SOU:DA いってよかった全ての人に! Phil Portal フィリピン留学エージェント始めました。記事を見る
アクティビティ

この記事を書いた人

セブ市内から日帰りで行ける綺麗なビーチってどこ?今回はジンベエザメと一緒に泳げることで有名なオスロブから船でたった15分!のリゾートアイランド『スミロン島』への行き方とその魅力をご紹介します。

もくじ

『スミロン島』の場所

『スミロン島』の場所
『スミロン島』はセブ島南部のオスロブからすぐ近くの小島です。セブ市内からは約4時間半ほどで到着することができます。

セブシティから『スミロン島』への行き方

バスターミナルに行く 1.タクシーで「South Bus Terminal」に行く。
※オスロブでジンベエザメを見てからスミロン島に行く場合、ジンベエサメに会えるのは午前中のみ。遅くとも朝6時半にはセブシティを出ておきましょう。
オスロブ行きのバスに乗る 2.「BATO Oslob」と書かれたバスに乗り込む。
※バスは1時間に1本以上のペースで出ています。
※エアコン付き、なしのバスがあります(ありがおススメ)。
※エアコン付きバスの価格は約170ペソ(約408円※)
※エアコン付きは寒いので長袖があると重宝します。
※エアコンなしは窓全開で排気ガスがひどいのでマスクが重宝します。
※トイレ休憩はありません。バスに乗る前に必ずトイレを済ましておきましょう。
降りる場所を伝える 3.バスに乗り込む時、運転手・助手に降りる場所を伝える。
・下記方法1デイツアーを利用して最初からスミロン島に行く場合:
 「Sumilon blue water pier」(最初の停車場所)
・オスロブに先に行く場合:
 「Aaron resort」と伝えてください。
目的地でバスを降りる 4.運転手や助手が降りる場所を教えてくれます。
※セブシティからオスロブまで約4時間かかります。
船に乗ってスミロン島へ行く 5.下記「方法1」もしくは「方法2」でスミロン島へ入島する。
※船乗り場からスミロン島へは行き約15分、帰りは潮の関係で約25分かかります。

スミロン島に入る方法3つ

スミロン島への入島方法は難易度に応じて下記3通りあります。

方法1.自力でボートチャージし、安く済ます【難易度:高】

価格
  • 入場料:1人50ペソ(約120円※)
  • ボートチャーター代:片道一隻で約2,000ペソ(約4,800円※)
おススメ対象者
  • 複数人で行く人
  • 節約したい人
  • スミロン島入り口のビーチのみ楽しめばいい人
  • オスロブとセットで行くため時間がない人

注意点
・島の入り口近くのビーチのみでしか遊ぶことができません。
・現地でチャーター便の交渉をする必要があります。

難易度は高いですが、現地でボードチャージの交渉ができれば、お安くスミロン島を楽しめます。スミロン島で入場料だけ支払う、裏技的な行き方です。

方法2.島唯一のリゾート施設のデイツアーパッケージに参加する【難易度:中】

価格(1人分)
  • 平日1,500ペソ(約3,600円※)
  • 休日2,000ペソ(約4,800円※)
ツアーに含まれるもの
  • 島への往復ボート
  • ランチ
  • 施設利用(シャワー・プール・ビーチ)
  • アクティビティ(マスク&シュノーケリングセット、カヤック、魚への餌あげ、島散策)
おススメ対象者
  • 少人数で行く人
  • スミロン島全体を楽しみたい人
  • 1日全てスミロン島で過ごしたい人
  • 現地ボートチャーター交渉の自信がない人

スミロン島は「ブルーウォーター・スミロン・アイランド・リゾート」のプライベートアイランドです。自力で行く場合は、リゾート主催デイツアーに参加するのが一般的な方法です。

もちろんリゾートに宿泊する形でもスミロン島への入島が可能です。
デイツアーパッケージ詳細|Bluewater Sumilon Island Resort

ツアーの参加方法は下記2パターンあります

1.ツアーを事前予約する(空きがあれば当日船乗り場でも受け付けてもらえます)。
HPの自動予約機能は宿泊客用に作られています。デイツアーのみ利用する場合は電話かお問い合わせページから予約します。

・電話番号:(6332)318-3129 / (6332)318-9098 
・携帯の場合:(0917)631-7512 / (0999)885-8337
お問い合わせページ|Bluewater Sumilon Island Resort

