SOU:DA いってよかった全ての人に! Phil Portal フィリピン留学エージェント始めました。記事を見る
英語学習

この記事を書いた人

小学生の英語学習におすすめなCD・DVD・映画21選【厳選まとめ】

英語の重要性が叫ばれる中、小学生のお子さんの英語教育に迷っていませんか?

小学生向けの英会話スクールに行かせるべきか…もしくは親子で海外留学…。しかし、英会話スクールや親子での海外留学だと結構なお値段がかかりますよね。

そこでおすすめなのがCDやDVD、もしくは映画を使っての英語学習です。お手頃価格から始めることができるので、まずは発音矯正だけでも試してみてはいかがでしょうか?

記事では小学生の英語教育におすすめのCD・DVD・映画をまとめました。気になったものがあれば、是非手にとって見てください。

小学生向けの英語学習におすすめなCDとは?10個まとめ

小学生向けの英語学習におすすめなCDとは?10個まとめ
まずは音楽(CD)での英語教育用の教材です。10個見ていきましょう。

Five Little Monkeys

基本情報

  • 1,342円
  • 小学生の低学年(小児)向け

おすすめポイント
「リズムよく読んでこそ」のこのお話は、CDがないと最初から自分でリズムを作るのが難しいでしょう。そのため、絵本とCDをセットでそろえるのが理想的です。

概要
おなじみのフレーズがリズミカルに始まるまでは、夜寝る前の日常の習慣として、歯を磨いたり、パジャマを着たり、という動作が登場します。英語で是非知っておきたい表現です。その後は、サルがベッドの上で飛び跳ねては一匹落ちて・・・の繰り返しです。

リズムを重視した文章になっているため、英語特有の「音節ごとに音に乗る」という感覚を習得するのにぴったりです。最初はリズムに合わせて「もごもご」言うだけで大丈夫。そのうち雰囲気がつかめてきて、いつの間にか一緒に言えるようになります。

悪い点
後半はほぼ繰り返しだけなので、ストーリー性はありません。そのため飽きることもあります。英語をかっこよく話したい、という気持ちがない場合、特に勉強にもならずつまらないと思うでしょう。

「Goodnight Moon」 Book and CD

基本情報

  • 1,293円
  • 小学生の低学年(小児)向け

おすすめポイント
名作です。その独特の色使いは派手というより華やかで、日本にはない色の取り合わせです。英語はそう難しくはなく、さりげなく韻をふんでいます。英語の土台作りに是非取り入れたい作品です。

概要
古典的作品ですから是非とも手元に置いておきたいと共に、部屋にある数々のものを覚える「名詞の学習」にも役に立ちます。一つ一つ丁寧に絵本内に出てくる名詞を取り上げてあります。マザーグースの要素も取り入れてありますから、知っていれば「こんなところに!」とうれしくなります。

また英語には欠かせない韻(ライミング)の存在も知ることができます。ポップな音楽にも使われるマザーグースや韻などの要素は、英語を本格的に学ぶ予定があるなら是非知っておきたいものです。

悪い点
少々古臭い絵と内容には、子供の気を引く仕掛けはありません。こびない良さはありますが、刺激が好きな子にとっては退屈で仕方がないかもしれません。

「One Fish, Two Fish, Red Fish, Blue Fish」 Book & CD

基本情報

  • 1,293円
  • 小学生の低学年(小児)向け

おすすめポイント
ドクター・スースの絵本です。英語絵本といえばドクター・スース、といえるほどの王道正統派絵本ですから一冊は持っていて損はありません。芸術的な絵と文章両方を楽しめるCD付き絵本がオススメです。

概要
使われている単語は簡単なものばかりですが、文章の運びがハチャメチャなので、少し難解にも感じます。ただ、ユーモアだとあきらめこの作品を楽しめれば、将来英語が上手になって英語話者と話をする機会に恵まれても、恥をかかずに済みます。

ドクター・スースはマザーグースと並んで、英語とは切っても切れない関係にあります。

悪い点
英語がというよりも内容そのものがわかりにくいため、細かいことをきちんとわかっておきたい理詰めタイプの子には不向きです。感覚的に楽しめない場合は苦痛です。

Wee Sing 「Children’s Songs and Fingerplays」

基本情報

  • 1,068円
  • 小学生の低学年(小児)〜高学年(小人)向け

おすすめポイント
手遊び歌を中心に集めてあるCDです。アメリカの子なら誰もが知る歌ばかりが集めてあるうえに、歌詞本の歌詞や手遊び解説もとても見やすく丁寧で、見て聞いて、両方で楽しめます。

