この記事を書いた人

cns2

バギオにある英語学校CNS2、実はフィリピン最初のIELTS教育機関であり高い実績を誇っています。しかし、ハイスコアを取るには事前の準備や当日までの戦略も必要だと言います。

今回はIELTSのスコアがどうしても欲しいというみなさんに向けて、CNS2について徹底的に紹介します!

案内人:蚊野詞旭さん
オーストラリアでのワーキングホリデーを経てCNS2で学生マネージャーを務める。フィリピンでの語学学校経験はダバオ、セブに続いて今回のバギオで3都市目。

 

レポーター:岩辺智博(23歳)
インタビュー・コラムライター。フィリピン(セブ)、インドでそれぞれ1ヶ月語学留学の経験あり。

 

取材期間 1日
英語力 日常会話程度
満足度
ズバリ サバイバル留学

 

もくじ

『CNS2』の概要・特徴

テーマは「サバイバル」

『CNS2』の概要・特徴
CNS2でスローガンとなっている「サバイバル」。ここではともにIELTSスコアアップを目指す仲間との切磋琢磨はもちろん、やれるかやれないかの自分との戦いの場に毎日立たされることになります。そのためなのか他の学校ほど「和気藹々」という空気はなく、少し緊張感があるように思いました。

24時間開放されている自習室には毎日深夜2~3時まで明かりをつけて勉強する生徒の姿もみられます。

IELTS特化型のアカデミー

IELTS
冒頭にも紹介しましたが、なんといってもCNS2といえばIELTSに特化した学校として有名です。20016年には11名がスコア6.5を。そのうち3名が7.0を獲得しました。確実に成果を求める生徒さまに満を持してご紹介できます。

リピーター生徒が多い

2016年度のデータでは1割の生徒がリピーターなのだそうです。長期休暇中に1~2ヶ月やってきた学生が、確信を持って再度やってくることが多いそうです。

講師が全員直接雇用

講師が全員直接雇用
CNS2に在籍する講師は厳しいIELTS試験の末に採用されています。採用されてからはみっちりとトレーニングを積んでようやく生徒たちへと指導する立場になります。

また1ヶ月に一度模試を受けることで、たゆまぬ質を保証しています。

母国語禁止制度

母国語禁止制度
CNS2では校内において母国語を話すことを禁止しています。元々意識・レベルともに高い人が集まるので、自然と守られていますが、教室には写真のようなユーモアに富んだ張り紙が貼られていました。

「PLS. SPEAK “KOREAN”. IT’S ONLY 1,000 pesos」
どうぞ韓国語を喋ってください。たったの1,000ペソですよ、ということですね笑。

どんな人におすすめ?

概要
近年日本においてもIELTSの市民権が徐々に広まり、スコアを獲得したいと考える人が増えてきました。しかしIELTSは従来のTOEICとは異なり、リーディング・リスニングに加えて、スピーキング・ライティングなどアウトプット科目も含まれるため難易度はより高いと言えるでしょう。

そのためIELTSで高スコアを取るためには留学前にどこまで底上げをしてきたかが大事になります。リーディングやリスニングは机上の学習でも最低限伸ばすことが可能です。なのでいかに留学している間にこの分野に時間をかけないかが短期間でスコアを伸ばす上でカギです。

 

概要
マネージャー蚊野さん曰く、IELTSで7.0を3ヶ月で取るのであれば、事前にTOEICで800点代後半はあった方が良いと仰っていました。IELTSはTOEICの延長戦上にあると思っていただけると良いでしょう。

場所・立地

場所・立地
CNS2はバギオの繁華街セッションロードにほど近く、シティライトタワーという建物の中に入ったアカデミーです。バギオの中でも特に交通量の多い通りに面していますが、3階以上に教室や部屋が入っているため騒音が気になるということはありません。

 

場所・立地
バギオの他の英語学校は郊外に位置することが多いですが、CNS2は出かけるのにとても便利な立地です。

宿泊施設・寮

宿泊施設
CNS2の生徒の部屋は教室フロアとは離れており、シティライトタワーの6階に位置します。こちらは2人部屋です。

 

宿泊施設
こちらは3人部屋の写真です。男性部屋、女性部屋ともにほぼ同様形式となります。教室フロアに24時間開放の自習室があるため、部屋には勉強スペースはありません。

