SOU:DA いってよかった全ての人に! Phil Portal フィリピン留学エージェント始めました。記事を見る
フィリピン留学

この記事を書いた人

2度目のCIA留学!セブ留学の楽しみ方をリピーター濱宇津さんに聞いた

「YES・NO」のみのところからセブ留学をスタートした濱宇津さん。趣味の海外旅行ではコミュニケーション不足を実感していたのをきっかけに1度目のセブ留学。その後、転職先の理解にも恵まれて再度セブ島のCIAに留学をし、現在はワーホリを計画中。リピートしてでも留学したくなるCIAの魅力について伺いました。

濱宇津志歩さん(25)
美容系勤務。趣味で年に4回程行く海外旅行を通して英語に興味を持つ。既に1度CIAに留学経験あり。2度目の留学を経て、ワーホリでオーストラリアへ行くことを計画中。

留学先 CIA
満足度
留学期間 3週間
英語力 日常会話程度

海外旅行が好きなのにコミュニケーションが取れなかったことが英語学習のきっかけ

海外旅行が好きなのにコミュニケーションが取れなかったことが英語学習のきっかけ
—留学される前までは日本にいらっしゃったと思いますが、普段は何をされていますか?

美容系で働いています。

—濱宇津さんは今回で2度目のCIA留学と伺っています。前回の留学前からずっと美容系でお仕事されていたんですか?

はい。前回留学するまでは大阪で3年間ほど勤めていました。その仕事を辞めてから、地元高知で同級生の経営するお店で働くようになり、友達に相談した上で比較的フレキシブルに自分の時間を作れる環境になりました。お休みも取りたい時には相談できるようになったので留学も計画できましたね。

—英語を勉強したいと思ったのは、どういったきっかけでしたか?

元々海外旅行が好きということですね。最初のきっかけは高校の修学旅行でフランスへ、卒業旅行にインドネシアのバリ島へ行き、海外へ行くのが楽しくなりました。でも、あまりコミュニケーションが取れなくて。それで英語ができたらと思うようになりました。

規則がないとセブ島では怠けてしまう。セミスパルタのCIAを選んだ理由

規則がないとセブ島では怠けてしまう。セミスパルタのCIAを選んだ理由
—濱宇津さんは今回留学2回目ということですが、留学期間については最初と今回どのように設定されましたか?

最初はどうせ勉強するなら長い時間集中的に取らないとだめかなと思って3ヶ月にしました。今回は3週間です。

—セブには多くの学校がありますがCIAに決めた理由は?

エージェントにお勧めされました。セブ島にはいろんな遊び場があるだけに規則のゆるい学校にしてしまうと怠けてしまうと思ったのでセミスパルタできっちり規則があって真面目な印象を受けたCIAにしたんです。

—今回2度目の留学で、自分の中で成長したと感じられることは何ですか?

入学する時にテストがあって、1回目の留学では何を言ってるのか全然分かりませんでしたが、今回のテストでは理解できました。特にリスニングとスピーキング力が上がってることを実感しました。
カリキュラムをアレンジしてグループクラスを多くしていて、授業以外の時間も他国籍の友達と積極的にコミュニケーションを取れているのかなと思います。

—素晴らしい姿勢ですね!逆に、留学前にしてくればよかったなと思うことはありますか?

1回目の留学では全く英語ができず、「YES・NO」しか言えないくらいしか文法を入れてきませんでした。なのでマンツーマンの先生に文法を英語で教えてもらっても、何を言ってるか全然わかりませんでした。英語で書かれている接続詞とか単語を調べたりしましたけど、本当に時間の無駄でした。文法だけは入れて来たほうがいいですね笑。

英語を使って韓国語を学ぶ。勉強することで得られた楽しみ

英語を使って韓国語を学ぶ。勉強することで得られた楽しみ
—授業についてお聞きしますが、先生の年齢層はいかがでしょう?また宿題は多いですか?

グループコースを担当する先生は長く指導されているので、私より年上の経験豊富な先生が目立ちます。マンツーマンの先生は結構若くて大学を卒業したばかりの20〜22歳くらいが多いですね。宿題は、人気のある先生は結構厳しめに出してきます。

—今回の留学で印象的だった授業は何かありましたか?



イディオムです。イディオムのクラスの先生は結構人気でわかりやすくて、日常的にもすぐ使って試せるので良かったですね。以前留学した時にお世話になった先生とも友達のように連絡を取っているんですけど、そういう時に習ったイディオムを使ってテキストを送るのが今は楽しいです。そうやって使ったイディオムについても反応してくれて、やっぱり先生だなと思います。

—授業以外の面でも楽しく英語を使っていますね。CIAの授業以外の面についてお聞きします。今のお部屋タイプは?

今回は3人部屋のドミトリーです。日本人1人と韓国人1人。韓国人のルームメイトとよく出かけます。これは留学生活を通してですが、私の場合、韓国の子といることの方が圧倒的に多いですね。個人的にも韓国はすごく好きなので、韓国語について英語で教えてもらってるんですよ!今は韓国語もそこそこ覚えてきましたね笑。

—学校満足度についてお聞きしたいのですが、何か不満な点はありますか?

基本的には満足しているのですが、コースがちょっと厳しいです笑。また施設や食事については、前回来たときよりも良くなってると思います。部屋にラック(靴置、お風呂場など)が設置されていたり。

やりたいことに忠実に。学んだ英語を活かしてワーホリに

やりたいことに忠実に。学んだ英語を活かしてワーホリに
—今後についてお聞きしますが、帰国されてお仕事に戻られますか?

9月か来年の1月くらいに、ワーホリでオーストラリアへ行こうかなと思ってます。ゴールドコーストに住みたいですね。

—ワーホリも以前から気になっていたのでしょうか?

2〜3年前くらいから。ただワーホリを検討する上でやはり「英語」の優先度が高く、先にセブ留学しようかなと思っていたので。ただ、ここ1年は旅行が楽しくて結局ワーホリに行けてませんでした。留学中にビザ延長のことも考えると、1回フィリピンを出てもいいんじゃないかと思ってシンガポールの友達に会いに行ったりもしました笑。

でもまだ25歳なのでチャンスはあるのかな、と。今年こそ。

—まだチャンスはありますね。今後、中長期的にもっとこんな風に生きていけたらいいなというような理想はありますか?

今、やりたいことや興味は海外のことなので、ワーホリを筆頭に自分がやりたいことを諦めずにやっていきたいと思います。そんな選択を重ねて行けたらいいですね。

インタビュー後記

インタビュー後記
積極的なコミュニケーションと行動力で他国籍の交友関係を広げ、存分に英語を活かしている濱宇津さんからは充実感が溢れていました。そんな濱宇津さんがリピーターとして留学したCIAではセミスパルタで程よい規則がありつつ、生徒たちが国籍を超えて交友する姿が印象的でした。セブを楽しみながら海外生活の足がかりにしたいという方にCIA留学は最適なステップかもしれません。

インタビューと社会派コラムを担当するライターです。いろんな場所に行って、たくさんの人と話して、その声を代弁できる情報屋でありたいと思っています。個人ブログ(さぐりさぐり、めぐりめぐり)で紀行文・コラムも書いてます。 Phil Portal全員のメンバー紹介ページはこちら

SOUDAバナー

編集部からのおすすめ記事一覧