概要
歌により楽譜や手遊びの仕方も詳しく解説してあり、70曲以上という収録数も魅力です。「幸せなら手をたたこう」や「キラキラ星」など、日本でもメロディーがお馴染みの歌から、アメリカ人なら誰でも知っているのに日本では「英語通」しか知らないようなマイナーな歌まであります。

子供の英語の歌のCDを、もし1つだけ買うとしたなら、これが一番のおススメです。

悪い点
歌の選曲は抜群なのですが、音楽性が低いため、ディズニーのサウンドトラック並みの音楽性を求めて購入すると間違いなくがっかりします。伴奏はとてもシンプルで、手作り感さえあるほどです。

Wee Sing 「Sing-Alongs」

基本情報

  • 937円
  • 小学生の低学年(小児)〜高学年(小人)向け

おすすめポイント
一緒に歌って楽しい動揺を中心に集めてあるCDです。アメリカの子なら誰もが口ずさめる歌ばかりで、歌詞本の楽譜と歌詞を見ながら、音読の練習、リズムに乗る楽しさを知ることができます。

概要
添えてある楽譜が丁寧なため、音節ごとに音に乗る、英語特有のリズム感の体得に役に立ちます。一曲一曲が短いため、気に入った歌ならメロディーと歌詞とを丸覚えした後、楽譜と照らし合わせることで、サイトワードとしての読みの習得までできてしまいます。

大人になってからでは身に付けにくい感覚だからこそ、子供の頃から身に付けたい、と願う人向けCDです。

悪い点
一緒に歌えるCDですが、大人がBGMとして聞くには不向きです。子供たちの歌声はかわいいものの、伴奏が貧相で音の幅が薄いのが難点です。曲が短いので物足りなさも感じるかもしれません。

Wee Sing 「Mother Goose」

基本情報

  • 1,303円
  • 小学生の低学年(小児)〜高学年(小人)向け

おすすめポイント
子供のうちから英語を勉強するなら是非、英語の土台にもなるマザーグースを取り入れたいものです。WeeSingの、子供たちが歌うマザーグースは一緒になって歌いやすく、歌が短いのもシンプルで聞きやすく手軽です。

概要
マザーグースはあらゆる映画や絵本のジョークやパロディに使われますから、将来洗練された英語を使う予定であれば、是非取りいれたいアイテムですが、古典的なのでうまく取り入れなければ古臭くてつまらないものになりがちです。その点Wee Singバージョンは、子供たちが素朴に唱える(あるいは歌う)マザーグースなので、それを聞く子供たちも親近感が持ちやすく、自然に耳から入ってくるはずです。

悪い点
クラシックなイメージが醸し出されていないため、本格的な文学とは少し違った風合いです。また古典だからこそ色々なバージョンがあり、自分の慣れ親しんだものと違い違和感を感じるケースもありそうです。

Christmas With Disney

基本情報

  • 1,041円
  • 小学生の低学年(小児)〜高学年(小人)向け

おすすめポイント
直接英語を学ぶためのものではありませんが、ディズニーのキャラクターが歌うクリスマスソングが収録されています。アメリカらしい選曲です

概要
ミッキーマウスやドナルドダックなど、ディズニーのメインキャラクターが歌っています。ドナルドダックが歌っている部分は非常に聞き取りにくい英語になってしまいますが、ディズニー好きにはたまりません。ディズニーランドに行った気分すら味わえる、壮大なクリスマスミュージックCDです。16曲収録されており、中でも全員が交互に歌うThe Twelve Days Of Christmasは見事です。

「英語ができたら素敵だなぁ」と思えてきます。

悪い点
キャラクターが歌うので聞き取りにくい時がありますし、学習目的ではありませんから、もちろん解説など全くありません

「Frog and Toad」 CD Audio Collection

基本情報

  • 2,214円
  • 小学生の低学年(小児)〜高学年(小人)向け

おすすめポイント
日本の小学校の教科書にも使われている「がまくんとかえるくん」シリーズのうちの、4つのストーリーを集めた朗読CDです。朗読はのんびりしていますが英語の持つリズムや流れをつかみやすいです。

概要
「がまくんとかえるくん」シリーズの絵本と共に揃えることで、英語学習への効果もぐんと増しますが、心地よい英語はCDだけでも十分に楽しめます。

ゆっくりのんびり、でもはっきりと発音されている英語は聞きとりやすく、イントネーションとリンキング(つながり)感覚をはっきりつかむことができます。必要以上の効果音がないため、心地よくBGMとして流すこともできます。ただ、歌ではないため、内容をついつい確認したくなったり、一語一句確認したい学習者には不向きです。

