SOU:DA いってよかった全ての人に! Phil Portal フィリピン留学エージェント始めました。記事を見る
ローカル

この記事を書いた人

フィリピンの首都マニラには電車が通っていますが、セブ島に電車はありません。つまり、フィリピンセブ島での交通網と言えばタクシーかジプニー(乗り合いバス)になります。

ジプニーは便利で安い(運賃が約15円)ですが、安全面を考えた場合にオススメはできません。というのも、ジプニー内ではフィリピン人でさえ、強盗にあったり、携帯を盗まれたりするためです。
フィリピンのジプニー( Jeepney )|乗り方・金額・注意点まとめ

そこで今回は、フィリピンのタクシー料金と乗車の際の注意点についてまとめていきたいと思います。尚、フィリピンでのタクシーの乗り方は下記記事にまとまっています。
【フィリピン】タクシーの乗り方【初心者向けに解説しました】

フィリピンのタクシー料金

DSC_0592

  • 初乗り:30ペソ(約90円)
  • 追加料金:300mごとに2.5ペソ(7.5円)追加

※初乗り料金は2015年3月6日に40ペソ→30ペソに改定されました。

多くの日本人がフィリピンでタクシーを利用しています。エアコンが効いており、ジプニーに比べて安全であり、かつ日本より断然安いためです。セブ市内の移動なら、たいていの場所は100ペソ程度で移動が可能です。

フィリピンでタクシーに乗る際の料金目安表

  • 10分の移動:約70ペソ(約190円)
  • 30分の移動:約120ペソ(約320円)
  • 60分の移動:約250ペソ(約680円)

フィリピンでタクシーに乗る際の4つの注意点

DSC_0593

フィリピンでタクシーに乗る際の注意点を3つまとめました。注意点をしっかり読み、フィリピンのタクシーで失敗しないようにしましょう。

①タクシー運転手がメーターを押したかどうか確認すること

これは残念なことではありますが、わざとメーターを押さずに到着時に高額な金額を提示してくるドライバーもいます。なので、タクシーに乗ったら必ずメーターを押して貰いましょう。メーター利用を断られた場合は、タクシーから降りてしまいましょう。

②小さいお金を用意すること

フィリピンのタクシー運転手は小銭を持っていない場合が多いです。そのため、額の大きな紙幣(500ペソ札や1,000ペソ札)では受け取りを断られる場合が多いです。

このような事態を避けるために、あらかじめ100ペソや20ペソ等の小さいお札を用意しておきましょう。どうしても小銭がない場合は、セブンイレブンなどのお店で少額の商品(水など)を買って崩しておきましょう。

③目的地を調べておくこと

いざタクシーに乗っても目的地が言えないと、タクシードライバーも発進することができません。当たり前のことですが、インターネットやパンフレットなどで目的地の名前を調べておきましょう。

スムーズにタクシー移動をするポイントとしては、タクシー運転手に場所の住所を伝えるのではなく、場所名を伝えることです。その理由としてはタクシー運転手によっては住所を把握していない人が多いためです。

④タクシーを降りる前に忘れ物がないか確認すること

皆様がそんな事ないだろうと思っていても、意外とポケットから物が落ちていたりするものです。十分に注意してから降りましょう。実際に私も一度現地携帯を忘れてしまったことがあります。タクシー内にスマホ等を置き忘れた場合、戻ってくる確率は、ほぼ0に近いです。

以上、フィリピンのタクシー料金と乗車の際の注意点をまとめました。最近では、スマホアプリを使ってタクシーを呼ぶことができるようになってきています。気になる方は以下の記事も併せてご覧ください。

【GrabTaxi】フィリピンで『安全』かつ『安く』タクシーに乗る方法【EASYTAXIとの比較】
GrabTaxiをご存知でしょうか。GrabTaxiとはタクシー乗車アプリでして、フィリピンを含む東南アジア全域で利用者が増え続けています。フィリピンはタクシーのぼったくりが多いため、GrabTaxiやEASYTAXI(GrabTaxiの競合)のようなタクシー乗車アプリの利用を強くおすすめいたします。

【Easy Taxi】フィリピンで『1番安全に』タクシーに乗る方法
フィリピンで安全にタクシー乗車ができるアプリ『EASY TAXI』の紹介記事です。利用料金70ペソで、簡単にタクシーを呼ぶことができます。フィリピンでタクシー移動をする際にはぜひご活躍ください!

お金お金と追い続ける人生が大好きです。 今を生きていたい。明日も昨日もいりません。 みんなで笑って、泣いて、突っ走れば どこかには辿り着く!といつも思っています。 最近ハマっていることはイラストを描くことです。 Phil Portal全員のメンバー紹介ページはこちら

PINE限定10名 GATEバナー

編集部からのおすすめ記事一覧