SOU:DA いってよかった全ての人に! Phil Portal フィリピン留学エージェント始めました。記事を見る
フィリピン留学

この記事を書いた人

SSPは(Special Study Permit)の略称で「特別就学許可証」といいます(学生ビザとは別物です)。外国人がフィリピン国内で勉強をする際に、取得を義務付けられています。フィリピン移民局より、認定された語学学校の生徒へ発行されます。

有効期限は発行より半年間ですが、転校する場合は期間内であっても再取得する必要があります。また半年を超える留学をする場合も同様です。

近年、フィリピン留学の人気が高まりセブ島では語学学校が増えてきました。なかには不認可の学校もあり、SSPの取得をしない場合もありますので一度問い合わせることをオススメ致します。

SSPと学生ビザとの違い

フィリピン留学の場合、観光ビザでの滞在で「特別に就学許可を得る」ためにSSPを取得します。学生ビザの申請が必要なのは、フィリピンの大学や大学院へ就学する場合です。

SSPの対象者

SSPの対象者
フィリピン国内で「観光ビザで滞在しながら留学をする外国人」が対象となります。事前に日本で留学ビザを取得していない場合、申請をしなければなりません。

私たちはフィリピン政府にとって「よそもの」です。例えばお家に知らない人が入ってきたら「あなたは一体どこの誰 !?」となりますよね。相手に納得してもらうには、身分を証明する必要があります。

そのために取得するのがSSPです。私はフィリピンに、何かしら(ほとんどの人は英語でしょう)を勉強しに来た者ですよという身分を証明するためにSSPを発行してもらいます。

SSPを持っていればフィリピン政府は安心して「どうぞ、存分にお勉強なさってください」と言えるわけです。

SSPの申請方法

SSPの申請方法
留学先の学校にて、代行申請をしてもらいます(詳しい申請方法については学校ごとの案内に従って下さい)。

移民局(イミグレーションオフィス)というビザを発給している機関で取得できます。フィリピン・セブ島の場合「Jセンターモール」というショッピングモールの内の2階にあります。

SSPの費用

SSPの費用
SSPの申請費用は概ね6000〜6800ペソで、日本円にすると約14,000〜16,000円です(2016年06月時点)。

※上記の金額には語学学校の申請手数料等が含まれています。
※学校によって、申請費用を学費に含む場合と含まない場合がありますのでご注意下さい。

含まない場合は、現地到着後に別途支払いが必要になります。
出展:Special Study Permit

ACR-Iカードとの違い

ACR-Iカードとの違い
SSPとACR-Iカードの違いは「何を許可するものなのか?」という点です。

SSP「特別就学許可証」
フィリピン国内で学校に通うことを許可するもの

ACR-I カード「外国人登録証」
フィリピン国内での59日を超える滞在を許可するもの

といった具合です。フィリピンに観光目的で長期滞在をする場合は、SSPの申請をする必要はありません。
関連:【5分で読める】ACR-Iカードってフィリピン留学に絶対いるの?

個人でも取得できる?

フィリピン留学の場合、個人での取得はできません。

海外で勉強するためには、滞在許可や就学許可など、日本では意識していなかったものが数多く登場します。海外に不慣れな方にもわかりやすい情報発信を心がけていきますので、今後もよろしくお願いいたします。

放浪系フリーライター。引っ越しは年に4回くらい。日本ではゲストハウスに住み込みで働きながら執筆をして生計を立てていました。現在はセブ島でコンテンツライティングのお仕事をいただきながら編集と英語の勉強中。個人ブログ(放浪系フリーライターの日常)も書いています。味覚がハジケルほど旨みのある暮らしを追い求めています。 Phil Portal全員のメンバー紹介ページはこちら

PINE限定10名 GATEバナー

編集部からのおすすめ記事一覧