内容を知るため日本語翻訳版の絵本を読んでおくなどの下準備ができれば、より効果的です。

悪い点
英文は単純で言葉も簡単ですが、お話であるため一定の語学力が必要となる内容です。精読は難しく、英語の感覚を楽しみ、大まかな意味をつかみ取る多読型学習にしか向きません。

「Froggy Gets Dressed」 With CD

基本情報

  • 1,293円
  • 小学生の高学年(小人)向け

おすすめポイント
もともとは絵本ですが、少し文章が多いのでCD付きの方が便利です。英文が長いのでストーリー性を楽しめる上、シリーズ物なので気に入れば何冊でも追加できます。子カエルの楽しい日々の物語です。

概要
ほのぼのした伝統名作絵本ではなく、現代風ジョーク満載の笑える絵本です。セリフで「フローーーギーーー!」と呼ぶところでは”Frrooogy!”と伸ばしてあるので、そこで改めて英語も同じように伸ばせることを知る子もいるかもしれません。

口語をうまく使い面白く仕立ててあるので、幅広い年代で楽しめます。ただ、簡単とは言え英文量は十分にあります。朗読の軽快さには救われるものの、実際にすべてを理解しようと思うと高い英語力が必要です。

悪い点
英文が長いので、楽しい朗読ですが右から左へと流れてしまう可能性があります。聞くだけではなく読みや問題集などを取り入れたまとまった英語学習をしていないと十分に良さを生かしきれません。

Disney Princess 「Sleeping Beauty」 Read-Along Storybook and CD

基本情報

  • 936円
  • 小学生の高学年(小人)向け

おすすめポイント
ディズニー映画を簡単にしたお話の絵本と、その朗読CDがセットになっています。セリフ部分は映画さながらの雰囲気で進められ、効果音も本格的です。ディズニー映画好きならきっと好きになります。

概要
セリフ部分は臨場感たっぷりですが、ナレーション部分はシンプルで聞き取りやすい英語ですから、いいメリハリがついています。文章はブツブツと切れる単純で短い文章ではなく、大人が聞いていても違和感なく聞ける本格的な文章であるため、一語一句理解することはできません。単語をピックしながらどんどん想像力を膨らませることができる子供たち向きです。

悪い点
英語のレベルが高いので、もともと英語を全く学習していなかったり、英語学習に乗り気ではない子にはハードルが高すぎます。下地ができていないとイヤになってしまう英文量と難易度です。

小学生向けの英語学習におすすめなDVD・映画とは?11個まとめ

次はDVD(映画)です。これなら親子で一緒に楽しめますね!

ドーラとABC

基本情報

  • 2,675円
  • 小学生の低学年(小児)〜高学年(小人)向け

おすすめポイント
アメリカで放映されている子供向け教育番組です。スペイン語も話せるドーラ(女の子)が繰り広げるアドベンチャーを通して社会ルールや勉強を学びます。アルファベット学習そのものが目的ではありません。

概要
テレビ番組なので映画ほど長く見続ける必要がありません。4話1時間半ほどのDVDです。英語が何かを教えてくれる番組ではなく、簡単な英語を使って単純な展開のお話を楽しむためのDVDですから、これを見てすぐ読めるようになったり話せるようになったりするわけではありません。

ただ、子供の好きな繰り返し要素を盛り込んであるため、そのあたりから徐々に親近感を持てる仕掛けはしてあります。

悪い点
英語にまだ全然慣れ親しめていない子には不向きです。楽しい雰囲気と英語独自のリズム感は味わえますが、文章レベルの英語を聞き流せない子が見るのは難しいでしょう。(リージョン2)

Backyardigans

基本情報

  • 1,299円
  • 小学生の低学年(小児)〜高学年(小人)向け

おすすめポイント
アメリカの子供なら誰もが知るアニメチャンネル、ニコロディオンの小さい子版、ニックジュニア製作の教育要素の高いアニメです。ミュージカルなので歌もたくさん盛り込まれています。

概要
登場人物がすべて動物で、しかもミュージカル仕立てとユニークです。はきはき話す英語はとても聞き取りやすく、優等生役、のんびりドジなタイプ、しっかり物役、とそれぞれのキャラもはっきりしていて、よくあるお決まりの展開で進みます。そのため話を想像しやすく、親しみやすいストーリーになっています。

悪い点
小さい子向けのチャンネルで、教育的要素が高く説教がましいところもあるため、見ていて不愉快になる小学生もいるかもしれません。割り切って楽しめないなら、向いていないかもしれません。(リージョン1)

