SOU:DA いってよかった全ての人に! Phil Portal フィリピン留学エージェント始めました。記事を見る
英語学習

この記事を書いた人

「ネイティブみたくかっこいい英語を話したいなぁ…。」

日本人なら誰しもが思うことではないでしょうか?

ではネイティブのようにかっこよく英語を話すためには、膨大な量の英単語を覚える必要はありますか?

その答えは『No』です。

実は、日常会話で必要な単語数は2,000語程度と言われています。
では、日本の英語教育における、英単語の到達目標数をご存知でしょうか?

  • 中学卒業時の目標数:1,500語
  • 高校卒業時の目標数:3,000語

つまり、学生時代にしっかりと英語学習に取り組んでいた方は、日常会話で必要な英単語は把握しているということになります。

では、高校卒業時までしっかりと英語学習をしたら、ネイティブと対等に話せるでしょうか?

その答えは『No』です。

なぜなら、ネイティブはスラングを使うからです。
スラングとは『ある特定の集団でつかわれる、非正規の表現』という意味です。

例えば、「I screwed up. 」。これは「ミスった」という意味になります。
単語ごとの意味を知っていても、日本人には理解できない部分ですね。

ではどうすればよいか?

答えはかんたんで『暗記する』だけです。
英単語を頑張って暗記したように、スラングもフレーズごとに暗記してしまいましょう。

そこで今回は、かっこいい英語のスラングを50フレーズをまとめました。
英語ネイティブとの会話についていけるように暗記してしまいましょう。

こちらもおすすめ
年間3万人の日本人が留学する、フィリピン留学をご存知ですか?
フィリピン留学の5つメリット!セブ歴730日の僕がまとめたよ!

英語学習のおすすめ
100%コミット英会話【englishcentral】
【TOKKUN】

フィルポータルから緊急告知!8/27【フィリピン留学×NGO】4団体合同イベントを日本・マニラで同時開催します!!
ぜひこの機会に直接話を聞きに来てください!!

記事のもくじ

ネイティブが使うかっこいい英語のスラング

16629661327_aa1d1f1d00_k

Shut up.(シャット アップ)

意味:だまれ。

使用例
A: Are you putting on a little weight?(ちょっと太った?)
B: Shut up!(だまれ!)

Hold up.(ホールドアップ)

意味:待ってくれ。

使用例
A: I have to go home now.(そろそろ帰らなくちゃ。)
B: Hold up!(ちょっと待ってくれよ!)

Have a cow(ハヴァ カウ)

意味:激しく怒る

使用例
A: Oh no I scratched the paint on his car.(彼の車に傷をつけちゃったよ。)
B: He’s going to have a cow when he finds it.(見つけたらカンカンだろうな。)

It is what it is.(イットイズ ワットイットイズ)

意味:それが現実だ。

使用例
A: I can’t believe he is popular with girls.(奴がモテるなんて信じられないよ。)
B: It is what it is.(それが現実だよ。)

Where’s the fire?(ウェアイズ ザ ファイヤ)

意味:そんなに急いでどこに行くんだ?

使用例
A:Where’s the fire?(どこに行くんだ?スピードの出しすぎだ。)
B:Hey officer, I was going just a little fast!(おいおいおまわりさん、ちょっと速かっただけじゃないか!)

Hang in there.(ハングインゼァ)

意味:くじけるな、負けないで

使用例
A: Happy birthday. Hang in there.(誕生日おめでとう。今の(状況に)凹むなよ。)
B: Thanks. (ありがと。)

Bring it on down(ブリング イッオン ダウン)

意味:やりきる (特に難題を)

使用例
A: what is going on your project.(君のプロジェクトはどうなってるの?)
B: honestly , it’ behind schedule.(実を言うとスケジュールから遅れているんだ)
A: Anyway you should bring it on down.huh ?(とりあえずやりきらなきゃいけないってわけだね)

Do me a favor.(ドゥーミー ア フェーバー)

意味:頼みがある。

使用例
A: Do me a favor.(頼みがあるんだが。)
B: Sure, how can I help you?(いいよ、何だい?)

