この記事を書いた人

ene

どうせ頑張るなら指標が欲しい。そんなとき最も身近な英語試験といえばやはりTOEICですよね。就活・転職に自信が欲しい!TOEICのスコアを大幅に上げられる学校を探している、そんな方におすすめするのがバギオのTALKアカデミーENEセンター。

平日外出禁止、毎日2時間の模試、さらには900点保証コースも?
TOEICスコアを求めるみなさんにTALK ENEセンターを存分にご紹介します。

案内人:山崎美沙さん
大学を休学してTALKアカデミーで学生マネージャーを務める。生徒と距離を取らないヒアリングで留学生活を手厚くサポートしている。

 

レポーター:岩辺智博(23歳)
インタビュー・コラムライター。フィリピン(セブ)、インドでそれぞれ1ヶ月語学留学の経験あり。

 

取材期間 1日
英語力 日常会話程度
満足度
ズバリ バギオのTOEIC訓練所

 

もくじ

『TALK』の概要・特徴

目的別で分かれた2つのキャンパス

TALKアカデミーはバギオ市内に2つのキャンパスを構えています。それぞれのキャンパスでは以下のように明確な別のコンセプトがあります。

キャンパス 対象 ルール 施設
Yangcoセンター スピーキング・英語の基礎能力を学びたい方 8:00~22:00はEOP(食事時間は除く) 寮・売店・食堂(決められた時間外でもオーダー可)・トレーニング設備・バスケットゴール
ENEセンター TOEIC、IELTS などテスト対策をしたい方(ESLコースもあり) テスト対策コースは月曜〜木曜外出禁止 寮・スーパー・屋台・卓球台

なんといってもTOEICに強い!

『TALK』の概要・特徴
驚異の900点保証コース(留学前にTOEIC700点以上必要)を持つTOEIC対策に最適なアカデミーです。毎日2時間のTOEIC模試を受けられるなど厳しい環境で毎日スコアを知ることで確実な得点アップを図ります。なおTOEICをはじめテスト対策のコースは全てENEセンターで担っています。

レベルシステム

概要
科目ごとにレベルが9から12段階に分けられているため、自分に合ったレベルで授業を受けることができます。

多彩な教材の組み合わせ

『TALK』の概要・特徴
TALKアカデミーではレベル分けテストで12段階に生徒を配置し、市販で購入可能なテキストを組み合わせ、一人一人に最適な教材を提供しています。

6コマのマンツーマンクラス

『TALK』の概要・特徴
ESLコースでは選択によって最大6時間のマンツーマン授業を受けられます。ENEセンターのテスト対策コースでは基本的に6時間マンツーマンクラスとなります。

ベストスチューデント、ベストティーチャー制度

『TALK』の概要・特徴
TALKアカデミーでは月に一度ベストスチューデントとベストティーチャーを各キャンパスそれぞれ1名ずつ選出しています。

 

『TALK』の概要・特徴
2016年度8月のベストスチューデントのイツキさん。4ヶ月間の留学で英語への抵抗がなくなり、コミュニケーションを自分から取れるようになったと語ってくださいました。

 

『TALK』の概要・特徴
同じく8月のベストティーチャーMac先生。ENEセンターでTOEICリスニングの授業を担当しています。ちなみに見ての通りとんでもなく男前で女子生徒に大人気だとか!

ちなみにこの制度の意図としては2つあるそうです。1つは生徒・先生に学ぶ意欲・指導する意欲を喚起し続けるため。2つ目はもちろんより良い環境を作って、より良い成果を生み出すためだそうです。これらは生徒、先生のアンケートによって決まっているそうです。

洗濯は毎日受付!

『TALK』の概要・特徴
フィリピン留学では2日に1度部屋ごとにまとめて洗濯モノを回収という流れが一般的です。しかし、TALKアカデミーでは両キャンパスとも一人一人に洗濯カゴが用意され、自分のタイミングで出すことが可能です。

「あまり荷物を持って行きたくない…」と最小限に荷物を抑えてきた方にとっては嬉しいサービスですね!

自己申請で部屋掃除の時間を決められる

『TALK』の概要・特徴
基本的に週3回お部屋の掃除も清掃スタッフが行っていますが、希望の時間を記入することで掃除をしてもらうことも可能です。

 

『TALK』の概要・特徴
その他にも授業の欠席やカリキュラムについての相談、室内設備の問題などについても専用の紙に用件を書くシステムになっています。

学校企画アクティビティ

学校企画アクティビティ

学校企画アクティビティ
週末には定期的に両キャンパスの生徒でサッカーの試合を行うこともあるそうです。これはキャンパスが2つあるTALKアカデミーならではですね!

