SOU:DA いってよかった全ての人に! Phil Portal フィリピン留学エージェント始めました。記事を見る
グルメ

この記事を書いた人

本サイトでも度々取り上げているYolk Cafe。このカフェの雰囲気は、セブにある他のカフェ・レストランを凌駕するものがあります。Yolk Cafeの行き方とクロワッサン・キッシュのレビューは以下の記事をご覧ください。
「YOLK CAFE」で絶品クロワッサンとキッシュを食べてきた!

そんなYolk Cafeの商品の中でも際立つのがコーヒーです。何を隠そう、Yolk Cafeでは輸入モノのコーヒー豆も販売し、注文すれば目の前でドリップしてくれる「Speciality Coffee」というメニューがあるのです。

ということで、早速体験してきましたのでレポートします!

店内には本格的なコーヒー豆と器具の数々

Yolk coffee
入り口を抜け、奥のレジ前まで行けば今日提供できるコーヒー豆が並べられている。結構種類ある!

 

Yolk coffee 2
今日はこれにします!EL Sarvatore。イタリア産のコーヒー豆です。

 

Yolk coffee 4
ちなみにコーヒー豆も購入できますよ。かのブルーボトルコーヒーでも、「豆を挽いてから45秒以内にコーヒーを淹れる」というルールがあるそうです。本当に美味しいコーヒーは、淹れる直前で挽くに限りますね。

 

Yolk coffee 16
さて、最初に淹れる器具を選びます。左はAero Press、真ん中はハンドドリップのhario V60、そして右側はフレンチプレスです。
コーヒーを淹れるという行為は奥深いもので、コーヒーの味は淹れる器具により明確に味が変わります。今回は真ん中の「Hario V60」というハンドドリップの器具を選びました。

ドリップ開始

Yolk coffee 5
さて!ドドンとやって参りました、これが夢の「美味しいコーヒー淹れるセット」です。なんと目の前で淹れてくれるそうな。

 

Yolk coffee 15
本日のコーヒー豆。入れ物もオシャレ。

 

Yolk coffee 7
早速挽いてあるコーヒー豆をHario V60の中にいれ、お湯を注いでいきます。

 

Yolk coffee 9
ポタポタとコーヒーが抽出され滴るのを待ちます。関係ないですが、黒いコーヒーと赤いHario V60が絶妙でかわいい。

 

Yolk coffee 11
最後はコーヒーカップの上に移してフィニッシュ。こうすることで美味しくなるとかならないとか。

 

Yolk coffee 14
ザン!ちゃっかり頼んでいたチョコクロワッサンと一緒にいただきます!コーヒーといえばチョコクロワッサン、ここのオーナーさんもよく分かっていらっしゃいます。

Cafe Yolkはセブで最もおいしいコーヒーが賞味できるカフェ

頂いたコーヒーはとても香り高く、少し甘みのあるようなお味でした。今まで飲んでいたインスタントコーヒーとは明らかに一線を画すものでありました。

使用している器具も本格的なもので、特に今回使用したハンドドリップのHario V60はサードウェーブ・コーヒーの潮流で重用されているもの。この点だけでも、このお店がオーナーのこだわりの元、コーヒーを日々淹れていることがうかがえます。

様々な国で収穫されたコーヒー豆、3種類のコーヒー器具でいろんな組み合わせを楽しめます。お値段1杯250ペソとなかなかお高いですが、これだけ出す価値はあると僕は思いました。

たまには上質な生活体験をしてみたい!と思う方には、Yolk Cafeのコーヒーはおすすめです。一度是非足を運んでみてください!

セブ島の隠れ家カフェ「YOLK CAFE」で絶品クロワッサンとキッシュを食べてきた!
ちょっと一人になって落ち着きたい時、ゆっくりしたい時そんな時におすすめのYOLK CAFEに行ってきました。店員さんもフレンドリーで、wifiもサクサク。甘いものを食べながら、美味しいコーヒーを飲みながら作業や課題をするのにいかがでしょうか。

現地採用ブログ(元・ジャカルタ現地採用ブログ)「Keep Rockin'! BRO!」運営。ジャカルタ現地採用を経て、現在フィリピン・セブ島にてまた現地採用。海外就職する日本人の未来と、海外で生きるとはどういうことかを考えるだけの人生。これからは、日本人が海外に出て行く未来を創りたい。 Phil Portal全員のメンバー紹介ページはこちら

PINE限定10名 ライター募集

編集部からのおすすめ記事一覧