Speed things up.(スピード スィングス アップ)

意味:迅速になしとげる(得に仕事などで)

使用例
A: I don’t suppose you could speed things up?(もっと早く作業ができてもおかしくないんだけど?)
B: If you’re in such a hurry, you could lower a rope or a tree branch or find something useful to do.(もしそんなに急いでいたら木からつり下ろすロープや役にたつ何かをみつけてしまうのだわ[自殺を暗示していて 生き急ぎすぎだと皮肉をいっている])

Suck it up.(サッキット アップ)

意味:我慢しろ。

使用例
A: Too many insects here! I can’t stand it!(ここは虫が多すぎる!我慢できないよ!)
B: Suck it up.(我慢するんだ。)

Damn it.(ダミッ)

意味:ちくしょう。

使用例
A: Damn it, my eyes are spinning.(ちくしょう、目が回ってるぜ。)
B: You overdrank.(飲みすぎなのよ。)

Easy as pie.(イージー アズ パイ)

意味:とても簡単だ

使用例
A: So you’ve already done your homework?(もう宿題終わったの?)
B: It was easy as pie and I finished up in 15 minutes.(すごく簡単だったから15分で終わっちゃったよ。)

Why the rush?(ワイ ザ ラッシュ)

意味:何を急いでるの?

使用例
A:I’m late for school!(学校に遅れちゃう!)
B:Why the rush? It’s Sunday today.(何急いでるの?今日は日曜日だよ。)

Do you.(ドゥーユー)

意味:(あなたの)真似をする。

使用例
A: Yeah, yeah. They even do you.(うん、マジよ。あなたの真似もやってたわよ。)
B: They do me?(俺の真似?)
A: You know like… uh okay… uh… ‘Could that report be any later?(そう、例えば…えっとそうね、あの…「このレポートこれ以上遅れられる?」とかね。)

Get over it.(ゲットオーバーイット)

意味:乗り越える

使用例
A: I’m disappointed at the horrible result of the test.(テストが散々な結果でがっかりだよ。)
B: It is the past. Get over it.(過去は忘れて乗り越えようよ。)

Say wussup.(セイ ワッサップ)

意味:(調子は)どうよ?

使用例
A: say wussup?(最近どうよ?)
B: just board.(退屈してるんだ)

No bullshit.(ノー ブルシット)

意味:本当だね。

使用例
A: She is so cool.(彼女イケてるな。)
B: No bullshit.(本当だな。)

in my book.(イン マイ ブック)

意味:私の考えでは

使用例
A: In my book, baseball is the most interesting sport in the world.(私が思うに、野球こそ世界一面白いスポーツだね。)
B: No, nothing is more fun than football.(いいや、サッカーより面白いスポーツなんてないね。)

Dead tired.(デッド タイアード)

意味:へとへと

使用例
A: Finally we’ve done it!(とうとうやり遂げたな!)
B: I’m dead tired now.(もうめちゃくちゃ疲れたよ。)

Walk it off.(ウォーク イット オフ)

意味:耐えなさい。

使用例
A: It hurts to death!(痛すぎます!)
B: Walk it off man.(男なら耐えるんだ。)

Piece of cake.(ピース オブ ケイク)

意味:とても簡単だ

使用例
A: I didn’t know such a good way!(そんないいやり方があるとは知らなかった!)
B: See? It’s a piece of cake!(どうだ、簡単だろ?)

Stay over.(ステイ オーバー)

意味:一晩泊まる

使用例
A: You wanna stay over? I mean, I’m going to, so…(あの、えっと、もし泊まりたいなら良いわよ?だって私もそうするし…)
B: Yeah, I’d really like that.(あぁ、俺もそうしかったんだ。)

Sit on the fence.(シット オン ザ フェンス)

意味:決めかねている

使用例
A: Which club are you going to join?(どの部活に入るの?)
B: I’m sitting on the fence.(まだ決められないんだ。)

to give someone the moon door(トゥー ギブ サムワン ザ ムーン ドアー)

