SOU:DA いってよかった全ての人に! Phil Portal フィリピン留学エージェント始めました。記事を見る
フィリピン留学

この記事を書いた人

5年間勤めた会社を休職し、仕事に英語を活かすために留学された吉村さん。英語の必要性を実感しつつも、仕事に自信が付いたために職場を離れる(留学する)ことを迷っていたそうです。

スパルタ留学へ踏み切った吉村さんに、日本でのお仕事や留学をしてみての感想をお伺いしました。

吉村 美波さん(28歳)
リゾート運営会社勤務。海外からの旅行客が増えていることもあり、1年間の休職を決意してフィリピン・バギオへ留学。平日はスパルタ学習、休日はリフレッシュと、メリハリをつけた留学生活を送る。

留学先 JIC IBキャンパス
満足度
留学期間 3ヶ月
英語力 初心者(ホテルチェックイン等、決まったやりとりは可能)

留学の価格やコースはエージェントサイトから
By フィルポータル編集部
留学費用やコースを調べてみる

会社独自の「学習休職」を利用して留学

IMG_5876
— 吉村さんは留学前、どういったことをされていましたか?

大学卒業後に、リゾートの運営会社で5年間働いていました。国内の会社ですが、海外にも今は進出しています。日本には35カ所あって、私は東京出身ですが北海道を選びました。

— ご自身で選んで行けるんですか?

はい、選べます。楽しいです。第五希望まで出すんですけど、大体第一か第二で通ります。

— とても自由度の高い職場ですね。そんな職場を、留学するにあたって退職されたんですか?

いえ、1年間の休職でまた戻ります。私たちの会社は3年間働くと1年間もしくは2年間の「学習休職」という期間が誰でもとれるんです。

— 学習休職?

はい。1年間休むとその2倍、2年間は必ずい続けなければいけない。なので私は2017年の4月から2年間は必ず働くことになります。

— すごい仕組みですね。初めて聞きました。またその後3年間勤めたら、同じように学習休職をとれるのでしょうか。

はい、なんども取れますね。会社としてもメリットがすごいあるのだと思います。近頃は海外のお客様もかなり増えているので、語学が堪能なスタッフは重宝されていて。行ってこい行ってこいって感じです。

北海道も20〜30%の比率でお客様も海外の方で、国としてはアジアの方が多くいます。あとはオーストラリアだったり、ヨーロッパの方もすごい勢いで増えています。

— ちなみにこれまでに海外経験だったり留学っていうのは?

留学はなくて、旅行だけですね。日常会話は満足にはできないですね。仕事では海外のお客様がいらっしゃるので、チェックイン手続き等、決まった会話はできますが。

人生で1度は留学を。狙いは2カ国留学

人生で1度は留学を。狙いは2カ国留学
— アメリカだったりオーストラリアだったり、他の場所でも英語を学ぶことはできたと思いますが、フィリピンを選ばれた理由は何でしょう?

2カ国留学していた友人がの話を聞いたのが第一だったんですね。その方もフィリピン1カ国目にフィリピンを選んでいました。

私の会社にも韓国人や台湾人、中国人の従業員もいますが、その方たちも留学経験があって。仲のいい子がセブのJICに通った経験があり、その子が次に行きたい場所がバギオだったので、色々調べてバギオJICを見つけることができました最終的にはここに。

— ご友人や同僚経由でバギオを知ったんですね。バギオって地名、日本ではなかなか聞きませんよね。留学期間は合計で3ヶ月でしょうか?

そうですね、バギオが3ヶ月でバンクーバーが9ヶ月。トータルで1年。

— バンクーバーでも語学学校へ行かれるんですか?語学学校を挟まずに直接働こうとは考えなかったのですね。

最初はその予定だったんですけど、多くの方が学校で情報収集をするらしくて。英語学習よりは、情報収集をする形で語学学校へ1ヶ月、その後は働く予定です。

— ワーキングホリデーに行きたいのはお仕事を始めた時くらいからぼんやり考えてたんですか?

そうですね「留学経験を人生で一度はしよう」っていうのが、もやーっとずっとあって。後悔したくないのと、年齢と、あとは海外のお客さんもすごく増えてきているのもありますね。

5年間働くとその会社での自信も湧いてきて、やめたくないものの凝り固まってくる部分もあって。語学を磨きたい気持ちもあったため、思い切って相談したところ「行ってきな」っと会社の方が言ってくださいました。

ルームメイトは全員外国人。英会話にためらいがなくなった

ルームメイトは全員外国人。英会話にためらいがなくなった
— 1番良い時期だったかもしれないですね。バギオJICで勉強をして、吉村さんご自身に変化はありましたか?

ためらわずに話そう、と思える勇気はすごく変わったと思います。語学力は3ヶ月でまだまだなんですけど、マインドと、英語を話す習慣はついたと思います。ここは特に韓国の方が多いので日本語を忘れるくらいです。

宿泊しているお部屋も、日本人は私だけですから。

— すごい、英語を喋るしかない状況ですね。

そうですね。みんな勉強に疲れ果てて、「good morning」の挨拶しかしないなんてこともありました笑。だいぶハードですね。

— 留学前に、この分野が苦手だったとかはありましたか?

