この記事を書いた人

ヴィラヌエバ樹さん

高校入学時からフィリピン留学に興味があったという20歳のヴィラヌエバさん。英語を習得して将来的にはアメリカで暮らしたいという想いからTALKへの留学を決意します。英語を学ぶために、今までとは違う自分を演じつつ工夫をした留学生活についてご紹介します。

ヴィラヌエバ 樹さん
予めフィリピン留学を見据え、高校卒業後は沖縄の米軍基地内にてアルバイトをする。将来は海外で暮らしたいということからバギオのTALKアカデミーに4ヶ月留学。

留学先 TALK Yangcoセンター
満足度

留学期間 4ヶ月
英語力 日常会話

高校入学時から計画していたフィリピン留学

高校入学時から計画していたフィリピン留学

— はじめに、留学前はどんなことをされていましたか?

高校卒業後に、大学に行かないで米軍基地内でアルバイトをしていました。飲食関係のレストランでキッチンやウェイターをしていましたね。

— 米軍基地内でアルバイトをされていたのですね。では今回TALKに留学された経緯をお聞かせください。

中学生の頃から海外で仕事したいな、と興味がありました。高校入学時ぐらいからフィリピン留学に興味があって調べていました。その時から留学しようと決めていたので、高校を卒業してアルバイトという道を選び、貯金していました。

また義父がフィリピン人なので、勉強するにはバギオが良いということを聞いていました。

— お父様はバギオ出身なのでしょうか?

出身ではありませんが、住んでいた経験があるそうです。そうした父の助言、価格面と日本人比率が少ないということでバギオに留学しようと決めました。強制的に英語を喋さなくてはいけない環境ではないと、自分の場合喋ってしまいそうなので。

また今回の留学の大きな目的として、父と英語でもっとコミュニケーションを取りたいというものもあります。

自己流を貫き、ベストスチューデントに

自己流を貫き、ベストスチューデントに

— なるほど。事前にお聞きしたのですが、TALKアカデミーで毎月選出されるベストスチューデントに選出されたそうですね。授業以外では1日どのくらい勉強されてますか?

授業後に3時間くらいです。あまりしていません。

— ハードな授業スケジュールの中、結構多いほうだと思います。勉強する際にはどんなことを心がけていますか?

授業以外では、あまり勉強しないようにしています。気分が乗らない時はしない、したいときにするというのが一番の工夫ですね。

— 無理に勉強しても…というスタンスですね。では、先生との関係はいかがですか?

先生はとてもフレンドリーですね。自分は4ヶ月の留学ですが、これまでに先生を変えたことはありません。

— とても良い関係を築かれているようですね。先生と外出されたりもしますか?

ありますね。他に仲の良い友人も誘って3名以上で出かけることが多いですね。

— そういった場では楽しみながら英語が使えそうですね。他にも個人的にどこかお気に入りのスポットはバギオにありますか?

はい。自分はよくナイトマーケットに出掛けています。ストリートフードが本当に安くて、美味しいです。フィリピン人しかいないような、あの雰囲気が好きなんです。

フレンドリーを演じ続けていたら…

フレンドリーを演じ続けていたら…

— では次に授業や学習面全体において工夫されていることを教えていただければと思います。

話している時にわからないことがあれば、それをノートにメモしてグラマーの授業で先生に聞くことにしています。その積み重ねで、やっと会話ができてきたかなと実感しています。

— 努力のたまものですね。フィリピン留学について迷っている方にアドバイスをするとしたらどんなことを伝えたいですか?

勉強よりも、せっかくフィリピンに来ているのだから、とにかく英語を使わないともったいないということです。そのためには友達をたくさん作ることが一番有効ですね。

— 勉強よりも英語を使うという意識や環境から変えていくほうが良い、ということですね。

そうですね。自分はすごくシャイで、ここに来るまではあまり喋ることは得意ではありませんでした。それでも、なるべく学校の皆とフレンドリーに接する。最初は演じてでも。そうすると英語を使う環境に慣れて、自然と友達、先生とも仲良くなれました。

— それでは最後の質問です。留学後の予定は何か考えられていますか?

まずは沖縄に帰って、基地内で英語を使いながら働くことを考えています。

— ー地元愛が強いですね。では、長期的な人生プランや夢はありますか?

海外で生活したいですね。アメリカで働きながら暮らすことが夢ですね。職種などはまだ漠然としていますが、将来的に叶えたいのでまずはお金を貯めます。

インタビュー後記

インタビュー後記

留学生活の中でご自身のパーソナリティをフレンドリーに設定して、自信がついたというお話がとても印象的でした。

学校側に全てを任せて定型に当てはめるのではなく、自分にあった方法を模索し、工夫していくことで大満足の留学生活を過ごすことができたのではないでしょうか?TALKアカデミーには様々な目的を持った生徒が集まり、皆高い意識を持って英語学習に励んでいます。英語に囲まれた環境を求めるのであれば検討必須の選択肢です。

インタビューと社会派コラムを担当するライターです。いろんな場所に行って、たくさんの人と話して、その声を代弁できる情報屋でありたいと思っています。個人ブログ(さぐりさぐり、めぐりめぐり)で紀行文・コラムも書いてます。 Phil Portal全員のメンバー紹介ページはこちら

ライター募集 SOUDAバナー

編集部からのおすすめ記事一覧