SOU:DA いってよかった全ての人に! Phil Portal フィリピン留学エージェント始めました。記事を見る
グルメ

この記事を書いた人

引用元:AUTHENTIC FOOD QUEST

夜遊び前の腹ごしらえしたい方に朗報!

今回は「屋台のような店だと衛生的に心配だし…」、「フィリピン料理…。」という方でも安心して食事を楽しめるお手頃なフィリピン料理屋を紹介したいと思います。レチョンという豚の丸焼きが美味しいお店ですよ。

予算
シェアするとして1人あたり600ペソ (※約1,400円)

アクセス・場所

今回紹介するZubuchonは、セブで有名な夜遊びスポット「マンゴーストリート」にあるお店です。マンゴーストリートまでは、アヤラモールからタクシーで10分ほどです。

マンゴーストリートについては以下の記事をご覧ください。

セブ歴2年ちょい。僕がマンゴーストリートを解説しますよ
セブ島の夜遊びスポットといえばマンゴーストリートです。危ないから近づくなという声もありますが、どうせ海外のセブ島に来たのだから、一回くらいは行ってみてもいいと思います。ちなみに、週末に行くと大量の留学生を見かけます。ローカルな遊びは大切だと思いますが、遊びすぎて留学失敗…とはならないようにしましょう


Zubuchonは、ジュリアナなどのクラブが集まっているマンゴースクエアとは道を挟んで反対側の複合商業施設の一階にあり、赤い子豚の看板が目印のお店です。


引用元:zubuchon.com

実はZubuchonはセブシティに6店舗、マクタン島に3店舗の支店があり、セブ島ではメジャーなチェーン店なのであなたの滞在先の近くにもあるかもしれません。

マクタン国際空港にも支店があるので、この豚のロゴを見たことのある方もいるのではないでしょうか。

雰囲気


引用元:Trip advisor

冒頭でも触れましたがZubuchonは清潔感のあるお店で、モダンな雰囲気です。屋台のようなローカル色の強いお店を敬遠しがちな人でも、気持ちよく過ごせる店内です。

客層は地元民がほとんどでしたが、韓国人などの観光客も数組いました。

料理

Zubuchonでは豚肉を使った料理を中心に、フィリピン料理を味わうことができます。

フィリピン料理はバロットが有名であるからか、敬遠されがちですが(ぼくがそうだっただけかもしれませんが)いざ食べてみると意外と美味しいのです。

フィリピンは南国の割には極端に辛い味付けの料理が少なく、醤油を使った味付けのものや甘辛いものが多いため、比較的日本人にも受け入れやすい料理であると思います。

Zubuchonのメイン「レチョン」とは


引用元:Bayan Mall Blog

レチョンとは炭火でじっくりローストされた豚の丸焼きです。フィリピンではお祭りなどのお祝い事に食べられる伝統料理です。

豚の丸焼きということで、家庭で作るには手間もかかることから、現在では地元民もZubuchonなどのお店のレチョンを楽しむことが多いようです。

 


引用元:AUTHENTIC FOOD QUEST

CNNの人気グルメ番組の司会者でもあるAnthony Bourdainは、セブのレチョンを「Best Pig Ever! (今までで最高の豚料理だ!)」と評しており、その味は折り紙付きです。

レチョンについては以下の記事もご覧ください。
柔らかジューシー、皮はパリパリ!露店で食べるフィリピン伝統料理のレチョン

オススメ料理

今回は「夜遊び前の腹ごしらえ」ということで、男性向けのガッツリ系の料理を紹介していきます。


ZUBUCHON(レチョン)
※お値段はこのMedium Platter(3~4人前)で330ペソ(約760円)

主役のレチョンです。丸焼きではなく、食べやすいよう取り分けられた状態でサーブされます。

Anthonyが「キャンディーみたい」と表現したじっくり焼かれたパリパリの皮にジューシーな肉は、セブに来たからには必ず味わいたい料理です。もともと下味がつけられた状態でローストしてあるのでそのまま頂けます。

 


ZUBUCHON SISIG
※お値段は200ペソで約460円

SISIG(シシグ)はフィリピン料理の定番の一つで、細かく刻まれた豚肉やニンニクを醤油やお酢、唐辛子などで味付けして炒めた料理です。

Zubuchonのシシグは唐辛子が効いていて少しピリ辛で、濃い目に味付けされているのでビールとの相性抜群です。味付けを見てもわかると思いますが、シシグを頼んでおけばハズレはないでしょう。

 


引用元:Jin loves to eat

SLOW-COOKED ADOBO
※お値段は250ペソで約580円

ADOBO(アドボ)はフィリピンの家庭料理で、鶏や豚をお酢で漬け込んで醤油や砂糖で味付けした料理です。

Zubuchonのアドボはかたまりの豚バラを使用しており豚の角煮に近いので、日本人に受け入れやすい味であるかもしれません。

 


SIZZLING SQUID STUFFED WITH SISIG
※お値段は280ペソで約640円

グリルされたイカの中には先ほどのシシグが入っており、シーフードとシシグが楽しめてかなり優秀な一品です。

以上がZubuchonについてのまとめです。Zubuchonでしっかり力をつけて、マンゴーストリートの夜遊びに最高の状態で臨みましょう!

Zubuchonの基本情報

英語名 Zubuchon(ONE MANGO AVENUE)
住所 Gen. Maxilom Avenue, Cebu City
営業時間 月曜日-土曜日 10:00-23:00
日曜日 9:00-23:00
定休日 なし
電話番号 032-239-5697
WiFi環境 あり

 

21歳の宮城こうすけです。カナダのトロントで10ヶ月間のワーホリ後、セブ島で1ヶ月の語学留学をしてました。沖縄で大学生してます。

SOUDAバナー

編集部からのおすすめ記事一覧