SOU:DA いってよかった全ての人に! Phil Portal フィリピン留学エージェント始めました。記事を見る
ローカル

この記事を書いた人

サンフェルナンドの「CITY PUBLIC MARKET」は、現地の日常を感じる場所だった

フィリピン・ルソン島北部、ラ・ウニオン州にあるサンフェルナンド。ビーチリゾートのあるエリア(特にサンフアンはサーフィンのメッカ)でが、ビーチ以外の観光地スポットも豊富です。

今回は街中観光としておすすめの「CITY PUBLIC MARKET」を紹介します。王道な観光スポットを歩くより、現地の日常に触れられるスポットです!

CITY PUBLIC MARKETの場所・行き方

パブリックマーケットはサンフェルナンドの中心街から徒歩圏内にあり、リサル・アベニュー通りを西方向に向かうことで到着します。

トライシクルを捕まえて「シティパブリックマーケット」伝えるのもありです。道中には看板もあるため、迷うことは少ないと思います。

CITY PUBLIC MARKETを歩いてみた

CITY PUBLIC MARKETを歩いてみた
入り口には「CITY PUBLIC MARKET」と書かれた看板があります。

ここからは、パブリックマーケットを歩いてみた様子を紹介していきます。人々がたくさん行き交う様子や、サンフェルナンドの雰囲気を味わってもらえたら幸いです。

 

IMG_6598
タケノコ等の野菜を売っているおばあさんに遭遇しました。パブリックマーケットには常連客もいるらしく、マーケットチケット(回数券みたいなもの)をもってタケノコを買っている人がいました。

 

IMG_6603

IMG_6642
平日にもかかわらず、場所によってはすれ違うのが難しいくらいのひとだかり。ほとんとがフィリピン人で、チラホラと韓国人がいるといった具合でした。筆者らが見た限りでは、日本人は見かけませんでした。

 

IMG_6626
途中あまりにも暑くなったので、ジュースをいただきました(約40円)

 

IMG_6606

IMG_6636
今度はお腹が減ったので、おやつにバナナの揚げ物をいただきました(約40円)。味・食感ともに大学芋のような感じでした。

 

IMG_6643

IMG_6651

IMG_6659
野菜コーナー。玉ねぎ、にんにく、ねぎ、白菜、キャベツと、日本のスーパーと大差ない顔並びでした。

 

IMG_6689
お肉コーナーは、床が少々濡れていました。鳥は頭の先から足の先まで売っていて、豚肉も、豚足が売っていました。生肉が所狭しと吊るされていて、周りからは包丁でお肉を捌く音が「スコーン、スコーン」と鳴り響いていました。

血(肉?)の匂いもただよっており、とても生々しかったです(グロテスクなため、写真は割愛)。

 

IMG_6665

IMG_6664

IMG_6660

IMG_6657

IMG_6658
お魚・干物コーナーは、乾きもの独特の匂いが漂い、セブ島にあるタボアンマーケットを思い出しました。

 

IMG_6687

IMG_6644

IMG_6608

IMG_6631
サンフェルナンドの人たちは、ちょっぴりシャイな印象を受けました。

まとめ:CITY PUBLIC MARKETはサンフェルナンド民の台所

野菜、お肉、お惣菜やスパイス、はたまた日用雑貨まで、なんでも取り揃えているCITY PUBLIC MARKETは、サンフェルナンドに住み人々の台所といった雰囲気でした。マーケットチケットがあるのも納得です。

暮らしを感じる街歩きがしたい方にはぴったりですね。

放浪系フリーライター。引っ越しは年に4回くらい。日本ではゲストハウスに住み込みで働きながら執筆をして生計を立てていました。現在はセブ島でコンテンツライティングのお仕事をいただきながら編集と英語の勉強中。個人ブログ(放浪系フリーライターの日常)も書いています。味覚がハジケルほど旨みのある暮らしを追い求めています。 Phil Portal全員のメンバー紹介ページはこちら

ライター募集 GATEバナー02

編集部からのおすすめ記事一覧