SOU:DA いってよかった全ての人に! Phil Portal フィリピン留学エージェント始めました。記事を見る
ショッピング

この記事を書いた人

フィリピン・バギオの日用品はどこで買う?値段は?その疑問にお答えします。

フィリピン・バギオ留学を控えている人が準備することの一つ、「荷造り」。

特にバギオ留学を検討していると、セブと違って有名な観光地ではないので、ちゃんとしたお店があるのか心配になりませんか?女子の心配たるや男子に勝るものがあると思います。

そこで、今回はフィリピンのなかでもバギオ留学を検討中のフィリピン初心者の皆さんに向けて、バギオで購入できる日用品やその代表的な購入場所を合わせてご紹介します。

関連:フィリピン留学の持ち物リスト【2016年:完全版】
関連:フィリピン留学で持っていくと女子力が高くなる持ち物7つ♡

バギオで日用品買うなら「SMモール」へGO!

バギオで日用品買うならとりあえずSMモールへGO!
「バギオで留学生が買い物をする」=「SMモールに行く」といっても過言ではありません。日用品が揃うスーパーの他にも映画館、洋服屋、電気屋、お土産物屋、フードコートなどがあり、大体のものはここで揃います。

 

バギオ SM 
入り口の近くにはATMコーナーがあるので、クレジットカードでキャッシング設定している人はすぐに現金を引き出すことができます。

フィリピンでATMを使う方法【キャッシュカード編】
フィリピンでATMを使う方法【クレジットカード編】
フィリピンペソ換金は「クレジットカードのキャッシング」が最安です

SMモールの場所・行き方

場所はバギオの中心ど真ん中。セッションロードを上がった先に位置しています。

タクシーで行く場合は「SMモール」といえば通じます。ジプニーで行く場合はセッションロードの始まり部分にターミナルがありますが、そこからでも徒歩10分程度しかかかりません。

SMモール内のスーパーマーケット

バギオで日用品買うならとりあえずSMモールへGO!
沢山のお店があるSMモールですが、日用品を購入するならば1階のスーパーが便利。早速どんな日用品が購入できるか見ていきましょう。

 

SMモール内のスーパーマーケット
シャンプー、リンス:約100〜200ペソ(約230〜460円)

日本でもおなじみのパンテーンとダヴはバギオでも一般的なブランド。日本から持ってくるのは、学校到着初日分だけあれば大丈夫。使い捨てのサンプルなどがオススメです。

日本のシャンプーがいい!こだわりたい!という方はSMモール内のデパートに行くと、日本ブランド含め、かなりの種類が揃っています。

 

SMモール内のスーパーマーケット
生理用品:約30〜100ペソ(約69〜230円※)

種類豊富です。そりゃあそうです。世界中どこの女性でも生理現象はありますから。フィリピンの生理用品の使い心地は日本の物とさほど変わりません。詳しくは下記記事をご参照ください。

【男子禁制】中身まで大公開!?フィリピンの『生理用品』情報まとめ

 

【男子禁制】中身まで大公開!?フィリピンの『生理用品』情報まとめ | フィルポータル
洗剤・柔軟剤:約50〜150ペソ(約115〜345円※)

小分けパックが10個程度連なったものから大袋まで、用途に合わせて様々な量が揃っています。粉洗剤がメインですが、液体洗剤もあります。柔軟剤は日本でもお馴染みダウニーブランドもありました。

 

【男子禁制】中身まで大公開!?フィリピンの『生理用品』情報まとめ | フィルポータル
お菓子:約10〜50ペソ(約23〜115円※)

クオリティはさておき、スナック菓子、チョコ、飴、グミ…考えられるようなお菓子は大体あります。ロッテのガムやチョコなど、日本でも目にするブランドも割高ですが、購入できます。

 

SMモールのスーパー
ハンガー:約65ペソ(約149円※)

学校に備え付けでなかったり、足りなかったりで意外に現地で皆さん購入するのがハンガー。日本で購入するのとほぼ同じ価格帯です。

 

SMモールのスーパー
(バス)タオル:約200〜300ペソ(約460〜690円※)

タオルも現地で追加購入する人が多い一品。しかし、現地調達しようとすると少々お高い印象があります。また、有色のものは色落ちが激しいので購入する際は白をお勧めします(経験者談)。

 

SMモールのスーパー
SMモールのスーパー
靴下(2足セット):約100ペソ(約230円※)、下着:約300ペソ(約690円※)

布製品は高いですね…。女性はバギオの予想以上の寒さにタイツが欲しくなるかもしれません。その場合は、SMモールのデパート、ストックングコーナーで1足500円程度で購入できます(高い!)。

 

SMモールのスーパー
ビーチサンダル:約100ペソ(約230円※)

部屋のスリッパ代わりに重宝するビーチサンダルは一足あると便利です。

この他にも、日本のスーパーで売っていそうなものは大体バギオでも販売しています。こだわりがなければ、全て現地調達で済むかと思います。

衛生用品はドラッグストアへ

SMモール ドラッグストア
SMモールの1階、2階には大手ドラッグストアチェーン「Watsons」があります。スーパーでも同じような商品が販売していますが、衛生用品だけまとめて買いたい場合はこちらで買うと種類が豊富。もちろん薬も購入できます。

 

フィリピン・バギオの日用品はどこで買う?値段は?その疑問にお答えします。
男性の必需品髭剃りも種類が豊富!

 

バギオ SM ドラックストア
メイベリンの化粧品もありました。

バギオにはコンビニもちゃんとあるよ!

バギオにはコンビニもちゃんとあるよ!
セッションロードなど、大通りには安心の「セブンイレブン」があります。SMまで行かなくても、ここでちょっとした日用品は購入できます。

 

バギオにはコンビニもちゃんとあるよ!
バギオにはコンビニもちゃんとあるよ!
カップヌードル:約20〜50ペソ(約46〜115円※)

日清カップヌードル、辛ラーメンはこちらでもお馴染み!小腹が減った時に重宝します。

 

バギオにはコンビニもちゃんとあるよ!
バギオにはコンビニもちゃんとあるよ!
コアラのマーチ:52ペソ(約119円※)

日本のお菓子はこちらでも人気。

個人的にお勧めなのが、フィリピンブランド「Deka」。ロール状のクッキーにソフト状のチョコが入っているのですが、日本でも購入したいくらいクオリティが高いです。おいしくて、あるとつい買ってしまう…。

 

バギオにはコンビニもちゃんとあるよ!
ヤクルト:1本10ペソ(約23円※)

フィリピンではヨーグルトが高い→乳酸菌はヤクルトで摂取するのが良いでしょう!ほぼ全てのスーパーやコンビニで購入できます。

 

バギオにはコンビニもちゃんとあるよ!
水(500ml):約15ペソ(約34円※)

涼しいのでセブ島ほど喉は渇かないものの、坂が多いバギオでは町歩きをしていると意外と喉が乾くものです。

まとめ:バギオで日用品を買うならSMモールへ!コンビニも使える!

バギオでまず何か買おうと思ったら、SMモールに行けば間違いありません。チェックすべきはまずはスーパー、こだわりが強い人はデパート・ドラックストトアに行けば大体のものは揃うと思います。

現地で購入できるものは現地で購入して、スマートな荷造りを心がけましょう。

猫と映画をこよなく愛する埼玉人。会社を辞めて、気がついたらセブ島で生きていました。最近の悩みは街中の猫を気軽に触れないことと、マンゴー食べ過ぎて更に太ったことです。ライター兼Webマーケター兼フィルポータル料理人目指してます。

ライター募集 GATEバナー

編集部からのおすすめ記事一覧