SOU:DA いってよかった全ての人に! Phil Portal フィリピン留学エージェント始めました。記事を見る
フィリピン留学

この記事を書いた人

フィリピン留学にはEOPというものがあります。English Only Policy、つまり学校の中では英語だけしか話してはいけないというルールです。

EOPは効果的ですのでやってみる価値はあります。しかしEOPは効果が言われる一方で、その成立条件について語られることは多くありません。またよく「英語初心者(英会話の学習が初めてや、大学受験で勉強して以来といった方々)がEOPで伸びるのか?」ということをよくご質問頂きます。

今回はそうした「EOPの選び方」と「英語初心者はEOPをどうする?」についてお伝えします。

フィリピン留学でEOPが機能するための絶対条件

フィリピン留学でEOPが機能するための絶対条件
まずEOPが効果的に機能するための条件をご紹介します。

EOP校舎に入れるかどうかを試験で決めていること

※母国語を使った際の罰則があったほうがより効果的です。

EOP校舎に入るために試験があること、これが絶対条件です。この場合は英語中級者以上という、ある程度知識がある人たちの集まりに厳選されるため、情報量や有用性が高く保たれます。アウトプット、インプットともに効率的です。

一方で選別が無ければ、全員が英語初心者、英語がカタコトとなる可能性が否定できません。留学中にカタコト同士がカタコトで話して何を得られるでしょうか。

まず現実的にEOPは英語が話せるからこそ得るものがあるシステムだと理解する必要があります。よくEOP神話(英語だけを話せば伸びるとか)が言われますが、これは「ある特定のレベル」で「ある特定の条件化」で成立するものです。

EOP神話を信じてフィリピン留学してみたら、自分が英語ができなくて部屋に閉じこもる、食事の時に無口で結果的に留学が辛くなるというパターンを数多く見かけます。

効果的なEOPは多国籍が好ましい

効果的なEOPは多国籍が好ましい
EOPは違う国の人とやれた方が効果的です。日本人の留学生の多くの方はDuoやキクタンのように、示し合わしたかのように同じ教科書を持っていることが多く、そのためお互いの知識が同じ方向に偏っている傾向があります。日本人同士で英語を話していても「Duoにあった」みたいな感じで新しい発見が少ないのです。ですから、EOPなら知識の内容が日本人とかぶっていない外国の方が多いに越したことはありません。

また「日本人だけでEOPをできるか」という議論があります。結論から言えば可能です。しかしこれも試験で選別していないのであれば避けるべきです。仮に運悪く全員が英語英語初心者だった場合、極端なことを言えば余計に片言で話す癖がつく可能性が高まるだけです。

英語初心者の多くはEOPを有効活用できない

そして英会話が英語初心者の方は、残念ながらフィリピン留学でEOPをしても効果をあまり期待できません。

正確には効果的なEOP環境に入れる可能性が低いのです。EOPは先にも書いたように試験などで選別しなければ高い効果が望めるメンバーが揃いません。しかし、英語が英語初心者である場合はその試験を突破できる可能性は低いのです。

そして試験に落ちてしまった場合はEOPではあっても皆が英語初心者である実りの薄い環境、もしくは試験なしのEOPの可能性が圧倒的に高く意味をなさず、むしろ逆効果です。

英語初心者は英語に慣れてからEOPに行きましょう

英語初心者は英語に慣れてからEOPに行きましょう
逆に私は英語初心者はEOPではない方が効果を上げられると考えています。というのは、英語の文法にしろ、単語にしろまずは日本語で理解した方が勉強効率としては圧倒的に高いからです。

フィリピン留学中に、英語で長々と文法を説明されても、数時間、数日わからないことがあったという話はよく聞くことです。しかし日本語で説明されたら5分もかからないということは本当によくあります。

まずは自分のできるレベルを客観的に理解した上でそれに合ったアプローチをしましょう。英語初心者の方でEOPに興味がある場合はまず英語に慣れてから(文章で話せるようになってから)、次のステップとしてEOPを目指すというのが良いと思います。

以上、「EOPの選び方」と「英語初心者はEOPをどうする?」をご紹介しました。以前に、フィリピン留学の学校経営者が勧める、英語英語初心者のための学校選びという記事を書きましたが、英語初心者の方はぜひ合わせてご覧いただけたらと思います。

BONDS ENGLISH ACADEMY創業者。1985年生まれ 千葉県出身。早稲田大学商学部卒。元NHKディレクター。 2012年に「日本人の初級者のための学校」として同校をバギオにて創業。日本人向けのオリジナル教材を利用した授業で初級者が短期で中級者レベルにまでなれると評判を呼ぶ。現在、日本人向けのBONDS-1,2 と韓国人向けのBONDS-3の3校舎を手がける。

SOUDAバナー

編集部からのおすすめ記事一覧