SOU:DA いってよかった全ての人に! Phil Portal フィリピン留学エージェント始めました。記事を見る
ローカル

この記事を書いた人

(タクシーの中)

岩辺

金子「渋滞やばい…先輩との待ち合わせ時間に遅れる…電話したいのに、Wi-fiないからLINEが使えない!どうしよう!!!」

 

こんなときi-PhoneにSIMロックかかってなかったら。そう、海外に来て立ちはだかる問題…

「SIMロックのせいで3Gを使えない」

これを知り、i-Phone6以前の機種を使えないことに気づく旅行者・留学生は多いと思います。筆者もまさにフィリピン渡航後それに気付き、i-Phone6とフィリピン用携帯の二刀流を約9ヶ月続けましたが、ついにマニラでSIMロック解除を行いました。

今回は、そんなSIMロックの解除方法についてまとめていきます。

i-Phone6,6Plus以前のSIMロック

i-Phone6, 6 Plus以前のSIMロック
日本の場合は、キャリア(Docomo, au, Softbank)を介して購入したi-PhoneにはSIMロックがかかっていて、契約が終わった後でもAppleストアや各キャリアのお店で解除することはできません。

2015年5月1日以降に発売した端末(i-Phone6S,6S Plus以降) はSIMロックがかかっていません。そのため、SIMカード自体を入れ替えれば、その国の番号が割り振られ、すぐに使えるようになります。

SIMロックがかかっている理由

まず、何でSIMロックなんてかけるのでしょうか?

簡単に言うと、各キャリアが、通信料を払ってもらう顧客を他に流さないためです。SIMロックをかけていることで自社のサービスのみ利用してもらえる形になります。 他社乗換えで端末代金割引や無料にまでしているのに、通信料まで流れたら、キャリアはもちろん損しますよね。

ただ、消費者としては端末と通信が分かれていることで、より自由なサービスを利用することができます。もちろん、海外の通信サービスも。そこで、通信サービスがより自由に、また、競争激化するように、総務省が端末のSIMフリー化を発表した。というような流れです。

ということでそろそろ本題!どこでSIMロックを解除できるのか、を紹介していきます。

マニラのStar Mallまでの行き方

今回、SIMロック解除を行ったのは、メトロマニラのMandaluyong、Shaw Blvd駅隣にあるStar Mallというところです。マニラ空港からShaw Blvd駅までの行き方は以下記事をご覧ください。

【徹底解説】マニラ空港ターミナル3からMRTを使う方法

マニラのStar Mallまでの行き方
駅を出て左に進んで行くと階段があるので、そこを降りるとすぐにStar Mallの入り口があります。

 

マニラのStar Mallまでの行き方
荷物検査を済ませたら、早速左に進んでいきましょう。

 

マニラのStar Mallまでの行き方

マニラのStar Mallまでの行き方

マニラのStar Mallまでの行き方

マニラのStar Mallまでの行き方

マニラのStar Mallまでの行き方
左側に携帯のパーツショップが立ち並んでいるところがあります。そこの何店舗かに”OPEN LINE”と書かれているので、基本的にはどの店舗でもシムロック解除が可能です。
※SIMフリーと言っても通じない場合は、OPEN LINEと言ってみましょう。

早速解除してみた

早速解除してみた
今回は、気さくなエンジニアさんたちのいる店に。右はフィリピン人スタッフではなく、筆者です。

以前、フィリピン・バギオでSIMロック解除にトライしたときには「1,800ペソ(約4,100円)かかる」、さらに「SIMフリーではなくフィリピン限定でしか使えない」と言われました。不安を抱えながら今回も値段を聞いてみることに…。

金子

金子「SIMロックの解除っていくら?」

エンジニア

エンジニア「700ペソ(約1,600円)だよ」

金子

金子「え!!時間はどのくらいかかりそうかな?」

エンジニア

エンジニア「10分さ!」

 

安い!速い!けどちょっと心配…。

 

金子

金子「ねえ、本当にその条件で大丈夫なの?」

エンジニア

エンジニア「おい兄ちゃん、よく聞くんだ。ここ、マニラだぞ

 

よくわかりませんが、 説得力があったのでお願いすることにしました。

 

早速解除してみた
待つこと約10分。
SIMフリーになったi-Phone6が返ってきました。電話番号が割り振られ、電波には3Gの表示、LINE、メッセージ、電話、インターネットも問題なし。

今回の修理を見ていると、専用の”ゲタ”(SIMカード挿入部分に入れるチップのようなもの)を使用しているだけで、特に内部には触れていませんでした。他のSIMカードを使う際は、頻繁に交換しなければ問題はないとのことです。

その後1ヶ月使用してみて

電話、メッセージ、アプリ、インターネット等の機能は通常通り機能しています。ただ、電池の消耗が早くなったことと、残量20%を下回った時に電源が切れる場合があります。

フィリピンで新しいスマホを買うことも考えていましたが、そうなると安いものでも最低約4,000〜7,000ペソ(9,200円〜16,000円)するので、10,000円くらい節約になりました。

※端末自体へのダメージもあるので、する場合には自己責任で!

バギオの語学学校WALESでマネージャーを務める。ごく普通の大学生活、サラリーマンを経験したが、「英語喋れたらカッコイイ」にはじまり、現在はフィリピンで英語を使いながら仕事をしている。人生は「やるか、やらないか」。何事にも体当たりで挑戦しながら経験し、学ぶことが信念。FacebookInstagram

PINE限定10名 GATEバナー

編集部からのおすすめ記事一覧