2.ボートの時間に合わせて船乗り場へ行く。
リゾートの船が出る「Sumilon blue water pier」に行きます。バスであれば目の前で降ろしてもらえます。ジンベエサメが見れるスポット「Aaron resort」からは徒歩20分程度です。

ボートは1日のうち、行き・帰り各6本しかないので時間に余裕を持って行動してください。
ボートスケジュール|Bluewater Sumilon Island Resort

方法3.パッケージツアーに参加する【難易度:低】

めんどうな作業はすべてなくしたい!という方は、セブシティーからのパッケージツアーに参加するのが一番簡単です。時間も労力も無駄がなく、効率的に見所を楽しむことができます。

尚、フィルポータルでもオスロブとスミロン島を1日で回ることができるツアーをご用意しています。

『スミロン島』の全貌

『スミロン島』の場所・地図入場料だけで楽しめるのは入り口近く、浅瀬のビーチのみです。それ以外の場所はリゾート主催のデイツアーに参加、もしくは宿泊しないと入ることができません。

『スミロン島』のおすすめポイント4つ

スミロン島に行くべき理由は?たくさんの魅力があるんです!

1.透明度が素晴らしい!綺麗なビーチを楽しめる!

『スミロン島』に行くべきおすすめポイント4つ1
こんな綺麗なビーチがあなたを待っています。白い砂地とコバルトブルーのコントラストが眩しい!せっかくセブ島まで来たのですから、やっぱり綺麗なビーチで遊びたいですよね?

行く時間にもよりますが日本人は少なめ。欧米系の方にも人気のスポットなのでより外国感を感じます。

 

『スミロン島』に行くべきおすすめポイント4つ2
見てくださいこの透明度!底まで丸見えです。

 

『スミロン島』のおすすめポイント4つ
絵になる綺麗な写真、たくさん撮れますよ!

2.珍しい浅瀬ビーチで安心!泳げない人も楽しめる!

『スミロン島』に行くべきおすすめポイント4つ3
島の入り口近くのビーチは浅瀬が広がっています。ご覧の通り歩いて沖まで行けます。泳げない人も一緒に楽しめますね!

 

『スミロン島』に行くべきおすすめポイント4つ4
ただし、油断は禁物です。一気に深くなる境目には泳げない人は近づかないようにしましょう。上から見て白色の砂面が見えないコバルトブルー部分は深いです!

 

『スミロン島』に行くべきおすすめポイント4つ5
浅いからといって何があるかわかりません。遊泳は各自の責任で…。

3.行き帰りの船が超気持ちいい!海の風を楽しめる!

>『スミロン島』のおすすめポイント5つ6

『スミロン島』への行き帰りの船はとても気持ち良い!15分と短時間(※帰りは潮の関係で25分程度)なので飽きずにさらっと海の風を楽しむことができます。船酔いする人もこのくらいなら我慢できる?!

 

>『スミロン島』のおすすめポイント5つ7
陸から見る海と船から見る海は全くの別物。爽快感がたまりません。

 

>『スミロン島』のおすすめポイント5つ7
飛び込みを楽しむこともできるかも?!

 

 3.行き帰りの船が超気持ちいい!海の風を楽しめる!
あれがスミロン島だ〜!と島が近づくにつれてテンションがあがります。

 

 3.行き帰りの船が超気持ちいい!海の風を楽しめる!
復路も遊んで疲れた体に海風は気持ちいいですよ。

 

行き帰りの船が超気持ちいい!海の風を楽しめる!
船の乗り降りの際に100パーセントの確率で濡れますので、水着着用で行ってくださいね。濡れないためには写真のようにおんぶをしてもらわないといけません笑。

4.忙しいかもしれないですが…オスロブとセットでセブ市内から日帰りで楽しめる!

往復で8時間以上の移動時間ですが、日帰りが可能です。実際、オスロブとスミロン島セットの現地ツアーも沢山あります。

午前中にオスロブでジンベイザメと一緒に泳ぎ、午後はスミロン島を楽しむ。筆者も日帰りで行きましたが、充実感に大満足でした。

スミロン島の紹介は以上となります。とても素敵なプライベートアイランドですよね?スミロン島だけに行くのは少し遠い&手間がかかりすぎるかもしれませんが、オスロブに行くのであれば一緒にぜひ!

