SOU:DA いってよかった全ての人に! Phil Portal フィリピン留学エージェント始めました。記事を見る
グルメ

この記事を書いた人

今やその名を知らない人もいないのではないかというほど定番のリゾート地となったセブ島。そんな人気スポットであり、語学留学の盛んな地でもあるため各国の料理店が軒を連ねています。

フィリピンというとレチョンやフライドチキンなど肉料理が有名ですが、セブ島では新鮮なシーフードだって食べられます。中でも2016年にオープンしたOyster Bayは海鮮に目がない方には特におすすめです。

「セブ島で最高に美味しい思い出をつくりたい!」というみなさんにOyster Bayをご紹介します!

『Oyster Bay』の場所・行き方

『Oyster Bay』の場所・行き方
OysterBayはセブ島とマクタン島をつなぐ2つの橋にほど近いBridges Town Squareの中にあります。マクタン島にステイされている方からもアクセスは悪くないでしょう。アヤラモールを出発点にするとタクシーで100ペソ(約210円)ほどでアクセスすることができます。

 

『Oyster Bay』の場所・行き方
Bridges Town Squareの駐車場には大きな看板が出ているので目印になります。

 

またマクタンニュータウン内のフードコートにも店舗があるので、マクタン島に滞在されている方はこちらもおすすめです。

ただ店内の雰囲気なども楽しみたいのであればやはりBridges Town Square内の店舗をおすすめします。

Oyster Bayの雰囲気

『Oyster Bay』の雰囲気

『Oyster Bay』の雰囲気
Oyster Bayでは室内と屋外にそれぞれ席があります。全体的に暖色の灯りがぼんやりと店内を覆っていて、デートや接待にもばっちりな雰囲気です。さながらマッサージ屋さんのような風貌です。そうしたちょっと気を使いたい時にはばっちりなお店ですが、決して超高級店というわけではないので、どなたでもご利用いただけるかと思います。

他の客席とも一定以上距離が保たれているため、落ち着いて食事を楽しむことができます。2人で取材に行きましたが随分広いスペースで存分にくつろいで過ごすことができました。

 

『Oyster Bay』の雰囲気
お店の入り口には小川もあり、よく見るとしっかり魚が泳いでいます。

 

『Oyster Bay』の雰囲気

『Oyster Bay』の雰囲気
また店内には水槽が無数に並んでおり、活きの良い魚介類を選んでその場でさばいてもらうこともできます。かなり本格的ですね!

ロブスターの刺身で1200ペソ(約2510円)、マクタン島近郊の名物高級魚ラプラプは1000ペソ(約2100円)でオーダーすることができます。

Oyster Bayの料理・メニュー

それではそろそろ料理メニューをご覧いただきましょう。

 

『Oyster Bay』の料理・メニュー
まずは店名にもなっているFresh Oysters。一皿に6粒ほど入って145ペソ(約305円)ととてもリーズナブルです。ぷろっぷりでテュルッテュルの生牡蠣を口に含むとフィリピンの美しい海の恵みを感じることができます。これはマストオーダーです。早くも幸せなのですが、まだまだいきます。

 

『Oyster Bay』の料理・メニュー
次はBaked Oysters with Lemon Butter Sauce。Bakedと言いつつもこちらも生に近い新鮮な牡蠣です。レモンをかけて食べるとビールが飲みたくて仕方なくなります。特に日本人好みの味だと思います。こちらも175ペソ(約370円)とお手ごろです。

 

『Oyster Bay』の料理・メニュー
またここまで提供された時点で、店員さんと話していたからか、Fresh Oystersをもう1皿サービスしてもらってしまいました。親切な店員さんなので気になったメニューなどは聞いてみましょう!

 

『Oyster Bay』の料理・メニュー
こちらは少し生からシフトしてOyster Bay Paella。ふんだんにシーフードが盛り込まれ、適度にこってりした味わいが生牡蠣とのギャップを生み出して思わず叫んでしまうほど美味しい一品でした。こちらは425ペソ(約890円)です。2~3人でシェアしてちょうど良いくらいのボリュームです。

 

『Oyster Bay』の料理・メニュー
もう一品、 Mixed Seafood Chowderも個人的にはオーダーを忘れてはいけない品としておすすめします。歯ごたえのあるシーフードが粒くらいの大きさに刻まれてスープに含まれています。

写真では伝わりませんが、こちらはボリューミーで4人で1つのスープという配分で十分です。お値段は180ペソ(約380円)です。

 

『Oyster Bay』の料理・メニュー
ドリンクにはフィリピンに来たら確実にオーダーしたいFresh Mango Shakeを。115ペソ(約240円)で艶やかなマンゴーを堪能することができます。

 

『Oyster Bay』の料理・メニュー
またドリンク兼デザートタイプとしてはGuinumisがおすすめです。お値段は100ペソ(約210円)。見た目はなんだか甘くてくどそうですが、意外とさっぱりしていて、暑いフィリピンにはぴったりなデザートです。下部にある杏仁ゼリーのようなものを混ぜて食べて飲むような一品です。

まとめ:止まらない感動、溢れ出す幸せ

まとめ:止まらない感動、溢れ出す幸せ
いかがでしたか?
危うく執筆しながらお店に繰り出したいという衝動に駆られてしまうほど、ぼくにとっても強烈な印象の残っているお店です。短期間でセブ島に旅行に来るという方も、留学中・滞在中のみなさんもぜひ一度足を運んでみる価値のあるお店と言えます。

少なくともぼくはそう保証します。週末あたり、ふらっといかがでしょうか?

『Oyster Bay』の基本情報

英語名 Oyster Bay Seafood Restaurant
住所 Bridges Town Square, Plaridel St. Alang-alang, Mandaue City.
営業時間 11:00~22:00
定休日 なし
電話番号 (032) 344-7038
WiFi環境 あり
公式サイト Oyster Bay

インタビューと社会派コラムを担当するライターです。いろんな場所に行って、たくさんの人と話して、その声を代弁できる情報屋でありたいと思っています。個人ブログ(さぐりさぐり、めぐりめぐり)で紀行文・コラムも書いてます。 Phil Portal全員のメンバー紹介ページはこちら

SOUDAバナー

編集部からのおすすめ記事一覧