SOU:DA いってよかった全ての人に! Phil Portal フィリピン留学エージェント始めました。記事を見る
グルメ

この記事を書いた人

IMG_6516

知らない土地で、よくある悩みのひとつ「食事場所」。できることなら美味しいものを食べたいですよね。

「サンフェルナンドに来るのは今日が初めて。夕飯はどこで食べよう?」

今回は、そんな時に行きたいお店「Halo-Halo de Iloko」をご紹介。

予算

  • 300〜400ペソ(※約630〜840円)
  • ハロハロだけなら100〜200ペソ(※約210〜420円)

※2016年8月現在のレートで計算

Halo-Halo de Ilokoの場所・行き方

トライシクルを捕まえて「ハロハロ」と伝えましょう。出発地点が街中であれば、50ペソ(※約100円)程度で到着します(所要時間は10分〜15分が目安)。

 

IMG_6430
お店の外壁は手書きの装飾があり、手作り感にあふれています。

Halo-Halo de Iloko店内の雰囲気

IMG_6433
店内にはたくさんの家族連れのお客さんがおり、みな夕飯を食べに来ているようでした。

 

IMG_6508

IMG_6511
お土産物や、体に良さそうな食べ物が置いてあったり、

 

IMG_6502
木工が盛んなのか、椅子やテーブルがとてもしっかりした作りだったり、

 

IMG_6441
両面にプロペラがついた不思議な扇風機があったり、

 

IMG_6495

IMG_6497

IMG_6432
たくさんの飾り物があったりと、なにかテーマ性を感じる店内です。

Halo-Halo de Ilokoのメニュー

Halo-Halo de Ilokoメニュー
メニューを眺めると、レストラン兼バーのような感じでした。店名にあるように、ハロハロを看板にしつつ、お腹の脹れるフィリピン料理もあり、フレンチフライといったスナック感覚の食べ物等も揃えてありました。

Halo-Halo de Ilokoのメニューを実食

IMG_6468
ご飯ものと、ハロハロに挑戦しました!

 

IMG_6457
ポークシシグセット。見た目よりもボリュームがあり、結構お腹が膨れました。酸味がちょうどいい具合に効いていて、筆者(フィリピン在住歴1年強)が食べてきたシシグのなかでも上位のおいしさ。

 

IMG_6467
チキンフライセット。歯ごたえのあるお肉に、人参のスライスを焼いた(炒めた?)もの。しっかりと味が付いていて、ご飯が進みました。ハロハロじゃなくとも、十分に看板を張れるのでは?と感じました。

 

IMG_6473
フレンチフライ。こちらはいたって普通のフレンチフライでした。

 

IMG_6474
ブコハロハロ。ココナッツの身を丸ごとくり抜いて作ったハロハロです。とにかくでかい!甘い!

 

IMG_6486
タバコ、レギュラーハロハロと比較してみるとその差は一目瞭然です。ゼリー、ブコ(ココナッツ)トウモロコシ、氷などなどが入った甘々なデザート。これ単体でもお腹いっぱいになるくらいのボリュームでした。

まとめ:ハロハロもご飯もしっかり食べられるお店 (店内の雰囲気はクラフト好きに合いそう)

IMG_6507
テーマの追求はお会計時にも感じられました。かわいいカゴですね。Halo-Halo de Ilokoは、ハロハロのお店なのかな?と思いきや、お腹も満たせるお店でした。ハロハロを目的に来る場合、ご飯を食べないことをオススメします(お腹がいっぱいになってしまうため)。

Halo-Halo de Ilokoの基本情報

英語名 Halo-Halo de Iloko
住所 Zandueta St, San Fernando, La Union
営業時間 9:00〜21:00
定休日 なし
電話番号 0917 852 7919
WiFi環境 遅い(ネットサーフィンが辛うじてできる)
公式サイト Halo-halo-de-Iloko

放浪系フリーライター。引っ越しは年に4回くらい。日本ではゲストハウスに住み込みで働きながら執筆をして生計を立てていました。現在はセブ島でコンテンツライティングのお仕事をいただきながら編集と英語の勉強中。個人ブログ(放浪系フリーライターの日常)も書いています。味覚がハジケルほど旨みのある暮らしを追い求めています。 Phil Portal全員のメンバー紹介ページはこちら

ライター募集 ライター募集

編集部からのおすすめ記事一覧