SOU:DA いってよかった全ての人に! Phil Portal フィリピン留学エージェント始めました。記事を見る
ローカル

この記事を書いた人

【ワークショップ】バギオで日本人が教える書道教室に参加して来た

皆さんこんにちは。

フィルポータルでは「自分なりのツールで世界とつながる」をテーマに据え、これまでにも留学生に限らずフィリピンで活動をされている日本人に、スポットライトを当ててきました。

今回は語学留学とインターンに情熱を傾けつつ、現地の人々と交流するために特技を活かしたワークショップを開催した女性の話です。

自分なりのツールで世界とつながる

それぞれ胸に秘める想いの違いはあれど、自ら一歩を踏み出して海を渡られた留学生の方々は、すでに計画し行動する力を兼ね備えられていることでしょう。

では、現地にてさらにもう一歩踏み出すことを考えてみたことがありますか?

せっかくの新しい土地、人、時間。(人が変わる三大要素とされる)その時の自分やその場所でしかできない経験、学びをクリエイトするチャンスです。

と、いうことで!

自らの意思でもう一歩を踏んだ事例として、環境NGO団体CGNインターン中の吉村さんによるフィリピン人に向けた書道ワークショップの様子を取材してきました。

ワークショップとは

ファシリテーターと呼ばれる司会進行役を中心に、参加者が作業や発言を行いながら学びや創造に取り組む体験型講座を指します。

ファシリテーター

吉村瞭さん
立教大学3年生。現在は大学を1年休学し、バギオを中心に活動する環境NGO団体CGNにインターン。語学学校PINESで英語を学びつつ、週末にはインターンとして活動している。

 

開催場所
環境NGO団体CGNの協力の下オープンし「親子で滞在できる空間」をコンセプトに滞在者はもちろん、語学留学中の生徒や、現地の方々の交流の場として大きな役割を果たしているTALAゲストハウスが今回の会場です。

もっとワクワクしよう!バギオの旅はTALAゲストハウスからはじまる

吉村さんの新たな挑戦、書道教室スタート!

吉村さんの新たな挑戦、書道教室スタート!
まずは、吉村さんが日本の書道の歴史を大まかに説明。書道は中国から漢字が伝来したのち、時間をおいて仏教の流布と共に広まっていったとされています。語学学校で学習中の英語での説明でしたが、参加者にしっかりと伝わっていました。

仏教や仏教に派生した意識や感覚は、あまりにも「当たり前」として日本人の生活の中に埋没していることも多く、普段は意識しないことですが解像度を上げて日常をみると実に様々なところに影響しています。

例えば、食前の「いただきます」

命をいただくことに感謝するという仏教の教えに由来する説がありますが、現代ではその他にも料理人への感謝、マナーなど解釈はあまりに広く、意識して使う人は少ないのではないでしょうか。

余談もここまでくれば清々しいですね。酸素に目を凝らすかのような、実用性の一切を振り払った私の脳内は置き去りにして、書道レポートに戻ります。

 

吉村さんの新たな挑戦、書道教室スタート!
次に参加者全員で書道とは何かを話し合いました。
参加者からは、「書き順を学ぶこと」や「日本語を書くための方法」など様々な意見が飛び交います。

ちなみにファシリテーター吉村さんの考える書道は以下の通り。

  • The Art of Writing Japanese Characters Using Brush
  • Unity of Spirit
  • Develops Our Concentration

翻訳は読者の皆さんの詩的な表現にお任せします。

…読めますよ笑。

第1回の記念すべき文字に選ばれたのは「命」

第1回の記念すべき文字に選ばれたのは「命」
かき始める前に筆の持ち方や書き順をレクチャーし、吉村さん自ら実践を披露します。参加者の予想以上の真剣な眼差しに、吉村さんも思わず緊張。「ナーバス」を700回くらい連呼していました。

 

第1回の記念すべき文字に選ばれたのは「命」
いよいよ実践。
半紙の調達が困難なこともあり、清書以外はマニラペーパーでの練習になりましたが、前職の関係でほんの少し紙の知識があるので意外なクオリティにひとり驚きました。

 

第1回の記念すべき文字に選ばれたのは「命」
皆さん本当に真剣ムード。

 

第1回の記念すべき文字に選ばれたのは「命」
真剣すぎて紙が足りなくなり、下敷きの新聞で練習する人続出。下敷きなくなるからダメって言っても聞いてくれません笑。

2文字目は各自が好きなものをチョイス

2文字目は各自が好きなものをチョイス
2文字目は、吉村さんがあらかじめ用意した「海」「風」「幸」「友」「空」「森」「松」の漢字の中から各自好きなものをチョイスします。この並びで「松」があるのは、バギオにとても多くみられ象徴的な木として親しまれているからです。

 

2文字目は各自が好きなものをチョイス
皆さん2枚目にもかかわらず、集中力が落ちない。そして上手い。
筆使いや文字から非常に慣れているのが伝わってきて、参加者のみなさんが書道初体験ということに疑いが…笑。

 

2文字目は各自が好きなものをチョイス
私も海を選んで挑戦しました。
後ろの偉いっぽいおじさんの嘘くさい笑みとの見事なハーモニー。

約2時間にわたる実践を終え、昼食へ

約2時間にわたる実践を終え、昼食へ
2文字目の清書が終わり、作品が乾くまで隣接するCafe YAGAMで昼食です。

 

約2時間にわたる実践を終え、昼食へ
「書道初めてじゃない説」は昼食の聞き込みで解決。今回のワークショップはバギオで絵画等の芸術関係を生業にしている方や学生が多く参加していたのでした。
日本以上に海外の方は書道を神秘的で洗練されたアートとして認知しているようです。

 

約2時間にわたる実践を終え、昼食へ
昼食を終えTALAに戻り、輪になってコーヒーを飲みながら文字を選んだ理由を一人ずつ語らい、最後に記念撮影。

以上がワークショップの全貌です。

まとめ:留学+αでオリジナルの留学と成長を

吉村さんの挑戦、いかがでしたか。
初対面の方々が吉村さんの企画した「場」を通じて国籍、職業、立場を越えて仲良くなっていて、素敵な空間でした。吉村さんにとっても1つの成功体験として、また、実践的な英語学習として価値のある挑戦にみえました。

あくまで英語学習が目的にあり、観光や遊びではない留学。
英語に対する想いや努力は、掲載させていただいているインタビューや各学校の姿勢を通じて強く感じていて、我々のモチベーションや自戒にも繋がっています。

しかし、語学はどの局面においても、意思疎通や読み書きのツールでしか無いような気がしています。その根底にある伝えたい想いや経験、価値観を深めるのは語学そのものではありません。

異国での遊びや、交流、未知への挑戦は根底へのよき肥料になることを、自身も転職しフィリピンで新たな挑戦をする中で日々、感じています。

学生時代から関わりのあるフィリピンにて、肩書きのない個人として様々なことに挑戦する中で、このフィルポータルでも企画編集執筆に携わらせてもらっています。旅と自然と言葉とバスケが好きで福岡→京都→東京を経て、フィリピンに流れ着きました。水のような風のような人生です。「何か一緒にしたいな」というご依頼も、お待ちしておりますので何でもご相談ください。Twitter

SOUDAバナー

編集部からのおすすめ記事一覧