 

宿泊施設

宿泊施設
バス&トイレは一般的な語学学校といった造りになっています。

学校施設

学校施設
シティライトタワーの3階にCNS2のレセプションはあります。

 

学校施設さすがIELTS特化型アカデミーなだけあって試験用の部屋も備わっています。毎週金曜のグループクラスの時間を利用してそれぞれの生徒はそれぞれ模試を受けます。

 

学校施設

学校施設
マンツーマン教室は21、グループ教室は3つあります。

 

学校施設
自習室は24時間開放されていて、各机に電気スタンドも備え付けられています。

 

学校施設

学校施設
こちらもIELTSに注力するアカデミーだからなのか、他の学校では見られなかった形のリスニングのテストを受けるための教室がありました。

 

学校施設
ここは先生たちの利用するオフィスです。生徒定員数が50人と小規模なため、一人ひとりの授業に対する要望をこのオフィスで管理してカリキュラムを調整しています。

 

学校施設
上階にはトレーニングジムもあり、開放的な全面ガラス越しにバギオの街を眺められます。

 

学校施設

学校施設
喫煙スペースのある屋上からはバギオの街並みが一望できます。

 

学校施設

学校施設
CNS2の入っているシティライトタワーの1階には、食堂が3~4店ほど入っています。比較的リーズナブルで、平日外出禁止ながらこのフロアへは出られるため利用される生徒も多いそうです。

食事

食事
食事は、教室やレセプションの下のフロアで食べることになっています。韓国風料理が中心になりますが、フィリピン料理や日本食(とんかつなど)、カレーやパスタなどのメニューもあります。また毎食フルーツ(サラダ)、キムチ、スープが必ず提供されます。

朝食

食事
ごはん、またはパンが主食となります。朝食は通常辛さを抑えたメニューとなっています。

 

食事
この日はパン、サラダ、フィリピン風春巻き、コーンスープの洋食スタイルでした。

昼食

食事
ごはんが主食となります。また週に1~2日のペースで麺類も提供されるそうです。

 

食事
この日は具沢山の天ぷら(イカ・ししとう・玉ねぎなど)、野菜炒め、おひたしに加え、デザートとしてフルーツサラダが提供されました。

夕食

食事
夜もごはんが主食となります。

 

食事
この日は豚肉とカボチャ・インゲン煮、牛肉と野菜の煮物、おひたし、韓国風のスープ、バナナの献立でした。

CNS2の献立は一日三食のバランスを考慮して組まれているとのことです。日々ストイックにIELTS対策に励む生徒の体調を食事面で支えています。

講師・授業

グループクラス

授業
グループクラスはJennifer先生に担当していただきました。

 

授業
グループクラスでは、言葉の定義・概念について各々生徒が意見を発表していきます。普段からIELTS対策に取り組む生徒なだけに、はじめに意見、その後に理由などロジカルな話し方をされる方が多かったです。やはり中上級者の多い学校であると実感しました。

IELTSスピーキングクラス

授業
担当してくださったのはJoanne先生。バギオの中で語学学校を数校経験しているベテラン講師です。

 

授業
自己紹介や若干の世間話の後にIELTSスピーキングクラスでは実際のIELTSスピーキング試験の形式でデモンストレーションをしてみました。実践の後には細かく分析的なフィードバックを得られます。

詳細は以下の体験授業記事をご覧ください。

総評:サバイバル留学でIELTSを!

総評:サバイバル留学でIELTSを!
いかがでしたか?
CNS2はとりわけ施設が綺麗、アクティビティが充実しているというわけではありません。とにかく真面目に、目標を持って、それをなんとしてでも叶えたいという生徒が集まっています。

厳しい留学生活にはなりますが、その分手応えを感じられる時間になると思います。IELTSのことならCNS2で間違いありません。

最後にCNS2のJen先生より皆様に向けてのメッセージをいただきました。

インタビューと社会派コラムを担当するライターです。いろんな場所に行って、たくさんの人と話して、その声を代弁できる情報屋でありたいと思っています。個人ブログ(さぐりさぐり、めぐりめぐり)で紀行文・コラムも書いてます。 Phil Portal全員のメンバー紹介ページはこちら

ライター募集 GATEバナー02

編集部からのおすすめ記事一覧