意味:誰かと別れる。仕事から解雇される。

使用例
A: say wussup with your girl friend ?(最近彼女とどうなの?)
B: I finaly gave her the moon door ([自分から]分かれたよ)
A: For real ?(まじで?)
B: Or I should mention it about it her game me the door.(っていうかまぁふられたんだけど。)

Same old same old.(セイムオールド セイムオールド)

意味:いつも通り

使用例
A: Hi, how are you doing?(やあ、元気でやってるかい?)
B: Not bad, the same old same old.(悪くはないわ、いつも通りね。)

Good grief.(グッド グリーフ)

意味:たまげたなあ。

使用例
A: We lost a game again.(また負けちゃったよ。)
B: Good grief, you lost three games in a row.(やれやれ、これで3連敗じゃないか。)

go ahead and bounce(ゴー アヘッド エンド バウンス)

意味:さぁかえろうぜ (男言葉として)

使用例
A: Jake, go ahead and bounce, homey. Get up out of here. We got your back.(ジェイクさぁかえろうぜ。ここをでなくちゃ。俺がついてるから大丈夫だよ)
B: What?(本当?)
A: It’s like that.(ほらね)

It’s a shame.(イッツ ア シェイム)

意味:それは残念だね。

使用例
A: My favorite baseball player has announced he will retire.(お気に入りだった野球選手が引退を表明したんだ。)
B: Oh it’s a shame.(それは残念だね。)

How dare you!(ハウ デア ユー)

意味:よくもそんなことを!

使用例
A: Yes I was two-timing her.(そうだよ二股をかけていたんだ。)
B: How dare you!(よくもそんなことができたわね!)

Cut it out.(カット イット アウト)

意味:よしなさい。

使用例
A: Let’s play a game!(ゲームしようぜ!)
B: Cut it out. What about homework?(やめなさい、宿題はどうしたの?)

Chick-flick(チック フリック)

意味:女性向けのロマンス映画

使用例
A: Hi, how was the movie?(ねぇ、映画どうだったの?)
B: Total chick-flick. It sucked!(完全に女向け。最低だったよ。)

I could eat a horse.(アイ クッド イート ア ホース)

意味:お腹ぺこぺこだよ。

使用例
A: What? You’ve had nothing today?(何だって?今日何も食べてないの?)
B: I could eat a horse now.(もうお腹ぺこぺこだよ。)

or naw(or nah)(オア ナー)

っぽい? (質問のあとにいらないかな? とやわらかく付け足す)

使用例
A: Do you want some cofee or naw.(コーヒーいるっぽい?)
B: nah, I prefer to tea.(あーお茶がいいっぽい)

Same difference.(セイム ディッフェレンス)

意味:似たようなもんだ。

使用例
A: Should I buy this car or that red one?(この車にしようかしら、あの赤いのがいいかしら。)
B: Same difference.(どっちも似たようなもんじゃないか。)

Watch out.(ウォッチアウト)

意味:気をつけろ。

使用例
A: Watch out, a snake has appeared!(気をつけろ、ヘビが出たぞ!)
B: Oh no what should I do?(どうしよう!?)

That will be the day.(ザット ウィル ビー ザ デイ)

意味:そんなことはありえないだろう

使用例
A: What’s in the satchel?(カバンの中身は?)
B: It’s full of money.(お金でいっぱいです)
A: Yeah, that’ll be the day. (んなわけないでしょう?)

Walk in the park.(ウォーク イン ザ パーク)

意味:朝飯前

使用例
A: You got a good mark in the test!(テストでいい点取ったんだってね!)
B: It was like a walk in the park.(朝飯前だったよ。)

The world is your oyster.(ザ ワールド イズ ユアー オイスター)

意味:何だってできるさ。

使用例
A: I won the gamble today!(今日は勝ってきたぜ!)
B: Now the world is your oyster. How much did you win?(なら何でもやり放題じゃないか。でいくら勝ったんだ?)

