SOU:DA いってよかった全ての人に! Phil Portal フィリピン留学エージェント始めました。記事を見る
フィリピン留学

この記事を書いた人

フィリピン留学でホテル滞在型の語学学校

フィリピン留学は短い人は1週間、長い人だと6ヶ月ほど留学します。

「少し値段が高くなってもいいので、フィリピン留学中はリラックスして過ごしたい!」このように考える方も多いと思います。とくに社会人の方に多いですね。

そんなニーズに応えるのがホテル滞在型の語学学校です。今回はホテル型の語学留学のメリットとデメリット、さらにおすすめの学校をまとめていきます。

ホテル型語学留学が気になっている方はぜひ記事をご覧くださいませ。

フィリピン留学でホテル型語学留学を選ぶメリットとは?

フィリピン留学でホテル型語学留学を選ぶメリットとは?
当たり前のことですが、快適に生活できる点です。

ホテル型以外の語学留学ですと、滞在先は寮やドミトリーとなります。寮やドミトリーで1人部屋を選べばある程度快適な留学生活を送ることもできますが、ホテル型にはかなわないかと思います。

僕は2015年にフィリピンで働きつつ、シティスイーツというホテルに住んでいましたが、住み心地は最高でした。

週2回清掃が入り、清掃のたびに無料の水が渡されます。洗濯物は1階にいけばクリーニング店が入っています。また33階に住んでいたいので、ベランダからの眺めも最高でした。

ホテル暮らしは落ち着かないと言う人もいますが、僕の場合は最高にリラックスして過ごすことができたので大満足です。

ホテル型の語学留学のデメリットとは…?

ホテル型の語学留学のデメリットとは…?
こちらも当たり前のことですが、留学費用が高くなる点です。

では、どれくらい高くなるのでしょうか?セブ島の最安校の3Dアカデミーを例に見てみましょう。3Dアカデミーは共同部屋プランとホテルプランがありますが、金額の違いは下記のとおりです。

  • 4週間の6人部屋:¥114,000
  • 4週間の3人部屋:¥139,000
  • 4週間のホテル型:¥220,000

一目瞭然ですが、1ヶ月で5万円以上高くなります。はたしてこの金額を払う必要はあるのか…と迷いますが、それは人それぞれでしょう。各学校はホテルの写真をWebサイトに公開しているので、留学前にしっかりチェックしておくことをおすすめします。

以上がホテル型学校のメリットとデメリットです。

それでは本題です。おすすめ校を見ていきましょう。
※学校費用は突然変わったりするので、金額部分はあくまで概算をお考えください。また学校により授業数も違ったりしまので、細かい部分は取材記事や学校情報ページをご覧いただけたらと思います。

大学生にイチオシ!セブ島最安値の3Dアカデミー

大学生にイチオシ!セブ島最安値の3Dアカデミー

金額 約19万5,000円/月
立地 セブ島中心部
人気度 4ヶ月前に申し込みがベター

フィルポータルで何度もご紹介している3Dアカデミー。セブ島で一番安いことで有名ですが、実はホテル滞在プランもあります。もちろん寮に比べると値段が上がりますが、それでも安いと思います。ちなみに、3Dアカデミーには、週末は遊んでいる学生も多いのでそのあたりはあまり流されないように…。

滞在先のホテルは2パターンあります

① Tsaiホテル(約19万5,000円/月)

Tsaiホテル

② Prestigioホテル(約22万円/月)

Prestigioホテル

窓からは絶景のオーシャンビュー!快適留学なら、Cebu Blue Ocean

窓からは絶景のオーシャンビュー!快適留学なら、Cebu-Blue-Ocean

金額 約20万円/月
立地 マクタン島
人気度 4ヶ月前に申し込みがベター

以前取材した際に、窓からのオーシャンビューに感動しました。ちなみに、ホテル滞在でも3人部屋を選ぶと、16万円/月くらい。となると、ホテル滞在型としてはかなり格安ですね。
※注意:オーシャンビューの部屋だと若干値段が上がる点にもご注意ください。

国際的な学校で学びたいなら、Genius English

国際的な学校で学びたいなら、Genius English

金額 約21万円/月
立地 マクタン島
人気度 3ヶ月前に申し込みがベター

フィリピン留学業界でたぶん唯一のロシア人経営の学校です。立地はCebu Blue Oceanのすぐ隣でして、滞在先ホテルからもオーシャンビューを楽しめます。Cebu Blue OceanとGeniusは学校の特徴が似ているのですが、大きな違いはネイティブ講師の有無かなと。「ネイティブ講師から学びたい!」って人はGeniusがおすすめ。

元アップル式の学習メソッドなら、Brighture

元アップル式の学習メソッドなら、Brighture

金額 約24万円/月
立地 セブ島中心部
人気度 5ヶ月前に申し込みがベター

セブ島で”ガッツリ”な英語学習ならBrightureでしょう。元アップルの松井博さんが、日本人の英語力を伸ばすカリキュラムを作りこんだようです。海とかなしで、マジで英語伸ばしたい人向け。バカンス気分で留学するとたぶん後悔します…。

フィリピンでもネイティブ講師から学びたい?それならETHOSでアメリカ留学

フィリピンでもネイティブ講師から学びたい?それならETHOSでアメリカ留学

金額 約22万円/月
立地 セブ島中心部
人気度 2ヶ月前に申し込みがベター

最後にご紹介するのがETHOS(エトス)です。キャッチフレーズは、セブ島でアメリカ留学。ここの学校はなんと、ネイティブ講師しかいません。経営者はアメリカのバイブルティーチャーという異色の学校です。生徒数が少ないので、アットホームを好む人はありかもしれません!

以上、フィリピン留学でホテル滞在型の学校を4校+ホームステイ型1校をまとめました。記事が参考になりましたら幸いです。

休活BLOGとフィルポータルを作りました。ITとセブ島とお酒を愛しています。新卒で海外就職(セブ島)して11ヶ月後に退職。今はフィリピンを拠点にゆるくフリーランスをしています。個人ブログではSEO・プログラミング情報を中心に発信しています。 Phil Portal全員のメンバー紹介ページはこちら

PINE限定10名 GATEバナー

編集部からのおすすめ記事一覧