くまのプーさん

基本情報

  • 2,191円
  • 小学生の低学年(小児)〜高学年(小人)向け

おすすめポイント
プーさんに登場するキャラクターはのんびりキャラが多いので、その分英語も聞き取りやすく、英語学習に向いています。凝ったストーリー展開はなく、画像を見ていれば大体の想像はつく簡単さも魅力です。

概要
3話まとめて収録されている総集編的役割のDVDです。プーさんのおかげで話はとにかくのんびりしか進みません。時々ラビットが急かすのと、ティガーがせわしないのが気になりますが、お話はいたって落ち着いたムードで進みます。プーさんの声は少しこもっているため聞き取りにくいかも知れませんが、スローなテンポでしか話さないので、何度か聞くことで慣れてきます。

悪い点
刺激に欠けるつくりなので、英語かプーさんに興味がないと楽しく鑑賞できません。(リージョン2)

40 Years of Sunny Days (セサミストリート)

基本情報

  • 3,528円
  • 小学生の低学年(小児)〜高学年(小人)向け

おすすめポイント
セサミストリート総集編です。古典的ですが古臭くはありません。以前の収録も逆に新鮮に見えるため、40年総集編も違和感なく楽しめます。親子揃って楽しめるはずです。

概要
古くからのセサミストリートを集めた5時間にものぼる大作DVDです。そのため一気に見るのは不可能で、適当なところで切り上げたり、好きなところだけ見て、楽しみましょう。

どのキャラクターが好きでも楽しめる偏りのない構成になっているのも魅力で、大物ゲストとのやり取りも一見の価値があります。

悪い点
英語が、エルモ以外はナチュラルスピードに近く早めなので、英語の聞き取りに自信がない場合は理解が難しいかもしれません。教育的な場面は分かりやすいですが、それ以外では難しすぎる部分もあります。(リージョン1)

Amazing World of Gumball

基本情報

  • 2,455円
  • 小学生の低学年(小児)〜高学年(小人)向け

おすすめポイント
アメリカの子供向けテレビ番組です。小学校学園もので、子供たちの声は本当に子供たちによって演じられているため、とてもかわいく聞き取りやすい上、自然に笑える面白さです。

概要
学園ものですが、高校ではなく小学校というところがポイントです。舞台は小学校であったり、小学生のいる家庭であったりで、どの登場人物の話す英語も聞き取りやすく、単純で短い英文です。

その上、ちょうど小学生くらいが笑えるくだらないジョークが満載なので、英語が聞き取れなくても楽しめます。もっとも、英語がわかれば尚おもしろいため、子供たちが「英語ができるようになりたい」と思ってくれれば一石二鳥です。

悪い点
まとまった量の英語が流れてくるため、色や数字を覚えるレベルでは一語もわかりません。一語一句理解しようとまじめに見入ってしまう子には不向きです。(リージョン

アナと雪の女王

基本情報

  • 3,127円
  • 小学生の低学年(小児)〜高学年(小人)向け

おすすめポイント
超有名アメリカ長編映画のDVDです。大人も楽しめるとは言え、英語はとてもシンプルでわかりやすく、クリアで素直な発音ですから、この映画が好きなら是非とも英語版もお気に入りにしてしまいましょう。

概要
映画そのものはあまりにも有名ですが、意外とその英語の簡単さは知られていないかもしれません。人気映画をお気に入りにできれば、あらゆる派生商品と結びつけて引っ張ることができるため、とてもお得です。

この映画に限らずですが、ディズニー映画で好きなキャラクターを見つけられればそのDVDを何十回も見て、続編を見て、簡易版洋書を読んで、ゲームをして、とあらゆる方向から攻めることが可能です。

悪い点
ディズニーが好きじゃない子には不向きです。ニコロデオンか、カトゥーンネットワークか、どこか好きなチャンネルがあるならその中から選んだほうがいいでしょう。(リージョンA)

LEAPFROG: LEARNING COLLECTION

基本情報

  • 2,499円
  • 小学生の低学年(小児)〜高学年(小人)向け

おすすめポイント
英語を学ぶことを目的としたDVDで、読み方や単語を学ぶ過程にあり、なおかつ効率よく学びたい人におススメです。「英語で学ぶ」スタイルではなく「英語を学ぶ」スタイルなので日本人向きです。(すべて英語です)

概要
リープフロッグ社は質の高い知育玩具で有名な会社で、以前は専用の機械がないと読み込めないソフトしかありませんでしたが、今はDVDで楽しめるため便利になりました。

DVDの発売年などの情報だけをチェックすると歴史があるようには見えませんが、それよりも随分前から、「英語の読み方」「文法」「読解力」などを、遊びながら学べるおもちゃを作ってきていますから、たまりたまったノウハウがDVDに詰め込まれています。価格も日本の教材ほど高くなくて非常にお得です。

