SOU:DA いってよかった全ての人に! Phil Portal フィリピン留学エージェント始めました。記事を見る
フィリピン留学

この記事を書いた人

PINESで学生を経て学生インターンとして過ごされる休学中の加藤さん。将来的にはアジアを股にかけてグローバルな場で働きたいという加藤さんはなんと同時に「韓国語も学びたい」という理由で来られたのだとか。

斬新な視点で独自の付加価値をフィリピン留学に加えていく加藤さんの留学生活について詳しく伺いました。ご覧ください。

加藤望さん(21歳)
大学を休学してPINES留学、その後学生インターンとして学生を続ける傍ら生徒サポートの業務もこなす。日韓でIT企業にインターンするなどIT企業に就職希望。現在韓国語も習得中。

留学先 PINES クイサン校
満足度
留学期間 4週間(その後学生インターンを4ヶ月)
英語力 TOEIC700点

英語を活かしてIT企業に就職したい

英語を活かしてIT企業に就職したい
— 加藤さん、本日はインタビューよろしくお願いします。まずはじめに加藤さんの今回の留学期間を教えていただけますか?

はい。私の場合少し特殊ですが、通常の留学生として1ヶ月。その後現在は学生インターンという半分学生・半分学校スタッフとして過ごしています。こちらは4ヶ月間です。

— なるほど。順に伺っていきますが加藤さんは日本では何をされていましたか?

大学で英語を使って討論するサークルに入っていました。現在は休学して来ています。

— 休学されてきているのですね。加藤さんが英語を学ぶ理由をお伺いします。

元々英語は好きでしたが今回の留学の理由としまして将来的にグローバルな仕事をしたいという目標のためです。私はこの後復学すると4年生になるので就職活動が始まります。

そのためTOEICのスコアも850点まで上げたいと思っています。

— なるほど。ちなみに現在のスコアはどれくらいですか?

今は700点ほどですが、これは大学入試の時の貯金のようなものなので実際に入学前にはもう少し下がっていた状態だったと思います。

— ではどういった職業に就かれたいなどイメージはお持ちですか?

直近ではIT企業に就職したいと考えています。漠然とですが、今後必要になるということを感じています。ITの知識に関しては英語がわかると理解できる領域も広がると思っているので、その意味でも英語は今身につけておきたいです。

フィリピン留学で韓国語も学ぶ

フィリピン留学で韓国語も学ぶ
— 詳しく業界や時勢を研究されていらっしゃいますね。

いえいえ。過去に日本や韓国のIT企業でインターンをしていたこともあったので。

— 韓国でインターンですか?

はい。実を言うと今回PINESで留学しようと決めた理由の一つに、韓国資本の学校ということもありました。

— 「グローバルな仕事」の舞台を韓国に設定されているということでしょうか?

韓国のみというわけではありませんが、アジアで働くということに興味を持っていまして。そのため個人的に韓国語も勉強していたので韓国人生徒の多い学校なら英語と一緒に韓国語での会話の機会も得られると思ったので決めました。同じように中国語も最近勉強しています。

— フィリピン留学で英語以外の要素にも注目されているということですね。とても斬新で驚きました。実際に来てみて韓国人の生徒の比率は高いですか?

そうですね。感覚では半分から6割くらいは韓国人の学生だと思います。私は現在3人部屋に滞在していますがやはり韓国の方が相部屋です。

— 目論見通りですね。

そうですね。ただそれだけではなく、PINESで驚いたのは周りの日本人学生のモチベーションが本当に高いということですね。

— どうしても留学生活において日本人同士固まってしまうこともあると思いますが、その点はいかがですか?

初心者キャンパスであるクイサン校は必ずしもEOP(イングリッシュ・オンリー・ポリシー)ではありませんが、多くの日本人生徒が自己申告でこの制度を実行しています。

なので私も学生の時には申告していました。名札のレースの色が赤の生徒がEOPを申告している生徒です。

「英語を学ぶ」から「英語を使って学ぶ」へ

「英語を学ぶ」から「英語を使って学ぶ」へ
— 面白いチャレンジですね。では次に学生インターンのことについてお聞きします。学生インターンの制度はどうやって調べられたのでしょうか?

実は2年前にもフィリピン、その時にはセブ島に留学したことがありました。その時にスタッフの方と仲良くなって、各学校にそういったスタッフシステムがあるということを知りました。

今回もセブの学校に行こうかなとも考えましたが暑いのが嫌だったことと韓国人経営の学校という条件でバギオを選択しました。

なので実はバギオにある幾つかの語学学校には履歴書を送りました。

— すごい行動力です…。次に授業面について。個人的にこれは日本では勉強できなかったなという授業はありましたか?

ディスカッションの授業ですね。

— ディスカッションというとグループクラスですか?

グループもそうですし、1対1のディスカッションも自分にとってはとても良い時間になりました。

先生がフィリピンの文化や、考えていることをしっかり伝えてくれる方だったので英語学習としてはもちろんですが、テーマ的にもとても興味深かったです。ときには討論になることもありましたが、それは先生としっかり向き合いたいと思って意見を言った結果だと思います。

休日は外に出る。メリハリのある留学生活

休日は外に出る。メリハリのある留学生活
— 「英語を学ぶ」ではなく「英語で学ぶ」ですね。では生活面について伺いますが、休日にはどんなところに出かけられるのでしょうか?

休日はだいたいSMモールに行って、マッサージに行って休んでいます。グルメが好きなので、おいしいレストランやカフェを探したりして過ごしますね。

— すごくオンオフをはっきりされていますね。

そうですね。バギオにはおいしいレストランも多いですし治安も良いのでつい出てしまいます。

現場の知見が大切

現場の知見が大切
— 最初におっしゃっていたTOEICの目標に関してですが、現時点での手応えはどのくらいありますか?

7月・8月と続けて受けるのですが、7月の目標が800点でして、それは達成できるのではないかと思います。自信はあります。とはいえ後2週間あるので追い込んでいきたいです。

— ではとても有意義な時間を過ごすことができているのではないでしょうか。目標であるグローバルな仕事への距離は縮まりましたか?

そうですね。勉強して克服できる部分以外の、自分の知識や意見を持つという面に関しては現地に来なければ考えられないこともあったと思います。生のアジアの空気感に触れられたことで身近に考えられたことも多くありました。

— 思いもよらぬ収穫も得られて充実した留学になっていますね。では最後に読者に向けてフィリピン留学、PINESで留学する上でのアドバイスをいただけますか?

滞在環境はホテルなので問題ありません。平日外出禁止ですが施設内にスーパーもあるのでストレスもありません。あとは何よりやる気のある生徒さんに囲まれるので良い刺激になると思いますよ。

— 加藤さん、最後までありがとうございます。引き続き留学生活頑張ってください。

インタビュー後記

インタビュー後記
21歳ながら加藤さんの論理的な話し方には圧倒されてしまいました。真摯な講師陣や周りのモチベーションによる刺激、そこから得られる思いがけない学びから充実されている様子が伺えました。

フィリピン留学からは発想次第で「英語以外のこと」も学ぶことが可能であるということに気づかされたインタビューでした。

 

PINES OFFICIAL BLOG

インタビューと社会派コラムを担当するライターです。いろんな場所に行って、たくさんの人と話して、その声を代弁できる情報屋でありたいと思っています。個人ブログ(さぐりさぐり、めぐりめぐり)で紀行文・コラムも書いてます。 Phil Portal全員のメンバー紹介ページはこちら

SOUDAバナー

編集部からのおすすめ記事一覧