SOU:DA いってよかった全ての人に! Phil Portal フィリピン留学エージェント始めました。記事を見る
人生

この記事を書いた人

常夏の国 フィリピン・セブ島
ここにいつも笑顔を絶やさない男がいる。
佐藤健一 36歳

レンタカー事業をセブ・マクタン島で営んでいる。
その名もマンゾクレンタカー。

男は言う。
「私のセブ島で過ごした7年間、一度もレンタカーで満足したことがなかった」

非常に簡単な理由である。
さすがである。理由の簡単さにも大満足した。

 

セブ島の満足レンタカー02
私はこのセブ島で多くの日本人経営者に出会ってきた。

私はこの男だけには頭が上がらない。
やっと出会えた本物の起業家の一人である。

笑顔が絶えない顔の奥には大変な苦労と屈折を繰り返す光のように努力が見え隠れする。

セブ島に訪れる多くの観光客、またセブに住む日本人達がこの男を笑い者にする。 馬鹿にされていると、その男自体も感じているのだろう。笑われていることを…。

 

セブ島の満足レンタカー03
でも男は言う。
「生きていかないといけないでしょ」と笑いながら。

動きは滑稽かもしれない。
話し方がおかしいかもしれない。
得していないのに一石二鳥ですねと言ってしまうかもしれない。
仕事中に野菜の値段が気になるかもしれない。

 

セブ島の満足レンタカー04
私は伝える。
佐藤健一を笑えばいいと。
それでもこの男は前に進みますから。

男は心で自分を笑いながら前に進む。

もし仮に商売人が2種類あるとしよう。
器用に儲けるタイプと不器用で儲けれないタイプ

この男は間違いなく後者である。
この男は不器用かもしれないが、お金以上の幸せを知っている。

 

セブ島の満足レンタカー05
私は問う。
真剣に働く、この男をあなたは笑えますか?

お金お金と追い続ける人生が大好きです。 今を生きていたい。明日も昨日もいりません。 みんなで笑って、泣いて、突っ走れば どこかには辿り着く!といつも思っています。 最近ハマっていることはイラストを描くことです。 Phil Portal全員のメンバー紹介ページはこちら

PINE限定10名 GATEバナー

編集部からのおすすめ記事一覧