悪い点
アメリカ人を対象にしたDVDなので文字を学び始める年代そのものが日本人とは異なります。そのため幼稚に感じることがあるかもしれません。

Bambi

基本情報

  • 2,410円
  • 小学生の高学年(小人)向け

おすすめポイント
ディズニーのバンビです。登場人物の多くは動物の子供たち。声はネイティブの子供たちが担当していて、ゆっくり少し舌足らずな発音が聞き取りやすく、英語学習にはぴったりです。

概要
長編映画なので、オーケストラ音楽や効果音だけで英語が流れないシーンもありますが、全編にわたり英語がとても聞きやすいのが特徴です。名作らしい落ち着いたテンポなので英語が聞きとりやすい反面、刺激には欠けますから今風のガヤガヤした作品に慣れていると見づらいかもしれません。

ただ、正しく美しい英語を聞くメリットは大きく、子供じみていないため親子そろって楽しめます。

悪い点
一度見て簡単にすべてを理解できる難易度ではありません。何度も同じDVDを楽しく見ることができる、繰り返しを好む子にしか向きません。また電子音や派手な色使いに慣れている場合は退屈します。(リージョン2)

サウンド・オブ・ミュージック

基本情報

  • 1,954円
  • 小学生の高学年(小人)向け

おすすめポイント
言わずと知れた名作です。テーマは重苦しいものの、出てくる歌はどれも親しみやすく、英語のみならず外国での暮らしぶりや非日常的な気分を味わえる大作です。

概要
登場人物に子供が多いのが魅力です。大人同士のシーンは仕方がありませんが、子供に語りかけるシーンでは大人の英語も一気に聞き取りやすくなります。時代背景が難しいので、英語に加え、日本以外の国が日本の外にはたくさんあることや、歴史的に繰り返されてきた戦争の話など、英語学習の下地作りにまで活用できる作品です。

悪い点
英語が難しいのと、映画が長いのとで、退屈する子もいるはずです。ギラギラした色使いも、キンキンした電子音も登場しない、少々年寄りくさい作品です。(リージョン2)

魔女の宅急便 スタジオジブリ 英語版

基本情報

  • 3,076円
  • 小学生の高学年(小人)向け

おすすめポイント
おなじみの日本映画の多くが英語に翻訳されています。好きな映画の英語版を探すのもひとつの手ですが、ジブリは日本語そのものに俗語が少なく美しいことから、英語版も非常に聞き取りやすく英語学習にぴったりです。

概要
Kiki’s Delivery Serviceと言えば、ほとんどの人が知っているというくらい有名な作品です。となりのトトロと並んで根強い人気です。丁寧に作られたセリフは英語にしても心地よく聞こえ、極端な抑揚がないためシンプルでナチュラルな英語を聞くことができます。お話を知っているというのも強みです。

日本語版と両方を持っていれば何度も見ることでかなりたくさんの表現を聞くことができます。

悪い点
ジブリが嫌いであればオススメできません。また、長編なので結構な時間を要するため、時間がない中勉強するような状況の人には不向きです。即効性はなく、繰り返し見る必要があります。(リージョン2)

Disney‘s World of English : ストレート・プレイDVD

基本情報

  • 要資料請求
  • 小学生の低学年(小児)〜高学年(小人)向け

おすすめポイント
50万円以上するセット教材の一部です。バラでDVDセットだけの購入も可能です。オールイングリッシュで一切日本語を挟まないのが特徴の老舗英語教材です。

概要
本来幼児向けですが、小学生でもまだまだ使えます。日本の教材ですが、日本語は一切使われていないところがこだわりです。外国の雰囲気をそのままに、日本人の弱点を考慮した構成になっており、耳で聞きながら映像を見ることで、英語をそのまま英語で習得するスタイルです。

DVDでなければ取り入れることのできないレベルの英語に最初から触れることができます。聞きやすいゆっくりとした上品な英語であることも魅力です。

悪い点
バラ売りとは言え、高額です。子供たちには教材の好き嫌いが必ずあるため、好んで使い続けることができる自信がないと購入できません。

以上となります。少しでも気になる商品がありましたらまずは試してみてはいかがでしょうか?記事が参考になりましたら幸いです!

現在はイギリス在住。子育てしつつライター業(経験年数7年)をしています。海外旅行が好きで現在は50か国ほどを渡航済み。フィリピンセブ島はハネムーンで訪れた思い出の地です。

ライター募集 フィリピン留学

編集部からのおすすめ記事一覧