SOU:DA いってよかった全ての人に! Phil Portal フィリピン留学エージェント始めました。記事を見る
グルメ

この記事を書いた人

IMG_0076

英太「なんか、今日寒いね」

学「台風が来てるらしいよ」

英太「だからか。セブで寒いっておかしいもんね」

学「なんか、温かいものでも食べに行く?」

というわけで今月グランドープンした、豚骨ラーメンがおいしいと噂の「優勝軒」へ行ってきました。

セブ島にある優勝軒の場所・行き方

優勝軒はセブ島の中心街からタクシーで15分ほどの「オークリッジビジネスパーク」の中にあります。タクシードライバーには「オークリッジ ビジネスパーク」と伝えてください。

スターバックス・ハンバーガーショップなどの飲食店、スーパーマーケットやオフィスビルなど集まった商業エリアがあり、その一画に店舗を構えています。

 

IMG_0089

IMG_0082
看板の右にある道を奥に進んでいくと左上の方に看板が見えてきます。

台風の影響により午前中は大雨でしたが、晴れた隙間を狙っていざ出陣。セブの混沌とした雰囲気を満喫しながら向かいました。

先月より加わったフィルポータルののカメラマンも「窓の外を眺めるだけで楽しい、毎日違う」と言っていました。また耳に意識を配ると、ラジオや無線(スタッフとの連絡用)の音声など、いろいろな音がごちゃ混ぜに聞こえてきます。

セブ島に進出した優勝軒の店内

IMG_0062

IMG_0059
店内に入って驚いたのは店員の多さです。「お客さんより多いんじゃないか」というほどの、有り余る店員たち。「いらっしゃいませー」のオーケストラ。

日本にも体育会系のラーメン屋さんはありますが、こちらの声の大きさはそれ以上でした。と思ったら、ちょうど交代のタイミングにお邪魔したようでした。

 

IMG_0065
座席はとても清潔でスマート。「シュッ」としている感じです。個人的にポイントが高かったのは、椅子の柔らかさ。

椅子が硬い場合、痩せている僕は座っているうちにお尻が痛くなることもあるのです(特につけ麺は茹で時間が通常のラーメンより長いため、お尻が痛くなりがち)。

でも優勝軒なら大丈夫!いつまでも待つことができます。「コンコン」「カチャカチャ」「ジューッ」という調理の音を楽しみながらラーメンを待ちました。

優勝軒のメニュー

IMG_0028
優勝軒のラーメンは豚骨ベース。塩・醤油・味噌・担々麺の他、「つけ麺」も食べられます。味玉のトッピングや餃子もあるあたりは日本のラーメン屋となんら変わりありません。

価格は320〜420ペソ(900円〜1200円)とやや日本より高めです。

優勝軒のラーメンを実食

IMG_0036_01

IMG_0033_01

IMG_0044_01

IMG_0058_01
味噌ラーメン、醤油ラーメン、つけ麺(豚骨・味玉トッピング)、唐揚げをいただきました。

豚骨ベースのスープはなかなか濃厚で、油が苦手は人は飲み干すのには勇気がいるレベルでした。とろっとしているだけあって、つけめんとの相性は抜群!味噌・醤油ラーメンも「うまい」としか言いようのない味。

英太「あ、つけ麺おいしい。味噌はどう?」

学「うまい…(泣)」

英太「泣くほど!? (笑)」

学「いやね、2012年に初めてセブに来たけど、当時はこんなのありえなかったんだよ。ここ最近のセブのラーメン店はマジでレベルが上がってる」

英太「なるほど。それで感動してるのね」

学「(サクッ)からあげもうまい…(泣)」

セブ島歴が長い人は涙が流れるかもしれません。
おいしい豚骨ラーメンが食べたい方はぜひ足を運んでみてください!

IMG_0075

優勝軒の基本情報

英語名 Yushoken Cebu
住所 Unit 3&4 Oakridge Business Park A.S Fortuna St., Banilad Mandate City, Cebu
営業時間 月曜〜日曜:11:00〜23:00

定休日 なし
電話番号 0323677017
WiFi環境 あり(遅い)
公式サイト Ramen Yushoken Cebu

放浪系フリーライター。引っ越しは年に4回くらい。日本ではゲストハウスに住み込みで働きながら執筆をして生計を立てていました。現在はセブ島でコンテンツライティングのお仕事をいただきながら編集と英語の勉強中。個人ブログ(放浪系フリーライターの日常)も書いています。味覚がハジケルほど旨みのある暮らしを追い求めています。 Phil Portal全員のメンバー紹介ページはこちら

ライター募集 ライター募集

編集部からのおすすめ記事一覧