頂きたいとお願いして動画撮影してきました。参考になると思うのでご覧下さい。

フィリピン人講師からCIPへの入学を考えている人へ

 

CIPの総評(口コミ・レビュー)

総評として韓国式経営のいいところが出ているという表現が一番良いと思います。食事、施設、授業など、全ての面がしっかりとしていて、安心できる学校でした。

そしてネイティブ講師のマンツーマンレッスンをフィリピンで受けられるというのも非常に大きなメリットだと思います。

コースによっては全部ネイティブ講師にする、なんてこともできます。そうなるともう欧米留学です。ただ場所がフィリピンっていうだけです。欧米の大学に行きたいとか、仕事したいと思っている人には最高の学校なんじゃないでしょうか。

そして娯楽・アクティビティがないと一瞬感じるかもしれませんが、ここの学校はクラーク空港の目の前です。

なので土日にタイやシンガポールなどの海外旅行に行くという究極のアクティビティができます。フィリピンに滞在するときには、2ヶ月以上だとビザ費用が少し高くなるのですが、安い航空券を見つければ、航空券代がビザ費用より安くなるという場合もあります。

ですので、一石二鳥の旅行になるみたいで、長期留学の生徒は土日で海外に行くこともあるようです。

全体的に非常に優秀な学校であることは間違いないと思います。

ただ、かなりの人気校ですので留学するには確認が必要です。半年前、遅くとも2ヶ月前には空室があるか確認したほうが良いと思います。

以上がCIPの全レビューとなります。有意義な留学ができることを願っています。

取材記事やインタビュー記事を主に担当しているライターです。動画コンテンツにも力をいれています。Phil Portal全員のメンバー紹介ページはこちら

PINE限定10名 GATEバナー02

編集部からのおすすめ記事一覧