SOU:DA いってよかった全ての人に! Phil Portal フィリピン留学エージェント始めました。記事を見る
アクティビティ

この記事を書いた人

セブ北部にある隠れ家的リゾートといわれているマラパスクア島。今回はセブ市からマラパスクア島への行き方をご紹介します。

セブ_-_Google_マップ
マラパスクア島はセブ北部から更にボートで1時間行ったところにあります。地図に見える、小さい島がマラパスクア島。

本記事では、セブシティからマラパスクア島までの行き方についてレビューします。

セブシティからマラパスクア島までの所要時間と費用

まず最初にまとめておきます。

所要時間
・セブシティ〜マヤ港(バス)・・・4,5時間(道路の混雑状況による)
・マヤ港〜マラパスクア島(バンカーボート)・・・1時間

費用(片道)

「エアコン付き」バスの料金・・・180php
ノンエアコンバスの料金・・・130php
※料金はさほど変わらないので、エアコンバスを選ぶ方が賢明です。

1. ノースバスターミナルからマヤ港まで

セブ_-_Google_マップ
マラパスクア島に行くには、まずセブ島北端のマヤ港まで行かなければなりません。(所要時間およそ4時間)
まずはSMモールのノースバスターミナルまで行きましょう。タクシーに「ノースバスターミナル」というと必ず到着します。

 

場所はここ。SMモールの近くにあり、歩いて行けます。

 

malapaskua
これがノースバスターミナル内の景色。早朝5時なので閑散としていますが、係員は一応居ます。

 

malapaskua-14
ターミナル内にはこういった売店もたくさんあります。数時間もバスに乗っていれば喉も渇くし、お腹も減ります。早朝便なら尚更。お菓子でも買うのを推奨します。

 

malapaskua-8
早速マヤ港行きのバスを探しましょう。ターミナルはぐるっと1周できるようになっています。

 

malapaskua-2
天井を見れば、「Maya」と書いてある看板があります。または、そこら中に居るバスの運転手達に直接聞いても案内してもらえます。

 

malapaskua-6
「Maya via ○○」というバスを見つけたら、それがマヤ港行きのバスです。経由は関係がないので、とにかく「Maya」へ行くバスを探しましょう。

 

malapaskua-9

注意すべきポイント
お勧めは「エアコン付きバス」です。結構寒いので、パーカーなど必須。膝掛けも用意してもいいかもしれません。
また、寒いからと言って「ノンエアコンバス」にすることは推奨しません。窓が全開なので、砂埃とか入ってきます。その状態で数時間は辛い。

malapaskua-11
エアコンバスは、冷房がガンガン効いています。しかも、エアコンの口が壊れていることが多いので、乗客はこのようにトイレットペーパーを詰めて効き過ぎないようにしています。生活の知恵。

ワンポイントアドバイス
トイレットペーパーなどを持参しましょう。

マヤ港は終点のため、途中で降りる必要はありません。また、車掌さんがマヤ港に到着次第、声をかけてくれます。ですので、寝ていても安心。

2.マヤ港からマラパスクア島まで

malapaskua-10
マヤ港は小さな港です。そこに着いたらバンカーボートに乗ります。港に着いたら大抵人がいますので、「マラパスクア」と伝えれば、ボートの出発時刻を教えてくれます。
バンカーボートまでは小さな木船で向かいます。ちょっとしたスリルを味わえます。

バスの到着時刻とボートの出発時刻は、比較的近いです。なので、そこまで待たずに出発できます。ありがたい。

malapaskua-12
バンカーボートは満員になるまで出発しないようです。僕の場合、港に到着してから45分後に出発しました。所要時間は、1時間程度です。

遂に到着!
あなたを待っているのは、綺麗な海と空、おいしいご飯。まさに楽園。

以上、マラパスクア島の行き方でした!
上記の行き方を参考にして、素敵なマラパスクア島ライフを!

現地採用ブログ(元・ジャカルタ現地採用ブログ)「Keep Rockin'! BRO!」運営。ジャカルタ現地採用を経て、現在フィリピン・セブ島にてまた現地採用。海外就職する日本人の未来と、海外で生きるとはどういうことかを考えるだけの人生。これからは、日本人が海外に出て行く未来を創りたい。 Phil Portal全員のメンバー紹介ページはこちら

SOUDAバナー

編集部からのおすすめ記事一覧