SOU:DA いってよかった全ての人に! Phil Portal フィリピン留学エージェント始めました。記事を見る
ビジネス

この記事を書いた人

セブ島のITパーク内にある『The TIDE Cebu』に行ってきました。
すばらしいコワーキングスペースでしたので、ご紹介します!
The TIDE Cebu – a coworking and entrepreneurship hub

The TIDE Cebuの場所

The TIDE Cebuの場所
セブ島のITパーク SKYRISE1に入っています。
セブ島で最も安全なITパーク内に立地しているので安心ですね。

The TIDE Cebuへ行くときの注意点

必ず身分証明書(パスポート)を持って行きましょう。
身分証がないと入れません。ぼくはパスポートを忘れたのですが、交渉したら、クレジットカードを預けることで入場できました。しかし、クレジットカードを預けるのは危ないですので、おすすめしません。

追記:2015年9月20日
受付で『TIDE』に行くと言えば、身分証なしで入れることが分かりました。

The TIDE Cebuの受付
受付はこんなかんじ。ここで身分証を出すと、IDがもらえます。

 

The TIDE Cebuの入り口
ITパーク SKYRISE1の7階にあります。

The TIDE Cebuの料金

1日利用 5日間 10日間 1ヶ月
自由席 500ペソ 2,000ペソ 3,000ペソ 4,000ペソ
固定席 5,500ペソ

1ヶ月契約すると、1日当たり133ペソ(370円)!安い!
カフェを利用するより断然お得ですね。

固定席の場合は荷物を置いておくことができます。
サブディスプレイを使う人は固定席が必須でしょう。
固定席で1ヶ月契約すると、1日当たり183ペソ(513円)です。

ミーティングスペースの利用料金

30分150ペソとなります。

ミーティングスペース1
写真右側のテーブルが使えます。

 

ミーティングスペース2
ディスプレイが大量にありますが、これは貸し出していないようです。

 

ミーティングスペース4
ミーティングルームは2つあります。上記写真のミーティングルームは普段は貸し出していないけど、使いたかったら相談してくださいとのこと。

The TIDE Cebuの雰囲気

The TIDE Cebuの雰囲気4
IT系の人が集まっているなぁという印象。個人的にはかな〜〜りお気に入り!

 

The TIDE Cebuの雰囲気1
入り口はこんなかんじ。水は無料です。

 

The TIDE Cebuの雰囲気2
かなり広々としています。100名くらいは収容できます。
2015年8月現在では、4割くらい埋まっています。

 

The TIDE Cebuの雰囲気9
奥のほうに進むとこんな感じ。ディスプレイ使ってる割合が多いですね。
ディスプレイを使いたい場合は各自で持ってきましょう。しかしディスプレイを席に置きっぱなしにしたい場合は、固定席を借りる必要があります。固定席の料金表は記事の下部に掲載しております。

 

The TIDE Cebuの雰囲気7
ホワイトボードもありました。

 

The TIDE Cebuの雰囲気8
ここで働いている人かな?

 

椅子もいいかんじ
椅子は、最高とは言えないですが、悪くはないです。

 

コンセントも完備
もちろんコンセントも完備

 

バランスボールもあります
バランスボールもありました。

The TIDE CebuのWiFi速度

wifi
爆速です。
Youtubeはもちろんサクサク。Skypeなどの通話も問題ありません。

The TIDE Cebuの営業時間・営業日は?

営業時間
正式には、月曜〜金曜の8:00〜20:00のようですが、毎日深夜12時くらいまで作業してる人が多いようです。社畜に最適ですね。あと、土曜日も正式にはオープンしていませんが、利用できるみたいです。

The TIDE Cebuの売上

気になったので、かなりざっくり計算してみました。

月額の利用料金(自由席) 4,000ペソ
月額の利用料金(固定席) 5,500ペソ
固定席の割合 70%
キャパシティ 100名
稼働率 40%

月間の売上: 202,000ペソ(565,600円)
ITパークに立地しており、高速回線も入っているので、大きくは儲かってなさそうな気がします。

※計算式
(40名 × 30% × 4,000ペソ) + (40名 × 70% × 5,500ペソ)
= 48,000 + 154,000
= 202,000ペソ(= 565,600円)

まとめ

フィリピンでスタートアップをしたい人には、かなりオススメのコワーキングスペースです。

すでに売上がたっている企業では、フィリピン進出のタイミングですぐにオフィスを借りる企業が多いです。しかし、そういった企業の失敗例を多く見てきました。

どういった失敗かというと、WiFiの遅さです。
セブ島は場所によってWiFiの速度に大きな差があります。ネット速度が遅い地域では、ネット回線に高額なお金を払っても効果がありません。そういった場所にオフィスを借りてしまうと、お金の無駄ですよね。

リスクヘッジのため、まずはコワーキングスペースで作業しつつ、現地の人脈をつくる。その後、ネット環境に問題のないオフィスを借りる、という方法はアリだと思います。

以上、The TIDE Cebuのレビューでした!

The TIDE Cebu – a coworking and entrepreneurship hub

フィルポータルを作りました※2016年10月まで運営管理していました。ITとセブ島とお酒を愛しています。新卒で海外就職(セブ島)して11ヶ月後に退職。今はフィリピンを拠点にゆるくフリーランスをしています。個人ブログではSEO・プログラミング情報を中心に発信しています。

SOUDAバナー

編集部からのおすすめ記事一覧