私の場合は何も考えずに来ました。今はリスニングが本当に難しいです。でもみんな口を揃えてリスニングが伸びたっていうんです。

— やっぱりそうですよね。耳が慣れてくる感じ。

そうですね。あとはライティングがすごく大事だと聞いて、今はエッセイを書く練習をしています。先生に見てもらって、直してもらって、自分の言いたいことを表現できるような訓練をしています。書けることは喋れることだよって教えてもらって。

— 平日はとにかく勉強、という感じですね。休日はどのように過ごしてますか?

休日は全く勉強しないっていう方法をとっています。外に出るようにして、遊ぶ時間と勉強に集中する時間を切り分けることで英語学習に励みました。

— 週末にそういう時間があれば「よし頑張ろう」って感じになりますもんね。フィリピン留学も今週でラストですが、留学前や留学中、これをやればもっとよかったなっていう反省、後悔はありますか?

そうですね、何を話すにも単語って重要だなって思いました。ただ人によるんですよね。留学経験があった子には「単語全然必要ないよ、できるよ」っていう方もいました。

それを聞いて、車の中とかで半年間くらい、すごい簡単な教材をずっと聞いてたんですよね。でもやっぱり、知ってる単語は多いほうが良いと感じました。

— もっとスムーズに授業の理解が進んだかなっていう感覚ですかね?このあともまた海外ですから、留学の成果がよくわかりそうですね。

そうですね。3ヶ月の間に、身について、忘れて、また思い出してといったことを繰り返して語彙が定着していきました。ちょうど良かったです、3ヶ月。

薬持参のススメ。勉強に集中するには体調も大切

薬持参のススメ。勉強に集中するには体調も大切
— バギオで3ヶ月過ごして、体調を壊されたりは?

1回だけ寒すぎて喉を壊しました、1週間くらいですかね。日本の薬を持ってきたのですぐ治って、今はすごい元気です。

— これからフィリピン留学くる人とかにアドバイスするとしたら、何を持ってきた方がいいですか?

私の場合は、喉・鼻系と胃薬、あと忘れちゃったんですけどもうひとつ。網羅できるように持ってきました。結構お腹を壊してる日本人の方いるので、体が強い方でも絶対持ってきた方がいいと思います。

— 気になって勉強に集中できないですよね。

私は普段、薬飲まない人なんですけど、今回はちょっと怖かったので飲みました。すぐ治ってよかったです。

— 正解でしたね。

そうですね。日本人には日本の薬がマッチしてると思います。絶対持ってきた方がいいですね。私は無くなったので、また送ってもらいました。1箱だけ持って行ったらが四日分しかなくて、1週間だと足りませんでした。

留学後は会社に戻り、国際的な仲介役を担いたい

留学後は会社に戻り、国際的な仲介役を担いたい
— 留学後についてお伺いしたのですが、中長期的に「英語を生かしてこんな風に生きていきたい」なみたいなイメージはありますか?個人的な将来像とか。

2017年に会社に戻り、必ず2年間はそこに勤めることになります。もちろんやめる気はありません。私はリゾートの広報担当なんですけど、そのリゾート自体が海外のお客様をたくさん呼ぼうという方向に動き始めています。

国際的な仲介役として日本の魅力を広げていきたいのと、実際に来ていただいた海外の方が、日本の体験を持ち帰って「また来たいな」思ってもらえるようなサイクルを作り続けたいですね。

— 身につけた力を生かし、踏み込めなかった領域に挑戦していくんですね。では最後の質問ですが、JICのバギオのIBキャンパスに留学してみて、満足度を星5つで表現するといくつになりますか?

星5つです。私の場合は楽しめたってことが1番の理由ですね。ストイックな環境を与えてくれたシステムと、日本語を忘れてしまうくらい英語を喋る機会が多かったことに感謝をしています。

あとは気候がヒットしたのと、心配していた食事も問題なかったので。

— 表情から、満足度が伺えます。もうひとつおまけに、フィリピン留学を検討されている読者さんにアドバイスとか、私はこんな風に留学してうまくいきましたみたいな一言をおねがいします。

迷っている方は絶対にきた方がいいと思います。どんな環境でも楽しんだ者勝ちですから。

— ありがとうございます。最後バッチリきまりました。

インタビュー後記

日本語を話す暇がないほどのスパルタ学習を楽しみきっている吉村さんからは、並々ならぬ決意を感じました。

また満足した表情が伺える点は、バギオJICが留学生のニーズを捉えているとも取れますね。お話ししていてこちらまで楽しくなってくるインタビューでした。

JIC IBキャンパスについて気になる方はこちらからご相談ください!
留学カウンセラーに相談してみる

インタビューと社会派コラムを担当するライターです。いろんな場所に行って、たくさんの人と話して、その声を代弁できる情報屋でありたいと思っています。個人ブログ(さぐりさぐり、めぐりめぐり)で紀行文・コラムも書いてます。 Phil Portal全員のメンバー紹介ページはこちら

SOUDAバナー

編集部からのおすすめ記事一覧