オスロブ&スミロン島に1日で行けるツアー

オスロブ&スミロン島に1日で行けるツアー

フィルポータルではオスロブとスミロン島がセットになったツアーをご用意しております。自力だと荷物の管理やちょっとした移動など色々と大変なフィリピン。初めての海外で不安、英語が話せないからガイドが欲しいという方はぜひご検討ください。

ツアーに申し込む

オスロブ&スミロン島ツアーのスケジュール

5:30〜 滞在先に車にてお出迎え
5:45〜 出発
7:30〜 朝ごはん(ご希望に応じて)
10:00 オスロブ到着
10:10〜 オリエンテーション、着替え
10:45〜 ホエールシャークウォッチング
11:45〜 自由時間
13:30〜 オスロブ出発
13:45〜 スミロン島到着
15:00〜 スミロン島出発
19:30 セブシティ到着予定時間 : マクタンに滞在している方は約21:00ホテル着
※帰りは込み状況により予定時間をすぎる場合があります。

オスロブ&スミロン島ツアーの料金

人数 通訳なし 通訳あり
2名 23,000ペソ(お1人様当たり11,500ペソ) 28,000ペソ(お1人様当たり14,000ペソ)
3名 29,000ペソ(お1人様当たり9,667ペソ) 34,000ペソ(お1人様当たり11,333ペソ)
4名 33,000ペソ(お1人様当たり8,250ペソ) 38,000ペソ(お1人様当たり9,500ペソ)
5名 37,500ペソ(お1人様当たり7,500ペソ) 42,500ペソ(お1人様当たり8,500ペソ)

持ち物

  • 水着(着てきた方がベター)
  • 日焼け止め(ジンベイザメ鑑賞中は使用不可)
  • タオル
  • 着替え
  • カメラ(できれば水中)
  • USB or SDカード
  • ゴーグル(オスロブでは貸し出しがあります。スミロン島で必要な方はご持参ください。)

水中カメラを持って行きましょう
水中カメラがあれば、ジンベイザメと泳ぎながら写真を撮れます。
持っていない方は、550ペソでレンタル可能です。もしくは、フィリピン人施設スタッフが撮影してくれます。撮影時には潜るので、少しだけ頭を海に押し込まれるので注意してください。写真は、帰りにデータとしてもらえるので、USBやSDカードを持って行きましょう。

注意事項

  • お支払い方法
  • 現金にて現地でお支払い。ウォーターフロントホテルセブシティのロビーでコンダクターに直接お支払い下さい。

  • 参加資格
  • 6歳以上の健康で両手足が自由に使える方

  • ツアー実施条件
  • 2名以上の参加者がいる場合のみ

  • オスロブ入場料は現地で別途かかります
  • お一人様1,000ペソ

ツアー料金に含まれるもの

  • ランチ
  • 移動中の飲み物
  • シュノーケリングセット(オスロブ島のみ)
  • エントランス料(スミロン島)
  • 移動、送迎費(バス または バン)

ツアーのコンダクター

佐藤「セブ島のレンタカー会社、マンゾクレンタカー代表。2008年にセブ島へ移住。一時期はフィリピン人と同じ給料で働きつつ、ローカル生活をしていました。その過程で、ビサヤ語を独学でマスター。その後は、日本語教師、コールセンター、通訳業を経て、退職後にマンゾクレンタカーを設立。」

フィリピン水準の賃金で働く日本人が、セブで起業するまでの物語

お出迎えの様子

お出迎えの様子
日本語通訳として、セブ歴7年の佐藤さんが迎えに来てくれます。

ご希望に応じてマクドナルドかジョリビーに寄ります

朝ごはん01
朝ごはん02
泳ぐ前に小腹を満たしておきましょう。

ツアー内容のオスロブ部分に関しては下記記事をご覧ください。

オスロブでのホエールシャークウォッチングと一緒にスミロン島も楽しめる一石二鳥なツアーです。ツアーであれば1日で効率良く回ることができて安心!

ぜひ一度ご体験ください!

ツアーに申し込む

猫と映画をこよなく愛する埼玉人。会社を辞めて、気がついたらセブ島で生きていました。最近の悩みは街中の猫を気軽に触れないことと、マンゴー食べ過ぎて更に太ったことです。ライター兼Webマーケター兼フィルポータル料理人目指してます。

SOUDAバナー

編集部からのおすすめ記事一覧