また月に1回週末に孤児院でのボランティアや地域清掃のお手伝い活動などに参加することができます。授業以外にも積極的にフィリピンならではの活動に参加することでより多くの学びが得られるのではないでしょうか?

『ENEセンター』の概要・強み

毎日受けられるTOEIC模試

『ENEセンター』の概要・強み
夜には毎日2時間、本番形式のTOEIC模試が受けられます。日々自分のスコアを把握できるため

TOEIC対策訓練を受けた講師陣

『ENEセンター』の概要・強み
すべての講師が質の高い授業を提供できるよう、定期的に講師向けセミナーを開催しています。また2ヶ月に一度講師自身もTOEIC試験を受験することが義務付けられています。そのため点数アップのノウハウを熟知しています。

またIELTSコースも同じく高いレベルを備えた講師が担当します。

点数保証コース

ENEセンターにはTOEICの点数保証コースがあります。12週間で目標点数に届かなかった場合には、点数に到達するまでの間授業料なしで留学を続けることができます。(ただし、滞在費は生徒負担)目標スコアも800点と900点という自信満々な設定です。ちなみに学生マネージャー山崎さんによると2016年は期間内に目標スコアに到達しなかった生徒はいないそうです!

点数保証コースに挑戦するには留学前に以下の成績が必要です。

コース 必要スコア
800点保証コース 500点から
900点保証コース 700点から

1階がスーパーマーケットで便利!

『ENEセンター』の概要・強み
ENEセンター1階にはDACANAYスーパーマーケットがテナント入りしているため、小腹が空いた時や日用品が必要な時に非常に便利です。

ENEセンター生徒特徴

ENEセンター概要
上記表は2015年1年間のENEセンターTOEICコースを受講した生徒年齢比率です。37%を19~22歳、ついで28~31歳が19%、23~27歳が16%と大学生層、転職間社会人層が目立ちます。

 

ENEセンター概要
続いてこちらはTOEICコース受講生の留学期間の割合グラフです。こうしてみると1~2ヶ月の留学が75%を占めています。

上記の結果より、TALK ENEセンターの主な生徒層としては就活を控えた大学生や転職でキャリアアップを図る方々が短期間で集中してTOEICコースを受講していることがわかります。

こうした傾向から日本の長期休暇シーズンには日本人生徒の割合も増えますが、その分仲間と刺激しあって勉強に励むことができます。

場所・立地

場所・立地
TALK ENEセンターはマルコスハイウェイ沿いにあります。マルコスハイウェイは交通量が多いため、休日に出かける時にはジプニーやタクシーをつかまえやすく便利な立地です。教室や生徒の滞在するフロアは3階以上なので騒音も気になりません。

元々ホテルだったというENEセンターのフロアからは、晴れていればバギオの美しい景色が眺められます。

 

場所・立地
周辺には飲食店・マッサージ店などの複合店もあります。

 

場所・立地
徒歩5分でおなじみのセブンイレブンもあります。

 

場所・立地
PIZZA HUTも生徒に人気なのだとか。

宿泊施設・寮

宿泊施設・寮
6階建ての施設で3・4階が生徒の宿泊フロアになっています。それぞれのフロアにはこうして談話スペースがあります。

1人部屋

宿泊施設・寮
最初にご覧いただくのは一人部屋。元ホテルということもあってお洒落な床タイルや壁には絵画は数点掛かっています。勉強机や姿見は各部屋に備えられています。

2人部屋

宿泊施設・寮

宿泊施設・寮
こちらは2人部屋です。部屋によって色調が違うのでどんな色の部屋になるか楽しみですね。

 

宿泊施設・寮
一人一つ収納ケースも使えます。

3人部屋

宿泊施設・寮
こちらは3人部屋。圧倒的に広い部屋とトイレ・シャワールームが別なのが嬉しいですね。もちろん大きな姿見も付いています。

トイレ・シャワールーム

宿泊施設・寮

宿泊施設・寮

宿泊施設・寮
1人部屋、2人部屋では基本的にトイレ・シャワーは一室にありますが、3人部屋では別となっています。こちらも部屋ごとに装飾が違います。

学校施設

教室

学校施設

学校施設

学校施設
ENEセンターではESLコースの生徒を除いたすべての生徒が模試とマンツーマン形式の授業のみのカリキュラムとなっています。そのためほとんどがマンツーマン教室になります。

