SOU:DA いってよかった全ての人に! Phil Portal フィリピン留学エージェント始めました。記事を見る
ローカル

この記事を書いた人

最近ではLCCのおかげで、セブ島渡航がかなり安くなりました。

2013年頃は日本からセブ島への直行便はかなり高額でした。しかし、最近では安いとき(プロモ)だと1万円以下で航空券が購入できます。東京から大阪まで新幹線で行くよりも安い金額です。すばらしいですね。

というわけで、当記事ではセブ島への直行便の金額と航空券の購入方法をまとめまます。記事をしっかり読んで、お得なチケットを買いましょう。

記事のもくじ

1. セブ島行きの直行便の金額

2. セブ島行きの格安航空券(直行便 or 経由便)の購入方法・手順

3. 【番外編:経由便の利用】マニラでの乗り継ぎに関する注意点

1. セブ島行きの直行便の金額

1. セブ島行きの直行便の金額
セブ島行きの直行便は時期やキャンペーンの有無により大きく金額が変わります。格安航空券(プロモ)と通常料金の概算をまとめます。

1-1. 格安航空券(プロモ)の場合の相場金額

よくセブパシフィック航空券がプロモをやっています。プロモの航空券を利用すると、往復チケットが15,000円程度で購入できます。

1-2. 通常料金の場合の相場金額

セブ島行きの直行便(片道)の平均料金をまとめます。

航空会社 金額(閑散期) 金額(繁忙期)
セブパシフィック航空 30,000円程度 35,000円以上
フィリピン航空 35,000円程度 45,000円以上
大韓航空 40,000円 60,000円以上

金額はあくまで目安です。詳細な料金は各航空会社の公式サイトをご覧ください。

閑散期と繁忙期とは?
セブ島への渡航者が少ない時期を閑散期といい、渡航者が多い時期を繁忙期と呼びます。一般的には繁忙期は夏休みや冬休みシーズン(7月、8月、12月、1月)であり、閑散期はそれら以外の時期です。

2. セブ島行きの格安航空券(直行便 or 経由便)の購入方法・手順

2. セブ島行きの格安航空券を購入する方法・手順
セブ島に行くには、2つの方法(直行便を使う方法・経由便を使う方法)がありますが、ネットで格安航空券を購入する手順は同じです。

  • 手順1. セール情報をチェックする
  • 手順2. スカイスキャナーを使って格安航空券を探す

詳細は下記記事をご覧ください。

フィリピン行きの格安航空券を購入する方法【2015年版】
フィリピン行きの格安航空券を購入する手順と方法をまとめました。記事の方法に従うことで、最安値で航空券を購入することができます。航空券代金を節約したい方はぜひ記事をご覧ください。

3. 【番外編:経由便の利用】マニラでの乗り継ぎに関する注意点

3. 【番外編:経由便の利用】マニラでの乗り継ぎに関する注意点
『日本→マニラ→セブ島』のルートでは乗り継ぎに失敗する人が多いです。

ポイント
『マニラ→セブ島』の飛行機への乗り継ぎは、少なくとも1時間はかかります。

たまにマニラからセブ島への乗り継ぎの航空券で、乗り継ぎ時間が30分程度しかないものがあります。こういった航空券は購入しないことをおすすめします。マニラの乗り継ぎは空港がややこしく、スムーズに手続きをしても40分程度はかかります。初心者の場合はさらに時間がかかるでしょう。乗り継ぎ時間は少なくとも1時間は見積もっておきましょう。

以上、セブ島行きの直行便の金額と航空券購入の手順をまとめました。
オンラインで航空券を購入してお金を節約しましょう!

フィルポータルを作りました※2016年10月まで運営管理していました。ITとセブ島とお酒を愛しています。新卒で海外就職(セブ島)して11ヶ月後に退職。今はフィリピンを拠点にゆるくフリーランスをしています。個人ブログではSEO・プログラミング情報を中心に発信しています。

SOUDAバナー

編集部からのおすすめ記事一覧