That’s that.(ザッツ ザット)

意味:それはそれで仕方ない。

使用例
A:Why did you break up with her?(どうして彼女と別れたんだ?)
B:She has loved another guy so that’s that.(他に好きな奴がいたんだ、まぁそういうことだ。)

Keep it down.(キープ イット ダウン)

意味:お腹に(食べ物を)流し込む、音を立てないように静かにする

使用例
A: OK, try this salmon mousse.(じゃあ、このサーモンのムース試して。)
B: It’s creamier than the other one.(前のよりもクリーミーだな。)
A: Yeah, well, is that better?(あの、それってマシってこと?)
B: I don’t know. I’m just happy I’m keeping it down, you know?(知るかよ。吐き出さないだけマシだろ、な?)

Vice versa(ヴァイス ヴァーサ)

意味:逆もまた同じ

使用例
A: I’m sure she loves him.(きっと彼女は彼のことが好きだよ。)
B: And vice versa?(逆もありだろうか?)

A aces with B.(A エイセス ウィズ B)

意味:BがAに敬意を払う

使用例
A: I hate that Math teacher(あの数学の先生は嫌いだ)
B: its okay with personal feeling but you should ace with him atl all(個人的な感情はともかく君は彼に敬意は払うべきだよ)

【使用注意】悪口や汚い英語のスラング

9433393337_6a5cd171b6_k
ここ以降のスラングは使い方によっては相手に悪い印象を与えてしまう場合があります。利用の際には、本当に仲の良い友人にしか使わない or 使う前にネイティブの友達に聞いてみるなどして、細心の注意を払いましょう。

I don’t give a damn.(アイ ドン ギブ ア ダム)

意味:知ったこっちゃないよ。

使用例
A: I think you should quit smoking.(あなたは煙草をやめるべきよ。)
B: I don’t give a damn what you think.(君が何を思おうと知ったこっちゃないよ。)

son of a bitch.(サン ノブ ビッチ)

意味:くそったれ

使用例
A: Don’t smoke here, you son of a bitch!(ここで煙草を吸うんじゃない、このくそったれが!)
B: I don’t give a fuck.(知ったこっちゃないね。)

Kiss my ass.(キック マイ アス)

意味:くたばれ

使用例
A: Get out of here or kiss my ass!(ここから出て行け、さもなきゃくたばれ!)
B: I apologize it. Please forgive me.(謝るからさ、許してくれよ。)

Don’t you dare!(ドンチュー デァ)

意味:やめてよ!

使用例
A: I’m going to tell her about it.(このことは彼女に言うからな。)
B: Don’t you dare!(よしてくれ!)

You’re no match for my brains.(ユアー ノー マッチ フォー マイ ブレインズ)

意味:君はバカだ (私はあなたより賢い)

使用例
A: Vizzini: I can’t compete with you physically, and you’re no match for my brains.(まったく君には参道しかねないよ。そして君はバカだね!)
B: Westley: You’re that smart? (そんなにあなたって賢いの?)

Piece of work.(ピース オブ ウォーク)

意味:付き合いづらい人

使用例
A: He always be against my opinion.(彼は僕の意見にはいつも反対するんだ。)
B: He is a real piece of work.(本当にやっかいな人だね。)

Screw you.(スクリュー ユー)

意味:ふざけるな!

使用例
A: The good ones screw you, the bad ones screw you, and the rest don’t know how to screw you. (いい点としてはバカだとおもうし 悪い点としてもバカだ。あなたは止まるところをしらないバカヤロウってことだわ)
B: I don’t know how to work this! (どうやって使うかわかんない!)

Cut the crap.(カット ザ クラップ)

意味:くだらないことを言うな。

使用例
A:Did you see the game last night? That was fantastic.(昨日の試合を見たかい?素晴らしかったよ。)
B:You need to cut the crap and work.(無駄話をしてないで働くんだ。)

以上となります。英語を身につけるには留学がはやいですが、留学で英語が伸びる人と伸びない人の違いは下記にまとまっています。

アメリカ・ロサンゼルスで生まれ育ってもう27歳。恋に仕事に大忙しの毎日を送っています!アメリカとフィリピンの行き来になりますが、もっとフィリピンを知って、子供達を守ってあげれる存在になりたいです。現在はセブ島でPhil Portalの運営に携わっています。 Phil Portal全員のメンバー紹介ページはこちら

SOUDAバナー

編集部からのおすすめ記事一覧