マネージャーオフィス

学校施設
韓国人センター長、ヘッドティーチャーをはじめ各国マネージャー陣やIT担当のスタッフが作業されているスペースです。生徒サポート機能もすべてこちらの空間で行われています。毎晩TOEIC模試が終わるとヘッドティーチャーが瞬く間に採点を行います。

 

学校施設
施設の不備やカリキュラム相談、授業の欠席などはオフィスのシートボックスで管理されています。

ランドリー

学校施設
洗濯物を出したいタイミングでランドリーに持って行けばいつでも洗濯してもらうことができます。

食堂

学校施設
建物2階が食堂フロアになっています。食事以外の時間には自習をする生徒の姿も見かけました。食事時には和気藹々とした空気の流れる食堂ですが、普段は広々として静かなためカフェのような勉強に最適な環境と言えます。

窓際には卓球台もあり先生と生徒が一緒になって盛り上がっている様子も見られました。

売店

学校施設
斜面沿いに建物が建っているため、4階には裏口があります。裏口を出ると小さな商店兼食堂があり、昼時には先生方が行列を作っています。

 

学校施設
この日のメニューは肉料理を中心としたいかにもフィリピンといった感じの風情でとても美味しそうです。これで50ペソ(約110円)なので是非一度お試しください!

食事

食事
ENEセンターの食事はYangcoセンターの献立と連動しています。ほとんどの語学学校でアルミの食器を採用しているのに対し、TALK ENEセンターではプレート型を使用しているところが特徴的です。

ちなみにENEセンターの方がYangcoセンターより日本人比率が高いので、辛さ控えめとなっています。

 

食事
真っ白なプレートでただでさえ評判の高い料理がさらに美味しそうに見えます。

朝食

食事

食事
朝は定番ハムエッグ!

 

食事
さっと食べられるメニューで1日を朝ごはんの前からすでに食堂で勉強に励む生徒も見かけました。

昼食

食事
ふわふわの白いご飯がおかわり自由です。

 

食事
見るからに食欲をそそる甘辛のお肉…

 

食事
パートナーは相性抜群の瑞々しいレタス!

 

食事
日々こんなメニューが食べられるのなら勉強だって頑張れますね。

 

食事
食後のバナナで栄養をとって午後からのクラスに備えます。

夕食

食事
お腹の空いた夜のメインメニューは肉豆腐。ひき肉をはじめ細かく刻んだ豆腐や野菜が絶妙です。日本人の口にもよく合う一品。

 

食事
デザートにはライチの山!フルーツの美味しいフィリピンならではの演出ですね!前に並んでいた台湾人生徒が山のようにお皿に取っていったのが印象的でした。

 

食事
ENEセンターでは夕食の後に単語テスト、TOEIC模試を控えているためしっかりと夕食をとることが高得点のカギと言っても過言ではありません!

コメント

食事
韓国人経営のアカデミーですがそこまで料理は韓国人向けといった印象を受けませんでした。ハードな留学生活なだけにフルーツや野菜などがたくさんとれるのはありがたいですね!

授業・講師

ENEセンターのカリキュラムはマンツーマンクラスを中心に組み立てられているため今回はTOEICリスニングとグラマーのクラスに参加させていただきました。

グラマークラス

授業・講師
基礎的なグラマークラスを担当していただいたのはJames先生。

 

授業・講師
親しみやすく、わからないことはどんどん聞ける雰囲気を作ってくれます。

TOEICリスニングクラス

授業・講師
TALKアカデミーの強みであるTOEICリスニングクラスを担当していただいたのはベストティーチャーとしてもご紹介させていただいたMac先生です。

 

授業・講師
もう一度言いますがとんでもなく男前です。詳しくは以下授業体験記事を御覧ください。

 

総評:就活・転職で英語力を証明したい方向け

総評:就活・転職で英語力を証明したい方向け
毎日2時間の模試とTOEICに特化したマンツーマンクラスのカリキュラム。夜遅くまで模試が行われ、とてもハードな生活ですが、みんなで頑張っているということが生徒間の関係も強くしているのだなという印象を受けました。

就活を控えた大学生、転職時に自分を証明できる指標が欲しい社会人の方に、短期間でスコアを伸ばすために最適な場だと感じました。

最後にENEセンターのAbby先生から読者の皆様にエールの言葉をいただきました。

インタビューと社会派コラムを担当するライターです。いろんな場所に行って、たくさんの人と話して、その声を代弁できる情報屋でありたいと思っています。個人ブログ(さぐりさぐり、めぐりめぐり)で紀行文・コラムも書いてます。 Phil Portal全員のメンバー紹介ページはこちら

ライター募集 GATEバナー

編集部からのおすすめ記事一覧