SOU:DA いってよかった全ての人に! Phil Portal フィリピン留学エージェント始めました。記事を見る
グルメ

この記事を書いた人

IMG_3542

セブ島に訪れたなら、1回くらいはフィリピン料理に挑戦したいもの。しかし海外(東南アジア)に不慣れな場合、どうやって挑戦していいかもわからない。下手なお店に入ってお腹を壊したら、せっかくの旅行も台無しに。

今回紹介するChikaan(チカン)は「フィリピン料理を食べてみたいけど、どのお店がいいのか分からない」なんて方に特におすすめです。立地も良く、セブに初めて訪れた方でも迷わずに行くことができます。

Chikaan(チカン)の場所・行きかた

ITパークからタクシーで約3分ほどで到着します。徒歩で向かうことも可能です。サリナスドライブという大通り沿いに面しており、簡単に見つけることができます。近くにはUSP(University of Southern Philippines)という学校があります。タクシードライバーには「ユーエスピー サリナスドライブ」と伝え、途中で降ろしてもらうといいでしょう。

Chikaan(チカン)のメニュー

IMG_3592
IMG_3585
メニューには写真がついているので、読めなくても大丈夫です。「オススメを教えてほしい」と頼めば教えてくれます(店員によって対応が異なる場合があります)。

 

IMG_3560
ご飯・炒め物・スープと、ひと通りのフィリピン料理を食べることができます。

Chikaan(チカン)の定番フィリピン料理を食べる

IMG_3603
こちらは定番のソースです。カラマンシー(柑橘系の果物)で酸味を調整、また唐辛子のようなものをお好みで刻み、辛さを調整します。

 

IMG_3605
フィリピン定番料理のシシグです。シシグとは細かく刻んだ豚モモ肉の料理です。ちょっと脂っこいですが、味はグッド!

 

IMG_3615
こちらはガーリックライス。ほんのりとニンニクの香りのする炒飯のような料理です。

 

IMG_3608
こちらはホタテのバター焼きです。バターの香りとホタテの甘さがマッチしていました。こちらも定番のフィリピン料理です。

 

IMG_3630
こちらのスープは、とても優しく、落ち着く味でした。

 

IMG_3645
ナスと卵を使った、お好み焼きに似た料理です。こちらも優しい味。先程から、優しいだったり落ち着くという言葉を繰り返していますが、フィリピン料理は基本的にスパイスが強めです。しかし、チカンには優しく、落ち着く料理も揃っています。

 

IMG_3641
IMG_3634
こちらの前菜(?)も美味しかったです。

Chikaan(チカン)の豆知識

セブ島民はChikaan(チカン)を誕生日会などの場所として良く利用されています。日本人の感覚では決して高級なお店ではありませんが、フィリピン人にとっては「ご馳走」感覚で利用する場所。

そういった視点で見ると、ご飯を食べに行くという何気ない行為でも、自分たちの環境が恵まれていることが実感できます。

参考記事:【日本とフィリピンの就職事情の違い】

まとめ

「フィリピンの定番料理を失敗せずに食べられるお店」といった風に覚えておくといいでしょう。ITパークから徒歩圏内の好立地で、迷うこともありません。

たくさんのフィリピン料理を知るために、1度だけでなく何度も通いつめるのもいいですね。「フィリピン料理をもっと知りたい」と欲がでてきたら、ここ料理とローカルレストランの料理を比較してみるといった楽しみ方もできます。

特に近年はたくさんの飲食店が進出し、美味しい料理が手軽に食べられるようになっています。もしかしたら、将来はフィリピン料理が日本を追い越すかも?

Chikaan(チカン)の基本情報

英語名 Chikaan sa Cebu
住所 Salinas Dr、Cebu City、6000 Cebu
営業時間 11:00〜14:00/18:00〜23:00
定休日 なし
電話番号 032 233 0350
WiFi環境 なし
公式サイト Chikaan sa Cebu

放浪系フリーライター。引っ越しは年に4回くらい。日本ではゲストハウスに住み込みで働きながら執筆をして生計を立てていました。現在はセブ島でコンテンツライティングのお仕事をいただきながら編集と英語の勉強中。個人ブログ(放浪系フリーライターの日常)も書いています。味覚がハジケルほど旨みのある暮らしを追い求めています。 Phil Portal全員のメンバー紹介ページはこちら

ライター募集 ライター募集

編集部からのおすすめ記事一覧